読書メーターあなたの読書量を記録・管理

5月の読書メーターまとめ

Parkees
読んだ本
13
読んだページ
2563ページ
感想・レビュー
13
ナイス
140ナイス

5月に読んだ本
13

5月のお気に入られ登録
1

  • むーちゃん

5月のトップ感想・レビュー!

Parkees
いやあ、驚いた。これはワタクシにドストレートな面白さ。売れない芸人同士の交流を、どこまでも優しく綴った作品だ。思うに、作者の又吉自身が、主人公の2人に憧れている、あるいは自分の姿を投影しているんじゃないだろうか。次の作品も読んでみたいと思うに足りる、なかなかの名作である。
が「ナイス!」と言っています。

5月の感想・レビュー一覧
13

Parkees
いやあ、驚いた。これはワタクシにドストレートな面白さ。売れない芸人同士の交流を、どこまでも優しく綴った作品だ。思うに、作者の又吉自身が、主人公の2人に憧れている、あるいは自分の姿を投影しているんじゃないだろうか。次の作品も読んでみたいと思うに足りる、なかなかの名作である。
が「ナイス!」と言っています。
Parkees
いやいや嬉しい限り。このところnumberで、やたら競馬特集が多い!で、ダービー特集。しっかり読んだ割には、しっかり外したが。。。苦笑。ダービーに賭ける思いが満載の一冊。ルメールだったか。。。
が「ナイス!」と言っています。
Parkees
現代を代表する鬼才監督による人生の指南書?自伝?読んでみて、さすがにぶっ飛んでいる人だとは思ったが、とにかく「自分を信じて」突き進むということを体現してきたその人生には、大いに脱帽するばかりである。周囲に流されることなく自分を貫くことの大切さを教えられた気持ちだ。若い人には是非読んでほしい良書だと思う。
が「ナイス!」と言っています。
Parkees
湊かなえさん定番の「関係者による告白パターン」による構成。これがまた、王道なんで、またかよとも思ってしまいつつも、ついついページが進む。今回の犯人は、最後まで分からなかった。「自分を大きくみせてしまう」「ついつい盛ってしまう」・・・現代人であれば、誰しもが実はそうなんではないかと思わせられることも多く、そのあたりはさすがの実力だなあと思った次第。
が「ナイス!」と言っています。
Parkees
熱がある。あまりにも熱い。柳澤健氏には珍しいインタビュー集。しかもテーマは女子プロレス。クラッシュなき後、過激化が進み、団体対抗戦まっしぐらだった1993年がキーワード。あとがきにもあったが、このインタビュー集は、全女というあまりにも非現実的なむちゃくちゃな団体が存在していたからに他ならない。本のボリュームも結構な分量だが、そんなことは忘れてしまうほど面白い。さすが柳澤健さんだと、力量を感じた次第である。
Parkees
2017/05/27 09:37

これはすごいですね!次はジャイアント馬場を読む予定です!

Fe
2017/05/27 09:46

柳澤健『日本レスリングの物語』岩波書店 2012.5 https://bookmeter.com/books/4870219 をご覧になっていなければ、 『1964年のジャイアント馬場』 の次にぜひどうぞ。 snakedoctorK「アマチュアからプロが生まれたのではなく、プロがあってアマチュアが生まれてというのが日本レスリングの歴史」

が「ナイス!」と言っています。
Parkees
清原よ・・・ということで、前から触手を伸ばしていた一冊。清原事件のみならず、野球賭博事件、原監督恐喝事件、さらには知られざる数々のスキャンダル・・・。球界の紳士とは、もはや死語。ナベツネも去ってしまったが、腐った体質に改善の余地は見られない。高橋由伸があまりにもかわいそうだ。そしてもっとかわいそうなのは、ファンにほかならない。この本に書かれていることの大半が事実だろうが、これは「巨人だからこそ」の話で、ほかの球団には当てはまらないことを信じるばかりである。
が「ナイス!」と言っています。
Parkees
世界各地の「立入禁止」エリアの紹介。キーワードは「危険」なんだが、人為的な事情で立入禁止になった場所もあるが、自然そのものが危険で立入禁止の場所があったりと、なかなか面白い。日本もいくつか出ていたけれども、茨城県の鹿島港については、親しみのある場所だけに「へえ~」だった。
が「ナイス!」と言っています。
Parkees
一気読み。内容は、ほぼ知っていることばかりではあったが、平易な文章と大きな文字で読みやすかった。たまにこの手の本を読んでは、自分への戒めとしている。だったら行動を始めろよ。。。という感じだが(苦笑)
Parkees
今年、ひさびさに日本復帰となったムネリンの著作。2013年に出た本とはいえ、今日に至るまでのムネリンの超前向き思考での取り組み方を知れば、自分の毎日の過ごし方を変えなければと思うはず。シンプルに、ピュアに過ごしていれば、運は向こうからやって来るようにも思う。それにしても本書でも「イチロー愛」が大爆発しているあたりは、なんともほほえましい限り。意外だったのは、高卒ドラフト4位で入団した当時は、まったく無名選手であったということだ。やはり努力は大切である。
が「ナイス!」と言っています。
Parkees
このシリーズ、ツイツイたまに手に取ってしまいがち。で、今回のテーマは渋滞学。なぜ混むのか?なぜ詰まるのか?が、わかりやすく対話のなかで解説される。行列の方程式には驚いた。さっそく日々の生活のなかで使ってみようと思う。
が「ナイス!」と言っています。
Parkees
カープ優勝前夜の2015年に、ミスターカープが記した著作。まさかその翌年に大願が成就しようとは。。。ミスターカープの自伝&カープへの思い。カープ一筋で5度の優勝を体験した唯一の男の言葉の数々は、どこまでもカープ愛に満ち溢れている。
が「ナイス!」と言っています。
Parkees
松坂世代の物語。みんないい歳になった。和田、杉内らも含めて、手術に踏み切ったからこそ、復帰できることをきちんと手本を見せないといけないと、プレーしていることには、一種の感銘を受けた。新垣、木佐貫といった、ひと足先にグラブを置いた男たちの言葉も清々しいもので、この世代の選手たちの人間性に胸が熱くなる。
が「ナイス!」と言っています。
Parkees
これはきついなあ。目を背けたい現実。そして、間違いなく自分にも降りかかってきかねない問題である。年金問題、生活保護問題、はては現代日本人の生活事情。誰しもが公平に一年ずつ歳をとっていく。だからこそ、誰しもが当事者意識を持って生きていかなければならない。30〜40代の方には是非読んでほしい良書。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012/11/15(1681日経過)
記録初日
2012/11/15(1681日経過)
読んだ本
697冊(1日平均0.41冊)
読んだページ
157825ページ(1日平均93ページ)
感想・レビュー
697件(投稿率100.0%)
本棚
2棚
性別
年齢
44歳
血液型
A型
職業
クリエイター系
現住所
東京都
外部サイト