読書メーターあなたの読書量を記録・管理

10月の読書メーターまとめ

豆ふうせん
読んだ本
3
読んだページ
755ページ
感想・レビュー
3
ナイス
40ナイス

10月に読んだ本
3

10月のトップ感想・レビュー!

豆ふうせん
「息子や、あなたの存在そのものが、どれほどわたしに喜びをもたらしたのか、わかってもらえるかしら?」…亡き母の手紙に胸を突かれて、「愛」の漢字を、何度も何度もうつむいたまま、なぞり書きした「ぼく」(表題作「紙の動物園」)。ふとした時に現れる、この人間らしくて優しい仕草。書き手であるケン・リュウ氏の、人を見つめる目に温かみが感じられ、それがとても好ましい。
豆ふうせん
2020/10/27 11:05

①と②のどちらを読もうか迷っていました😓②もすごく気になってます。

ざるこ
2020/10/28 23:12

②はほぼSFです。ぜひどうぞ(^o^)

が「ナイス!」と言っています。

10月の感想・レビュー一覧
3

豆ふうせん
「息子や、あなたの存在そのものが、どれほどわたしに喜びをもたらしたのか、わかってもらえるかしら?」…亡き母の手紙に胸を突かれて、「愛」の漢字を、何度も何度もうつむいたまま、なぞり書きした「ぼく」(表題作「紙の動物園」)。ふとした時に現れる、この人間らしくて優しい仕草。書き手であるケン・リュウ氏の、人を見つめる目に温かみが感じられ、それがとても好ましい。
豆ふうせん
2020/10/27 11:05

①と②のどちらを読もうか迷っていました😓②もすごく気になってます。

ざるこ
2020/10/28 23:12

②はほぼSFです。ぜひどうぞ(^o^)

が「ナイス!」と言っています。
豆ふうせん
文庫巻末の「解説」を読むのに、本編作品ほど気持ちを込めたことがあっただろうか。ひとつの小説に、こうも違う読み解き方があるものだとは。美奈子氏による『走れメロス』の深読みにも相当な打撃を喰らった。メロスとセリヌンティウスの正義と友情の物語、とは読まない。「暴君の噂を聞き、カッとなって突然城に乗り込むメロスは、思慮深いというよりキレやすい若者だ」「猜疑心が強く、圧政を敷いてきた王が」「民衆の支持を集めるパフォーマンスに(メロスたちを)利用するくらい、政治家だったらやるんじゃないの?」…ううむ、そう来たか。
が「ナイス!」と言っています。
豆ふうせん
とある雑居ビルで働く人々の日常。ちいさなマッサージ店をやりくりしているシングルマザーのむつみ、喘息持ちのカフェ店長・橋場…一篇ごとに主人公を変えながら、五つの物語がつらなる。誰もが日々、何気なく働いているようにみえながら、「どうしてうまくいかないのか」と人知れず悩み苦しんで、明日を、明後日を、暮らしていく。読みながら胸にせりあがってくるのは、つまずき傷つく彼らの痛み。自分だけじゃない、みんなが何かを抱えてる。ラクな職場なんてどこにもないのだ。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2017/08/20(1198日経過)
記録初日
2017/08/21(1197日経過)
読んだ本
143冊(1日平均0.12冊)
読んだページ
37454ページ(1日平均31ページ)
感想・レビュー
143件(投稿率100.0%)
本棚
11棚
性別
職業
ガテン系
現住所
北海道
自己紹介

さそり座の女です。ちくま文庫の隠れファンです。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう