読書メーターあなたの読書量を記録・管理

電羊齋2019年の読書メーターまとめ

電羊齋
読んだ本
67
読んだページ
14943ページ
感想・レビュー
67
ナイス
586ナイス
月間平均冊数
5.6
月間平均ページ数
1245ページ

読書メーターまとめ

トップ感想・レビュー

電羊齋
偽書『東日流外三郡誌』とその作成者和田喜八郎が巻き起こした騒動とその顛末をつぶさに描く。和田喜八郎という人物が繰り出す怪しい古文書や遺物を「おかしい」と皆が思いながらも深く追及・批判しなかったこと。政治家が広告塔として利用されたこと。研究者が当初黙殺の態度を取ったこと。そして東北人の村おこしへの思いやコンプレックスに付け込むことで偽りの歴史が定着していく。そして多くの人々が傷ついた。歴史問題や偽書問題において、事なかれ主義がいかに大きな被害を招くかという重い教訓。
電羊齋
2019/05/18 02:13

インテリ層が『東日流外三郡誌』にはまった理由として、本書に引用される原田実の分析は的を射ていると思う。「自分の情報収集能力や知的能力に自信のある人ほど、初めて聞く話や、考えもしなかったような話が出てくる本を過大評価してしまう傾向がある」、「こうしたインテリの傲慢さと無知への鈍感さにつけ込むことに成功」。これもまた重い教訓。分野を問わずしばしば見られる現象ではなかろうか。

電羊齋
2019/05/18 02:19

これはネットとリアル、そして分野を問わずしばしば見られる現象ではなかろうか。 自分は自分が思っている以上に無知である、この自覚は忘れないようにしたい。

が「ナイス!」と言っています。
電羊齋
純軍事的な記述に終わらず、政治・外交・経済・イデオロギー・戦争犯罪・ホロコーストなど多角的な面から描き出している。そしてドイツの対ソ戦を複合的性格を有する「複合戦争」として位置づけている。随所に新しい知見も盛り込まれ、読み応えあり。参考文献リストも充実。総合史としての軍事史というものを読めた。素晴らしい独ソ戦通史だと思う。
蜻蛉切
2019/07/29 17:14

わが国の「海軍善玉論」と通じるものがありますね。

電羊齋
2019/07/29 18:05

私もそれを連想しました。

が「ナイス!」と言っています。
電羊齋
近年の欧米の研究成果に基づき、これまでにわかっているロンメル像をわかりやすく解説した好著。 プロイセン人ではなく、また幼年学校にも士官学校にも入らず、傍流を歩まざるを得なかったロンメル。それが「病的な功名心」(フランツ・ハルダー)、自己顕示を生じさせたと著者は推測する。また、WW2でのロンメルの長所と欠点が、WW1の若手将校時代の段階ですでに集約的に現れていることがわかり、非常に興味深かった。そして、師団長までは長所として働いていた彼の資質が、それより上の地位に上がると短所となっていく。
電羊齋
2019/03/21 19:07

著者は、アーヴィングの著作と主張について、欧米での研究蓄積に基づき、史資料の恣意的な引用、歪曲が多々見られるとしている。そして日本ではアーヴィングの主張が訂正されることなく、現在でもなくこれに依拠した記述が少なくないという。 本書を読みながら、自分が漠然と信じていたあれも、これも、それもアーヴィングの恣意的な主張だったのか、というのがわかって、ちょっとショックだった(特にヒトラー暗殺計画とロンメルの関係について)。アーヴィングさん、罪なことをしてくれますね。

電羊齋
2019/03/21 19:14

ロンメルとヒトラー暗殺・クーデター計画との関係、関与の程度については諸説あるが、本書で紹介されている近年の研究動向、史料状況では「ロンメルは七月二十日のクーデターを知っていたのみならず、これを支持し、暗殺計画者たちの陣営に身を投じた」とする説が有力らしい。

が「ナイス!」と言っています。
電羊齋
正体不明の暗殺者「ジャッカル」のプロとしての入念な下準備、ルベル警視との知恵比べ、息詰まる攻防、そして迫り来る官憲の手をギリギリですり抜けて狙撃地点へ。物語が進むにつれ、次の展開が気になって頁をめくる手が止まらなくなる。傑作!
が「ナイス!」と言っています。

トップつぶやき

電羊齋

2018年の読書メーター 読んだ本の数:35冊 読んだページ数:7464ページ ナイス数:327ナイス ★去年に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/383213/summary/yearly 明けましておめでとうございます。 今年は昨年よりたくさん読めればと思っております。

が「ナイス!」と言っています。
電羊齋

2019年4月の読書メーター 読んだ本の数:3冊 読んだページ数:782ページ ナイス数:21ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/383213/summary/monthly 今月は就職活動を始めいろいろあるけど、できる限り本を読みたいな。

が「ナイス!」と言っています。
電羊齋

2019年おすすめランキング https://bookmeter.com/users/383213/bookcases 2019年に読んだ本のランキングなので、出版年が2019年以外の本も含まれています。おかげさまで今年も良い本が読めました。

が「ナイス!」と言っています。

読んだ本67elkイメージ

1月3

2月1

3月2

4月3

5月7

6月4

7月11

8月4

10月4

11月12

12月16