寝子

寝子さんの1月の読書メーター
記録初日
2015年09月07日
経過日数
539日
読んだ本
376冊(1日平均0.7冊)
読んだページ
65710ページ(1日平均121ページ)
感想/レビュー
376件(投稿率100%)
本棚
0棚
性別
年齢
28歳
自己紹介
ねこです(=・ェ・=)
読書記録用。
田舎の書店員。
まんがおたく。
物心ついたときから本が好き。

読書グラフ

最近の感想・レビュー(376件)

あ、「学校」の話だったな、と思い出した12巻でした(笑)出久が「個性」について改めて考え、自分のモノにするために意識が向いてきたというか、変わってきたように思います。でもやっぱりかっちゃんは何かを感じているんですねえ……「借り物、自分のモンになったかよ」……一言が重い!“仮免試験”を期に新しく出た新高校、新キャラたちもなかなか熱くてステキ!
★7 - コメント(0) - 2月20日

読み終わったら「魔法」がとても「身近」なものだという印象を持てる漫画。何事も「自分が知らないこと」は「世界に存在しないこと」と同じですね。設定はファンタジーだけど、テーマは現実世界においても大切なことを教えてくれそうです。早くも幼いココに魔法の絵本を売った仮面の男が物語に関わってきて、続きが気になります!!
★9 - コメント(0) - 2月20日

30話の「運を待ってる」子が好きでした。ホクサイキャラとのコラボ回も収録!おにぎりハンバーグ、斬新だけど美味しそう(笑)そしてリンの物語のキーとなるキャラクター、4人目が登場。「リン」の物語はこれからどうなるんでしょう
★1 - コメント(0) - 2月19日

初めて買う作者さんだけど、大当たり!!まず絵の描き込みがすごい。ほわっとした雰囲気にぴったりの絵柄、ごはん絵も本当に美味しそう。舞台と主要キャラクターは固定だけど、オムニバス的なストーリーで面白いです。表紙の動物たち、シロ・みちこさん・はっちゃんは何者なんだろう?そもそもこの3人も、本当に人間??小料理屋「高天原」、行ってみたいなあ。
★2 - コメント(0) - 2月14日

タイトルからは想像できない、わりとアグレッシブな小説だった気がします(笑)登場人物がみんな個性的だし!宝子は夢見がちというか現実が見えていないふわっとした女性である、というように周りの人からは見られていたけど、読み進めるうちに、頑固でひたすら真っ直ぐな人なんだなぁと印象が変わっていくのが面白かったです。最後の「あなたもカーニバル」のために全ての物語があった感じ。
★3 - コメント(0) - 2月13日

志津の父親から逃れるため、哲は志津を連れ出して、海の近くの民宿へ。ラスボスかと思われた志津の父親も、実は悲しい運命の人でした。しかし「志津」さんの成長ぶりは本当にすごい。確実に「志津」は「ひとりの人間」として確立してきていますね。「おたんこなす!!」のシーンが素晴らしかった。空澤家、美郷家の繋がりも、みれいさんの正体も、なんだか次々と明らかになる事実が多くて完結に向かっている気が…と思ったら、次巻6巻で完結。みれいさんは「私はイレギュラーだから」と言っていたので、ハッピーエンドが待っていると期待します。
★4 - コメント(0) - 2月11日

しっかりオタ充な9巻。(もう9巻……?!)87話の「作品=作ってる人の人格や感情問題」は作ってる人ばかりか、そういうのが好きな人にも当てはまる偏見(?)ですねぇ……あとゾンビ映画あるあるの小ネタがいちいち面白かったです(笑)駄作鑑賞お泊まり会編は本当に楽しそうで……いいなあ!混ざりたいなあ!!あと忘れてたけど吉田さんの彼(?)はどうなったんでしょうか?
★2 - コメント(0) - 2月10日

猫ってさ……可愛いしかっこいいし美しいしなんていうかもう……尊い……!!ヤンキーだけど猫、つまり乱闘シーンは猫パンチ!猫キック!!!と思うと、微笑ましく読めました(笑)
★2 - コメント(0) - 2月10日

寝子さんの感想・レビュー

積読本(1冊)


著者グラフ

最近読んだ著者:堀越耕平 白浜鴎 鈴木小波 佐保里 柚木麻子 森野萌 丹羽庭 岡田淳司 八田鮎子 本谷有希子
寝子さんの著者グラフ
ログイン新規登録(無料)