読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

まこっちゃん
読んだ本
4
読んだページ
1339ページ
感想・レビュー
4
ナイス
296ナイス

7月に読んだ本
4

7月のトップ感想・レビュー!

まこっちゃん
少年と同じ小学4年の頃、彼の半分でも自分の気持ちを言葉に出来ていたらなぁと憧れや後悔に似た感慨に浸りつつ読み進めた。この頃はあまり楽しい思い出ないのだけれども、思い起こせば、何だか懐かしくもあり切なくも感じる。この物語を読んだからかな。こういうのをノンビリ読書するのはとても贅沢なことだと思う。
が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
4

まこっちゃん
少年と同じ小学4年の頃、彼の半分でも自分の気持ちを言葉に出来ていたらなぁと憧れや後悔に似た感慨に浸りつつ読み進めた。この頃はあまり楽しい思い出ないのだけれども、思い起こせば、何だか懐かしくもあり切なくも感じる。この物語を読んだからかな。こういうのをノンビリ読書するのはとても贅沢なことだと思う。
が「ナイス!」と言っています。
まこっちゃん
安定の下町ロケットシリーズ。面白いんだけど展開に慣れてきた感はある。
が「ナイス!」と言っています。
まこっちゃん
なんとなく堅苦しそうな先入観でスルーしていたのですが、読んで見たらこりゃ楽しい。こんなにリズミカルでおしゃれでそして笑える古典の現代語訳ってあるんですね。この手の作品て知らないだけで他にもあるんでしょうか。最後の解説を読むと面白さというか作家のセンスの成せる技かと納得、感心です。続巻が単行本で出ているのは知ってますが、文庫で気ままなペースでニタニタ読むのが向いている作品だと思うので続きもノンビリ待つとします。久しぶりにオモロイって人に薦めた一冊です。
が「ナイス!」と言っています。
まこっちゃん
中洲に育てられた少年の成長、少年に関わる中洲の人たち、様々な側面にスポットが当てられ、どこか現実味を感じる物語だった。少年の母親にも事情があるのだろうが、最後に少年が母親にとった行動が何とも切ない。結末は希望を感じさせるものだったが、それは少年にとっていかほどのものだろうか…。実際の中洲も山笠も知らないが、魅力的に描かれており、訪ねたくなった。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2015/01/13(1318日経過)
記録初日
2014/04/13(1593日経過)
読んだ本
289冊(1日平均0.18冊)
読んだページ
109779ページ(1日平均68ページ)
感想・レビュー
242件(投稿率83.7%)
本棚
5棚
性別
年齢
42歳
血液型
A型
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう