読書メーターあなたの読書量を記録・管理

ねこ村2018年の読書メーターまとめ

ねこ村
読んだ本
89
読んだページ
17228ページ
感想・レビュー
88
ナイス
390ナイス
月間平均冊数
7.4
月間平均ページ数
1436ページ

読書メーターまとめ

トップ感想・レビュー

ねこ村
読みはじめたら止まらなくなってしまった。おそるべし。あらすじを知ってたからこの人はヤバい人ってわかってたけど、知らずに読んでいたら一見よい教師っぽい人物の、少しずつ違和感が生じつつ、気づけば完全にヤバい人になっている(ハスミンが隠さなくなるような)グラデーションがすごかった。いろんな人の断片をつなぎ合わせていけるのが読みやすかった。はや下巻へ。
が「ナイス!」と言っています。
ねこ村
読んでしまったー。下巻は主にある一晩の話で、生徒どうしのやりとりがたくさん読めた。といっても怖いところは薄目でささっと進めてしまった。みんな一生懸命なところがよかった(なにその感想)。なんていうか特技とか性格とかよく出てた。しかし救いがねー。銃こえー。
が「ナイス!」と言っています。
ねこ村
カラテカの人まんが描いてたの驚いた! 読むにテレビを通して見える姿とほぼイコールなのね。芸人さんなのに、、って偏見か。素敵な大家さんです。
が「ナイス!」と言っています。
ねこ村
テレパス能力をもつ火田七瀬が家政婦としていろんな家庭を覗き見る、というような。「家政婦は見た」とアンジャッシュコントの組み合わせ、とか思ったりしたけどそれは野暮で、七瀬の覗き見る人々の精神のややこしさがすごい。神の視点を一人称小説で成立させる装置としての能力? 七瀬も良い子のお嬢さんでなく、時に好奇心のため保身のためにアクションを起こすのが主人公としてとても魅力的だった。本文中に筒井康隆出てこなくて、それがシリアスな感じも。連載してるうちに登場人物が魅力的になっちゃうパターンよねきっと。
が「ナイス!」と言っています。

トップつぶやき

つぶやきはありません

読んだ本89elkイメージ

1月7

2月4

3月8

4月8

5月28

6月2

7月11

8月2

9月6

10月2

11月2

12月9