eipero25

eipero25さんの2月の読書メーター
記録初日
2011年01月10日
経過日数
2269日
読んだ本
580冊(1日平均0.26冊)
読んだページ
171996ページ(1日平均75ページ)
感想/レビュー
196件(投稿率33.8%)
本棚
5棚
性別
職業
サービス業
現住所
大阪府
外部サイト
自己紹介
猫ブログやってます。ピノとおれぴーの人生案内http://orepie.blog.fc2.com/

読書グラフ

最近の感想・レビュー(196件)

岩合さんの作品に見紛うほどに、テイストが似ている。 ほとんどが外の猫たち。 ぶさいくもおるが、それもまた味わい深くて好き。 日本の野良猫ゼロ運動。嫌な世の中だ。 
★2 - コメント(0) - 3月26日

武田百合子さんの富士日記をいつか読みたいと思っていたら偶然こちらが目の前にあって読む。 娘さんといっても現在すでに65歳。 昭和のうらぶれた場所に潜む猫のモノクロ写真集。 30年前も野良猫は変わらんなあ。 飼い犬はすごく変わったけどな。 
★2 - コメント(0) - 3月24日

うさぎさんはマツコとの往復書簡より、やっぱり気を使ってるね。 世代ギャップもあるし。 でもキワモノ同士、話は合うんですな。 どっちも賢いわ。 しをんさん、作家なんだから、漫画漫画と言わず、小説論もぶったらいいのに。 それをしないところが、腐女子としてのプライドか。 うさぎ姐さんはえらくゲームにはまってらっしゃる。 心が若いな。
★14 - コメント(0) - 3月24日

「コトラ母になる」でおなじみのりんご園の猫たち。 岩合さんが書かれているように、自然な猫の暮らしを目にすることができる場所って本当に貴重です。 自然と人間と共存しつつ、子孫を残して行く猫たち。 岩合さんの伝えてくれる理想の情景です。
★22 - コメント(0) - 3月23日

吉原を書くにあたって、相当勉強されたのだろうと伝わります。 ご自分も楽しんでおられるようです。 美人といちゃいちゃして。 種あかしや犯人への成敗はめっちゃあっさり終わるし、深みゼロですが、×でもない。 著者唯一の時代物ということでも、一読の価値ありますわな。
★17 - コメント(0) - 3月23日

簡単に言えば、筒井先生の小説論なんだけど、普通でない。 どう捉えるとかメタファとか考えずに、笑って読めばいいかもな。 解説の人みたいに難しく考えなくても。 揶揄された実在の作家を想像する。  何人かは誰とわかる。元パンクロッカーとか笑えるし。  柳原良平氏の表紙がいい。
★6 - コメント(0) - 3月20日

83歳の時、まだまだ健在であったことを知る。曽野さんも今は85歳。死ぬまで追いかけます。 リスペクトしかない。 
★7 - コメント(0) - 3月17日

出て来た時から、こいつが真犯人やとわかる。けど、真の真犯人がいる。そんな感じと言えば、普通っぽいけど、キャラ作りが新鮮だった。 もっとこの著者の作品を読んでみたい。 でも音楽のくだり、いるかな? クラシックに関したミステリーがこの著者は多いらしいけど、そこだけおもしろくなかってんけどな。 タイトルにしてるから割愛したら意味ないな。 
★21 - コメント(0) - 3月15日

eipero25さんの感想・レビュー

著者グラフ

最近読んだ著者:朝日新聞出版 武田花 中村うさぎ,三浦しをん 岩合光昭 誉田哲也 筒井康隆 曽野綾子 中山七里 東山彰良 岩合光昭
eipero25さんの著者グラフ

お気に入り(1人)


ログイン新規登録(無料)