読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

mikioart
読んだ本
8
読んだページ
2656ページ
感想・レビュー
8
ナイス
122ナイス

4月に読んだ本
8

4月のトップ感想・レビュー!

mikioart
絶滅したはずの天然痘ウィルスと貞子の織りなす呪いの連鎖。ジャパニーズホラーの怖さはもはや無く、今作はゴリゴリのSFミステリーといった塩梅でした。遺伝子、進化、暗号といったやや食傷気味のネタが、苦手な怨念ネタとぴったり融合した時の驚きは相当なものでした。ビデオテープやダビングという昭和ワードにも心惹かれました、、昔読んだ恩田睦の「月の裏側」に通じるものがありますね、あっちも再読したくなりました。人類絶望感しかないですが、続編どうなるのか相当気になります。今のところはバッドエンドの予感が激しいですね。
が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
8

mikioart
ネタバレノーマンと敵対するかと思ってヒヤヒヤしてたけど、良い感じに(今のところ)収まって良かった。邪血、五摂家、女王と目まぐるしい展開でした。7つの壁発見のパートはどんなだったか全然思い出せない、、また息切れ気味で今回はあんまりでした。でもこれだけ独特の設定で支離滅裂になってないのが凄いです。小説でじっくり読めたらなー感がやっぱり強いです。
が「ナイス!」と言っています。
mikioart
絶滅したはずの天然痘ウィルスと貞子の織りなす呪いの連鎖。ジャパニーズホラーの怖さはもはや無く、今作はゴリゴリのSFミステリーといった塩梅でした。遺伝子、進化、暗号といったやや食傷気味のネタが、苦手な怨念ネタとぴったり融合した時の驚きは相当なものでした。ビデオテープやダビングという昭和ワードにも心惹かれました、、昔読んだ恩田睦の「月の裏側」に通じるものがありますね、あっちも再読したくなりました。人類絶望感しかないですが、続編どうなるのか相当気になります。今のところはバッドエンドの予感が激しいですね。
が「ナイス!」と言っています。
mikioart
ネタバレ今回はここのところの藤原家絡みのドロドロなお話じゃなく、平安時代の暦とドロボーを掛け合わせた小噺でした。暦と朝廷のコラムで出てきた、戦国時代の三島暦というやつには特に興味を惹かれました。本能寺の変との関わり説も気になる。土御門家と言うと映画「帝都物語」を思い出すんですが、原作の方も早く読まないと、、もう一つのコラムにあった指摘で、昔の日本には金ピカのアクセサリー系の風習がないとっていうのも言われてみればという感じ。いよいよ自分の才と向き合う道真の今後ももちろん気になる!
が「ナイス!」と言っています。
mikioart
このシリーズは軽いタッチなわりに、結構悲惨な事件が多い印象ですが、何と今回は11匹もの猫が殺されるという凄惨極まる事件!西多摩の森林にある村と、開発されたばかりの高層アパートという舞台の対比も面白かったです。化け猫の祟りかと思わせる事件が次から次へと起こるあたり、今回の石津刑事の気苦労が偲ばれます。猫が住みづらい社会が果たして人間にとって住みやすい社会なのか、といった問いかけは、子供の時観ていたゲゲゲの鬼太郎(80s第3期のやつ)のシーンを幾つか想起させました。片山刑事は今回も切ない、、
が「ナイス!」と言っています。
mikioart
ネタバレ遂にサンクチュアリ編(?)が終わった!中弛みもなくてやっぱり面白かった。でも教皇の正体双子座のサガとの戦いはちょっと呆気なかったかな、、老師やムウ、射手座のアイオロスといった黄金聖衣の設定が意外とちゃんとしてたのが印象に残りました。新シリーズでは生き残りの黄金聖衣のメンバーがあっという間にやられちゃう展開になりそうな予感がする。そんな気がする。
が「ナイス!」と言っています。
mikioart
ネタバレ名作「ラゴンランス 戦記」の外伝といったシリーズの一巻目です。自分はこのシリーズのファンですが、それでも正直それほどな〜という感じでした。最後の「信頼を求めて」はローラナ達の氷壁城での冒険行ですが、後に発刊された「ドラゴンランス秘史」と内容全然違いますね、、興味津々だった「双子の大審問」でのレイストリンの秘話も思ったより呆気なかった。興味深いのは「収穫」でタニスとフリントが出会した魔術師とその恐るべき所行が「伝説」で描かれるあの大魔法使いとダブル所でした。各話の順番が違っていたら大分印象も変わってたかも?
が「ナイス!」と言っています。
mikioart
ネタバレキングの作品は前半じわじわ、後半ドバッと面白くなる印象があるんですが、今作はその極みでした。スーパーフルーによって文明が崩壊し善悪のグループがロッキー山脈を境にそれぞれが集結するというのが前半なんですが、上巻から引き続きプロットが単調に感じられ最終盤まではあまり面白くなかった。悪の権化フラッグが落ちぶれていく過程もえっこんなことで?という感じでした。最終盤の帰還の旅は相当面白かったけど。コロナ禍だから読んだわけでは無いですが、繰り返される人間の過ちをテーマにともかくグイグイ読ませる文章力に圧倒されました。
が「ナイス!」と言っています。
mikioart
ネタバレいよいよ最終巻(?)。圧倒的な物量で制圧されてしまった対馬。主要キャラが悉くあっけなく果てていく巻でした。生き残った朽井と照日姫のその後が気になります。博多編があるのでそちらで結末が描かれるのかな。なんというか、徹底的にやられて終わった感ばかりが強いですが、小説も含めて深掘りしたい歴史テーマの一つになりました。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2018/09/24(966日経過)
記録初日
2018/11/18(911日経過)
読んだ本
639冊(1日平均0.70冊)
読んだページ
202077ページ(1日平均221ページ)
感想・レビュー
424件(投稿率66.4%)
本棚
70棚
性別
年齢
46歳
血液型
B型
現住所
埼玉県
自己紹介

ファンタジーの隠れた名作を見つけるのが何より楽しみ。米ファンタジーの名作「ドラゴンランス 戦記」シリーズが大好きなので、色々読み漁りたいです。同じような方がいましたら仲良くしたいです!よろしくどうぞ(登録はお気軽に、解除はお気兼ねなく😀)。

ドラゴンランスシリーズのポータルサイトです😁
https://dragonlancenexus.com/

Theme song : NEMOPHILA 「LIFE」
このやろー負けるかという時聴く曲「Raise my sword」(Galnerius)
最強にセクシーだと思うギターリスト 「Miyako」(from Lovebites)
最強にカッコいいギターリスト 「HAL-CA」(from Asterism)

参加コミュニティ1

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう