読書メーターあなたの読書量を記録・管理

電羊齋2020年の読書メーターまとめ

電羊齋
読んだ本
58
読んだページ
12396ページ
感想・レビュー
58
ナイス
556ナイス
月間平均冊数
4.8
月間平均ページ数
1033ページ

読書メーターまとめ

トップ感想・レビュー

電羊齋
女性から見た軍隊と「大祖国戦争」。男性中心に作られた軍隊と戦争というシステムの中で生きた女性たちの物語。極限状況で、女性として、人間としていろいろなものを奪われてきた女性兵士たちを描く。女性故の問題に苦しめられ、死んでいく女性兵士たちの生々しい描写には胸が詰まる。また、社会主義の男女平等の建前とは異なる男性軍人たちによる(彼ら自身には悪気はないがそれゆえ残酷な)差別も心に刺さる。まさに「女の顔をしていない」戦争の物語。そして速水螺旋人氏の解説は必読。いろいろ考えさせられた。
が「ナイス!」と言っています。
電羊齋
ABCの順番に起きていく事件の結びつきを探る過程で、関係者が一見どうでも良くて忘れてしまっていることを丹念に聞き出して洗い直す手法が面白かった。そして真犯人の動機と実像にはあっと言わされた。構成にも無駄がない。面白かった。
電羊齋
2020/12/03 00:41

NHKのBSプレミアムで放送されていた『名探偵ポワロ』の「ABC殺人事件」を見て非常に面白かったので、原作を読みたくなって購入。

が「ナイス!」と言っています。
電羊齋
数々の「神話」に彩られた「戦車将軍」グデーリアンの実像を海外の最新の研究に基づき明らかにした評伝。ドイツ装甲部隊を創設した「オンリーワン」ではなかったこと、「電撃戦」ドクトリンは存在しないこと、ナチスの犯罪を見て見ぬ振りしたこと、ヒトラー暗殺計画での日和見、作戦面での優れた手腕と戦略面での近視眼、そしてナチズムへの賛同、戦後の自己演出など興味深い事実が多い。確かに卓越した軍人ではあるけれども、同時に野心的、俗物的な面も多々あった人物なのだろう。
蜻蛉切
2020/03/14 22:58

電羊齋さん、こんばんは。 もう読まれたのですね。 自分は、まだ途中をグズグズしております。(笑) 神話が幅を利かせていた時代は「グーデリアン」と訳されていて、ある日を境に「グデーリアン」になったのが凄く印象深いです。

電羊齋
2020/03/15 00:09

3,40年前、私がミリタリー少年だった頃の本も「グーデリアン」表記でした。自分自身は『電撃戦』そのものを読んだことはありませんが、今回の評伝で指摘されている「神話」をわりとそのまま信じてきまして……。それだけに感慨深いものがあります。ミリタリー少年時代の幻想がまた一つ消えました。

が「ナイス!」と言っています。
電羊齋
稲作の始まりから南宋までを語る。江南中国の通史としてよくまとまっている。また、「国づくりの論理」である「一君万民」を縦糸に、「人つなぎの論理」である「幇の関係」を横糸とした「官」と「民」の関係もわかりやすく説明されている。エリート士大夫と民、アウトローによる水平的な「幇の関係」が歴史的に「一君万民」体制と付かず離れずの関係を保ってきたのが興味深い。そして一君万民論理はいわば表看板で、その枠組を逸脱しない範囲での多元性を許容しているというのは、そのまま現在の中国とも相通じるものがあり面白かった。
電羊齋
2020/02/16 16:58

また、「はじめに」と「おわりに」では、若者の中国史の学びについて、中国史研究、学界への危機意識、「幇の関係」にみる「不羈の気風」、「友を大切にする熱さ」と「規制もなければ保護もない」中国社会、中国人の面白さを語る。

電羊齋
2020/02/16 17:03

自分は「馬の世界」である北方中国と中央ユーラシアばかり読んでいて、「秦嶺・淮河線」以南、すなわち長江流域・江南については無知と言っていい人間なので、こうした江南に焦点を当てた概説は助かる。

が「ナイス!」と言っています。

トップつぶやき

電羊齋

2019年の読書メーター 読んだ本の数:67冊 読んだページ数:14943ページ ナイス数:586ナイス ★去年に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/383213/summary/yearly 2020年はもっと本を読む!インプットを増やして、良いアウトプットができる人間になるのだ。

が「ナイス!」と言っています。
電羊齋

2019年おすすめランキング https://bookmeter.com/users/383213/bookcases 2019年に読んだ本のランキングなので、出版年が2019年以外の本も含まれています。おかげさまで今年も良い本が読めました。

が「ナイス!」と言っています。

読んだ本58elkイメージ

1月2

2月14

3月5

4月1

5月3

7月3

8月4

9月2

10月9

11月8

12月7