読書メーターあなたの読書量を記録・管理

11月の読書メーターまとめ

gmax
読んだ本
24
読んだページ
4091ページ
感想・レビュー
19
ナイス
80ナイス

11月に読んだ本
24

11月のトップ感想・レビュー!

gmax
タイトルが流れて時間も流れて本編。ヒロイン?とかライバルとか神獣っぽいものとか登場して司書試験。精神に異常を来しそうな試験は怖いな/しかし終末戦争っぽいのが民族浄化を引き起こした1冊の本の影響で起きたってのが割と単なる絵空事とは言えない怖さ。
が「ナイス!」と言っています。

11月の感想・レビュー一覧
19

gmax
遠藤淑子の新作、「一生懸命になった青春」を描く。今回の話はほんとコメディのテンポ感(先生のキャラクター設定とかほんとENDOワールド)といい締め方といい遠藤さんらしくて非常にいい出来。きれいに終わったように思えるんだけど「1」がついてて続くのかしらこれ。
gmax
4コマ誌での年1連載という超特殊な形態、まんがライフもよくちゃんと単行本にまとまるまで続けさせてくれたなあと感心。しかし最初の頃のはいい話というよりドタバタ系な要素が強かったのね。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
あとがきでも書かれてた通り記念の同窓会というか、記念作品的に作られた映画版、みたいな感じ。ザナッファー出したり、使えなくなった魔術を限定的な条件下で使えるようにしたり、一見出てなかったフリしてた人もやっぱりそこにいたんじゃん、っていうオチも含めて「再会」だよなあと思った。シルフィールがいないのが残念といえば残念だが。また時々書いて欲しいな。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
母親との和解(といっていいのかよくわからないけど)。お父さんかっこいいな。みんなで弟探し、不死者(不老者?)であることを周りの人たち結構素直に受け止めてるなあ。しかし倉庫番の彼のことについて帰ってきてからコメントがないような……
gmax
おまけ漫画の没になった案はちょっと読んでみたかった。あと「架空の大陸」だけど「小学館とBLは遠い」ってのを見て嘘だろと思うなど。だってサンデーでBLやってたんですよ(笑)/あと成人指定というかエロの話は他では読めないネタだったかなとも。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
何かに夢中な人を好きになった、趣味を否定せずにつき合ってくれる人を得た、ってことでいいのかしら。アイドルの側がファンをよく見てたりするのって実際にあるんですかね(売れ方次第か?)
gmax
食にまつわるちょっとしたお話集。オノ・ナツメってこういう日常を切り取った作品も上手いのよね。
gmax
はじあくと同じような世界観でのヒーローや悪の組織の日常物語。これはきっと互いの正体を知らずに仲よくなったりするやつだ。しかしレッド不在ってロボが必要になったときどうするんだろう……
gmax
帰ってきた日常回。とはいえ物語は高校卒業までっていうことなのかなあ。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
完結。二人が未来へ進めるようになるまでの物語、ってことで良かったのかしら。最終回で岬一の背が高くなってるのとか少年好きとしては微妙にポイントの高いとこですよね……お疲れさまでした。
gmax
「暴れん坊本屋さん」に通じる部分もあるけど、もっと大きな(チェーンの)書店でしかも外国人のお客さんもたくさん来るところ、ということでそっち方面の「なんとかしてコミュニケーションをとろう」としてるところが面白かったかな。あと「ほぼ毎日何か新刊出てる」ってのもすごいと言えばすごい。本の売り上げって以前より落ちてるはずなんだけど……
が「ナイス!」と言っています。
gmax
タイトルが流れて時間も流れて本編。ヒロイン?とかライバルとか神獣っぽいものとか登場して司書試験。精神に異常を来しそうな試験は怖いな/しかし終末戦争っぽいのが民族浄化を引き起こした1冊の本の影響で起きたってのが割と単なる絵空事とは言えない怖さ。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
今回はアルスラーンサイドはちょっと控えめで周辺の話がメイン。しかしヒルメスを慕うお姫さまか……あと拷問に使われるナルサスの絵ってどんなんだ。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
初めてのイベント、作家との触れ合い。と同時に「それ以外の生活」も描かれてるところが良かったな。立ち話のあと急には歩き出せないとか、割とリアル……/作家さんの腐のきっかけがテニスとか、「若い!」と思っちゃいましたよええ(^^;
が「ナイス!」と言っています。
gmax
ここからが移籍後か。すれ違う二人の思い。しかし聡子も親との関係が上手くいってなかったのか。そのことが関係してるのかな。妹が関係してくることでどう変化が出るか。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
レゴシとリズの決闘。最後の最後までルイがレゴシの支えでルイにとってもレゴシが太陽ってもうルイがヒロインでいいよ状態になってる……しかしやむを得なかった上本人の申し出とはいえルイの足を食べてしまったことでどうなるか。いよいよシリーズも完結には向かってそうだけども。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
俳句入門としてなかなかいい出来では。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
これまでの物語では「孤独な将軍を大奥の男が支える」パターンが多かった(家光・綱吉・家定)のに対して和宮と家茂の場合は「孤独な御台を純真な将軍が救う」という点で変化球。しかしこの後家茂と和宮は……と考えるとまた和宮が孤独になってしまうのか、と。残された静寛院宮と天璋院がどのように大奥の物語を終わらせるのか、が今後のポイントだなあ。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
4-6巻まで一気読み。「少年少女が一歩踏み出す」というテーマがメインではありつつも恋愛ありの群像劇の度合いが深まったなあ。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2008/12/27(3641日経過)
記録初日
2009/01/01(3636日経過)
読んだ本
2028冊(1日平均0.56冊)
読んだページ
321005ページ(1日平均88ページ)
感想・レビュー
1778件(投稿率87.7%)
本棚
4棚
性別
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう