川端康成のプロフィール

川端康成(かわばたやすなり)。新感覚派の代表的作家。1899年6月14日 - 1972年4月16日。大阪府大阪市生まれ。東京帝国大学文学部国文学科卒業。幼少期に近親者の不幸が続く。1921年に「招魂祭一景」でデビュー。三島由紀夫を文壇デビューさせた存在としても知られている。

川端康成の受賞歴

1937「雪国」文芸懇話会賞
1944「故園」「夕日」などで菊池寛賞
1952「千羽鶴」芸術院賞
1954「山の音」第7回野間文芸賞
1962「眠れる美女」第16回毎日出版文化賞
1968 ノーベル文学賞
KはKindle版のマークになります。
ログイン新規登録(無料)