読書メーターあなたの読書量を記録・管理

THE PERFECT INSIDER vs THE PERFECT OUTSIDER

コミュニティの詳細

 真賀田女史はじっと萌絵を見ている。
彼女の瞳は、色が薄く、茶色かった。
 真賀田四季は、後ろにあったデスクにもたれかかる。
そこに軽く腰掛けた。ライトは、そのテスクの上のスタンドだった。
四季は、黒い衣装で、露出した腕と脚の白さが、プラスティックのように
無機質に光を反射している。ようやく見えるようになった彼女の顔は
長髪の間に小さく収まり、青い瞳と赤い唇が微動だにしない。
 真賀田四季は、人形のように伸ばしたままの手を差し出した。
犀川はそれを握る。天才の手は小さく冷たい。

トピック一覧

Loding meterchan

トピック(掲示板)はまだありません

自由にトピック(掲示板)をたててみよう!

  • トピック作成者
    トピック名
    最終更新日
  • -

コメント

データの取得中にエラーが発生しました

このコミュニティに関するコメントはありません

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loading
Loading
Loding meterchan