読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

蝉、ミーン ミーン 眠ス
読んだ本
23
読んだページ
4602ページ
感想・レビュー
23
ナイス
90ナイス

9月に読んだ本
23

9月のトップ感想・レビュー!

蝉、ミーン ミーン 眠ス
3度目の劇場版鑑賞を前に原作を読んだが、劇場版を見ていたからこそ分かるアニメでは描かれなかった原作の良さがあり、逆に劇場版が原作の良さをさらに引き出して描いていていたことも実感できたし、原作の内容そのものの素晴らしさもさることながらそれを取り巻く環境にも恵まれた幸せな作品だ。
が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
23

蝉、ミーン ミーン 眠ス
持たざる者の苦悩だけではなく持つ者の苦悩にもまた共感を覚える事ができるのは偏に筆者の筆力の高さゆえなのだろうし、終わりがまた新たな始まりに繋がっていくという結末も僕の好みに合っていたので読み終えてしっかりと満足のできた作品だった。
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
雪乃をどうにかしたいし雪乃先生にはどうにかされたいしもうとにかく堪らん。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
雑誌の柱となる作品がほしいし、結城充孝さん早く帰ってきてくれないかな。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
改めて現代のSFというジャンルの懐の広さを実感させられる特集でした。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
微に入り細を穿つという言葉がピッタリで前巻よりも更に読んでいて感銘を受ける内容だった。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
この時代のロシアを舞台にしてサーカス団や貴族の姿を描くのならばロシア革命は切っても切り離せない出来事だが、作中での時が過ぎいよいよということになってくると果たして山本ルンルンさんがそれをどう料理するのか期待が高まってくる。
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
未来に関するエピソードが多いので全体としてみると笑えない巻だったけど、壺男編の最後のやり取りがヒナ絡みでは珍しく心温まるものを感じさせてもらえたので取り敢えずは良しとしよう。
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
今更な話ではあるがこれまで当たり前のようにカバー下に書かれているこの世界の歴史についてそれが正しいこととして受け入れてきたけど、この文章の書き手が誰なのかが作中で明示されていない以上どんなバイアスがかかっているのかもわからないし、これをそのままこの世界のことを正確に記していると鵜呑みにするのは危険なのかもしれない。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
記憶を失い言葉通じなくなくなってもその人間の本質の部分が変わるわけでもない、というかむしろより素の部分のゴクサイちゃんの姿が見られてまた一段と彼女のことが好きになりました。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
カレッジ編が始まってチセ達のこれまでとは違った一面が見られるのは良いんだけどキャラが増えすぎて覚えられる気がしないぞ!
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
ここまで酷いと砂後谷とよりを戻されてもという感じがするし、不動産業務めと弁護士の割れ鍋に綴じ蓋でいいんじゃないの。
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
上級転生者()からの上級転生者!!!
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
学校が浄化に役立つような綺麗で輝いた場所なのかという点は置いておくとしてテンジョウさんのエピソードは久々に学生らしい様子が多く見れたし面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
僕は黒髪ロング眼鏡っ娘ヒロインが大好きですが特にポニテには弱いので、仮に中身の人格が男だったとしても常に竜之介モードでいてもらってもいいぐらいですね。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
指原さん好き。椅子になりたい。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
マミ絡みのエピソードは話としては理解できるが、この作品においての必要性という点では理解が出来ない。
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
ここまで読んだら『永遠についての証明』は買わざるを得ないだ。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
僕はね、ジャンプ本誌でこの文化祭編を読んでいる時からお兄ちゃんのことが大好きな水希ちゃんがそのお兄ちゃんの学校の文化祭に来ていないわけがないにもかかわらずその姿が描かれていないということは花火が打ち上がった瞬間触れ合っていたの相手こそ水希ちゃんなんだってね。そして今巻の幕間の描き下ろしでやっぱり水希ちゃんがちゃんと文化祭に遊びに来ていたことが確認できたし水希ちゃん真のメインヒロイン説がまだ一段と補強されたね。
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
ハイエンド脳無がもう何体かいたらそれだけでヴィラン連合が勝利しそうなんですが、この作品もそろそろインフレの道に進んでいくのでしょうか。
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
現状では薊編で終わらせておけばいいものをとしか思えないけど、今後この気持を覆すようななにかを見せてもらえるのか。
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
3度目の劇場版鑑賞を前に原作を読んだが、劇場版を見ていたからこそ分かるアニメでは描かれなかった原作の良さがあり、逆に劇場版が原作の良さをさらに引き出して描いていていたことも実感できたし、原作の内容そのものの素晴らしさもさることながらそれを取り巻く環境にも恵まれた幸せな作品だ。
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
本気で部活動に取り組むにはきれいごとだけではすまず、実際作中でも吹奏楽を続けていくことの喜びだけではなくそれと同等かそれ以上に苦悩する姿も描かれているが、その全てをひっくるめて彼らの姿はやはり眩しくて輝いて見えたし、久しぶりに読み終えて爽やかないい気持ちにさせてもらえる作品でした。
が「ナイス!」と言っています。
蝉、ミーン ミーン 眠ス
提示される謎を巡る人間関係が面白いので集英社さんは早く逆境ファストブレイクの単行本を発売して、そして長沢樹さんはさらにその先の物語を書き続けて!

ユーザーデータ

蝉、ミーン ミーン 眠ス
蝉、ミーン ミーン 眠ス
26お気に入られ9月の読書メーターまとめ

読書データ

プロフィール

登録日
2013/03/09(2048日経過)
記録初日
2013/03/09(2048日経過)
読んだ本
1787冊(1日平均0.87冊)
読んだページ
326800ページ(1日平均159ページ)
感想・レビュー
1774件(投稿率99.3%)
本棚
0棚
性別
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう