読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2月の読書メーターまとめ

anken99
読んだ本
13
読んだページ
3671ページ
感想・レビュー
13
ナイス
127ナイス

2月に読んだ本
13

2月のトップ感想・レビュー!

anken99
少し前に話題になった本を読了。さまざまなケースで見られる人々の末路を、それぞれの分野のプロに話を聞いてみるという体裁。自分もカテゴライズされてしまうような、そんな人間タイプも多数。ただあとがきにあったように、本書は残酷で悲惨な末路を示すものではない。現代に生きるさまざまな人々へのエールであるという回答は、非常に実感をもってうなずけた。売れる本だなと納得のタイトリングと読みやすさ。
が「ナイス!」と言っています。

2月の感想・レビュー一覧
13

anken99
超速で一気読み。なにせ級数が大きいのと、ページあたりの文字数が少ないこともあるか。本書は、メディア論で知られる速水氏、テレビライターの戸部田氏、ジャニオタのみきーる氏によるSMAPを巡る鼎談。SMAP解散決定直後に書かれたので、時間が経ってしまって読むのはなんともだが、3人に共通するのはSMAP愛。ワタシ自身もSMAPと同年代であるだけに、その歴史、周辺のあれこれなんかを併せて振り返ると、共感できる部分も多かった。SMAPのいない今、そして嵐、タッキーもと思うと感慨深い。
が「ナイス!」と言っています。
anken99
面白かった。さすが、当代きっての人気作家の一人である。実の親は誰、実の子は誰。。。推理小説ばりな展開のなか、事件は思わぬ方向へ。途中から想像していた結末とは、全く異なるフィナーレ。著者のエンターティナーとしての実力をあらためて思い知った。生みの親より育ての親。。。誰が言った言葉だろう。
が「ナイス!」と言っています。
anken99
昨年、突然の不審死で大いに話題を呼んだ「紀州のドン・ファン」の自伝。興味を持っていたのだが、ついに手に取ることに(笑)。いやあ、すごいすごい。でも、ここまで生きる目的、働く目的を持っているということは、逆に人間としてベストなんじゃないだろうか。それはともかく、一代で身を起こした成功者の立志伝という側面もあって、なかなか面白い。一気に読んでしまった。
が「ナイス!」と言っています。
anken99
総ページ数700超。実に読み応えあり。名著『1976年のアントニオ猪木』のアナザーサイド、しかも1964年がキーワードとあって、どんな内容かと胸膨らます。本書は、ある一年、ある時期の馬場さんを追ったものではない。その内容とは、まさに馬場全史。筆者自身も猪木信者だったに違いないが、それだけに丁寧な取材が見て取れる。馬場は、アメリカンスターになれる唯一無二の日本人レスラーだったのだ!歴史にifはつきもの。しかし、その夢を叶えることなく日本に帰ってきたからこそ、現代まで日本のプロレスの歴史が紡がれてきたのだ。
が「ナイス!」と言っています。
anken99
サクッと一読。年齢も近く、競馬との付き合い方もワタシと近いせいか、好感を持って読める。肝心の予想スタイル、あるいは購入方法も、ワタシに通ずるものがあり、非常にスラスラ頭に入ってくる。やるべきことが整理されていて、それを再確認できた印象。今週末は、TARO氏の説くところを参考に、いざ馬券購入!
が「ナイス!」と言っています。
anken99
少し前に話題になった本を読了。さまざまなケースで見られる人々の末路を、それぞれの分野のプロに話を聞いてみるという体裁。自分もカテゴライズされてしまうような、そんな人間タイプも多数。ただあとがきにあったように、本書は残酷で悲惨な末路を示すものではない。現代に生きるさまざまな人々へのエールであるという回答は、非常に実感をもってうなずけた。売れる本だなと納得のタイトリングと読みやすさ。
が「ナイス!」と言っています。
anken99
インフルエンザで寝込んだ際に、文字を読むのがつらくて、久しぶりに引っ張りだしてきた漫画本。いやあ、いいですね。藤子不二雄ワールド。解説にもあったように、まさに左江内は、大人になった僕たちのためのパーマン。好きだったなあ、パーマン。左江内はパーマンほどかっこよくないが、それだけに、大人になった僕たちには、大いなる共感を呼び起こす。とても何十年前に描かれた漫画だとは思えないのは、テーマが普遍だからなのだろうか。次に手に取る日が楽しみである。
が「ナイス!」と言っています。
anken99
石破さんが、地方創生大臣時代の経験をもとに、日本の「地方」が抱える諸問題を中心に意見を語った一冊。非常にわかりやすい語り口で、政治家本としては当たりだと思う。地方へのばら撒きの時代から、地方が自分たちで考える時代へ。成功例も数多く例示され、大変勉強になる。そんなこんなで、この人に日本の舵取りをお願いしたくも感じた次第。
が「ナイス!」と言っています。
anken99
ついつい、ときどき手にしてしまうこの手のシリーズ。BOOKOFF本だし、疲れているときでも何も考えなくてもスラスラ読めるってことで・・・。「あの人は今」的な内容なんだが、スポーツ選手まで網羅しているところがGOOD。きちんと会って話を聞いているのが好感度大。何よりよかったのは、大半の人たちが、過去の栄光にすがることなく、「今」をしっかり生きていることだ。
が「ナイス!」と言っています。
anken99
オカルト雑誌『ムー』が認定&監修、日本と世界の超常生物図鑑とでもいうべき一冊。UFOから怪奇生物、はてはなつかしの人面魚まで、すべて写真を掲載して網羅。明らかにフェイクだと思われるものが多数だが、スタンスはいたって真面目。笑いを含みつつ、楽しく読めると思う。
が「ナイス!」と言っています。
anken99
まさかの楽天のGM就任から、思い切った手腕で業務をこなす石井一久氏の著作。引退直後に書かれた作品だが、「変人」として知られる石井氏の、野球への取り組み、考え、ライフスタイルなどが語られる。もしかすると、この人、実はものすごく頭がよいんでは・・とも思った。ゆるキャラというよりは、イージーゴーを実践する人に思える。とはいえ、楽天の躍進を期待してもいいのかなと、楽天ファンとしては感じた次第。
が「ナイス!」と言っています。
anken99
相撲スキャンダルの歴史をまとめた一冊。2010年刊行、ちょうど朝青龍引退、野球賭博と続いたころだ。が、そんな本書の刊行以後も、相撲界はてんやわんや。相撲に関するスキャンダルを一冊にまとめたという意味で、本書の意義は大変深いと思われる。
anken99
久しぶりに本棚から引っ張り出して再読。2012の著作。前半はまあまあ前向きに読めるんだが、後半がとにかくネガティブ。親友はいらないと言い切っているが、むしろ友人がいないタイプなんだろう。。。最後のインタビューもネガティブというか後味悪く、こんな本だったかな?と思いつつ、とりあえずは一気読み。残念ながら本棚からは引退勧告だ。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/11/15(2321日経過)
記録初日
2012/11/15(2321日経過)
読んだ本
955冊(1日平均0.41冊)
読んだページ
222634ページ(1日平均95ページ)
感想・レビュー
955件(投稿率100.0%)
本棚
0棚
性別
年齢
46歳
血液型
A型
職業
クリエイター系
現住所
東京都
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう