読書メーターあなたの読書量を記録・管理

読書グラフ

もっと見る

最近の感想・レビュー

データの取得中にエラーが発生しました

最近の感想・レビューはありません

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loading
Loading
Loding meterchan

読んだ本
160

読んでる本
1

積読本
1

読みたい本
7

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2019/07/04(446日経過)
記録初日
2015/11/14(1774日経過)
読んだ本
160冊(1日平均0.09冊)
読んだページ
45503ページ(1日平均25ページ)
感想・レビュー
160件(投稿率100.0%)
本棚
0棚
自己紹介

著者は、何が言いたいのか?、言いたいコトが判るまで読む。文章の中に、使用される語に、見出そうと読み、”タイトル=題名”を探し出す。付箋(赤、黄、青、緑)を付ける。読了後の付箋の枚数が、自分の評価。文字を追い、行・ページを進める中で、自分はどうなの?、どう思う?、どう感じたの?、その結果は、どうするの?、と。よって、肩がコルが、覚醒・活性化する。購読が基本だった。が、本の重さに床が抜ける、家が傾く、よって図書館本にシフト。付箋の数(赤)は、購入し再読するバロメーター。マーカーを付ける本は、購入し、再読し、書棚にて蔵書に。読んで欲しい人々がいる、孫たちだ。右脳刺激本に左脳刺激本。硬い本に柔らかい本。ノン・フィクションにフィクション。特に、ノンフィクションは、著者の意図が100%表出する。事象・事件を追いかけながら、最後に著者の意図・目的が書かれる。著者の筆力vs読者の解読力が試される。映画もイイが、活字はもっとイイ。読後の255文字の世界が楽しい。更新2020年8月28日(金)

参加コミュニティ1

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう