美術鑑定士・安斎洋人 「鳥獣戯画」空白の絵巻のよっちさんの感想

京都・松老寺で発見された国宝「鳥獣戯画」絵巻の断簡を専門家が本物と判定。オークションにて10億円で落札されるも関係者が次々と不審死を遂げ、天才的な審美眼をもつ安斎洋人も陰謀に巻き込まれてゆくミステリ。断簡を見た洋人が感じた違和感。断簡を巡る関係者たちの思惑、洋人の旧知で関係者でもある玲子との再会とその因縁。洋人が自分のありように迷いながらも事件を通じて過去とも向き合い事件の謎と自らの想いに答えを見い出してゆく展開は、2つのテーマをうまく絡められなかった感はあったもののなかなか面白かったです。次回作も期待。
★32 - コメント(0) - 1月30日

感想・レビュー投稿者

2941冊/877713ページ/2834レビュー/男性/販売系

よっちさんの最近の感想・レビュー

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう! (MF文庫J)
しがないゲームディレクターで会社は倒産、企画も頓挫して実家に帰ることになった橋場恭也。輝かしいクリエ…続きを読む
14歳とイラストレーター2 (MF文庫J)
自分が挿絵を担当するラノベ作家・マリィが担当と揉めて逃亡を図り、気分転換に彼女や14歳コスプレイヤー…続きを読む
セキララにキス(1) (KC デザート)
みんなに好かれるため「仮面」をかぶって生きてきた女子高生・千歳。ある日、痴漢から助けてもらった少年・…続きを読む
律儀なひと
姿は見えないものの亡くなったばかりのおばあちゃんの声が聴こえるようになった貴雅が、おばあちゃんの叱咤…続きを読む
決断のナポリタン-キッチン・ミクリヤの魔法の料理(2) (双葉文庫)
幼馴染の御厨陽一が経営する「キッチン・ミクリヤ」で、正社員として働き始めた桜木まどか。お子様ランチの…続きを読む
職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方
なぜ残業だらけで休めない働き方になるのか。手戻り(やり直し)の多さや上司と部下の意識がずれる理由。報…続きを読む
ログイン新規登録(無料)