読書メーターあなたの読書量を記録・管理

ming22020年の読書メーターまとめ

ming2
読んだ本
115
読んだページ
42907ページ
感想・レビュー
115
ナイス
1542ナイス
月間平均冊数
9.6
月間平均ページ数
3576ページ

読書メーターまとめ

トップ感想・レビュー

ming2
あー、だから「マスカレード・〝イブ”」なのね、と思う「マスカレードホテル」の前日譚。尚美の成長が窺い知れる感じかな。「マスカレードホテル」を読んだ身としては「ああ、この時からもう、全く無縁ではなかったのね」なんてクスっとしたりして。サクっと楽しく読了です。
が「ナイス!」と言っています。
ming2
ホッコリする短編集かと読み始めた時には思ったが、読み終わった時には、この作品の順番の絶妙さと、プロットが考えつくされていてることに驚く。さすが作者が理系の人だわ。読み終わった時にホッコリ感だけでなく、そう来たか!、と思わされる本。
が「ナイス!」と言っています。
ming2
2020年本屋大賞ノミネート作という事でチョイス。おそらく横山秀夫さんは初読み。(映像化もされているので、作品としては存じていたが) サスペンス作品かと思いきや、挫折を経験した建築士の自己再生の話だった。細かく紡がれた話が絡み合う読み応えのある作品だった。バブルの頃を知っているので、そういう意味でも感慨深く拝読。
が「ナイス!」と言っています。
ming2
最初から疾走感があってビックリ。いきなり物語の世界に連れていかれた感じ。途中もハラハラして、ハラハラして・・・(笑)。何だか大がかりな映画を観ているような気になった・・・と思ったら、作者の太田愛さんは脚本家でもあるのか!なんか納得。下巻も早く読みたい!
が「ナイス!」と言っています。

トップつぶやき

つぶやきはありません

読んだ本115elkイメージ

1月10

2月8

3月8

4月13

5月10

6月10

7月10

8月10

9月10

10月6

11月8

12月12