読書メーターあなたの読書量を記録・管理

5月の読書メーターまとめ

gmax
読んだ本
25
読んだページ
4287ページ
感想・レビュー
21
ナイス
67ナイス

5月に読んだ本
25

5月のトップ感想・レビュー!

gmax
実写化のヒロイン役とのスキャンダル(ではないんだけど)報道未遂の話は怖いなーと思いつつ先生が男前だったわ。
が「ナイス!」と言っています。

5月の感想・レビュー一覧
21

gmax
コメディタッチもありつつの事件もの。「語り手である幽霊の死の真相」については「警察の見立てが外れててよかった」という方向に持っていったのはなかなかユニークではあった。しかし自覚なし(ほんとに自覚がないのかどうかは分からんが)DVで逃げるしかなかった家族ってつらいよね……生き残った人たちがせめて心安らかに過ごせますように。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
猫と家を通じて描く家族の物語。こういう数年ごとの変化を切り取った描き方は結構好みだったり。「いいえ あなたのものではありません」っていうお母さんのシーン、ずっと気がつきながらほっといた分怖い感じが。しかし愛人のために不正をしてクビにまでなった夫と離婚せずにそのまま養うってのもすごいといえばすごい。そんなお母さんの「家族だから一緒に苦しむ」ってのは重みがあるなあ。この人がいなければ(というかこういう人でなければ)続かなかった家庭か……とも思うけど。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
乗っ取り宣言しながらスカウトってのもすごい神経の持ち主だなとは思うが、「コーヒーがおいしいから」というよりは「自分がおいしいと自信を持ってコーヒー淹れてるから」うらやましいってのもありそうだなあ。多分パン屋さんの件もそんな面がありそう。/サブキャラ的には「そう言うのが私の仕事」って言った大浦氏のその前後のくだりも含めて一連のシーンが好き。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
「犯人が多すぎる」はライバルとなるであろうガロとの出会い編という位置づけなだろうけど、犯人が完全に精神鑑定必要なレベルで逆に怖いという……基本的にダークな種明かしの物語が続くんだなあ。整本人のトラウマ的なものも話の縦糸になりそうだし。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
記念作品、なんだけど「x年後」でも単純なパラレルでもなく、まさしく当時あれを見てた人の為の物語。ラストのBGMは「rose & release」で。しかし監督からのメッセージは目頭熱くなったわ。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
1巻発売後割と時間が経たないうちに連載終了しちゃったんで芳文社お得意の打ち切りパターンかと思ったんだけどちゃんと2巻まで出てくれて何より。結局圭が最後まで謎のままだったなあ。
gmax
時系列的に入り交じってるんだな。しかし退団したらほんとに始末されるのかと思ってた……/掲載誌移籍はまあ、少年誌向け内容ではないよねとは思う(^^;
が「ナイス!」と言っています。
gmax
実写化のヒロイン役とのスキャンダル(ではないんだけど)報道未遂の話は怖いなーと思いつつ先生が男前だったわ。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
ちゃんとモデルになった人物がいたのね。後書きであくまでモデルですよとは言ってるけど。しかし意外にもヒロインのはずのイサベルが1巻で退場してしまった……
が「ナイス!」と言っています。
gmax
ナット……ようやく一歩踏み出せたのにこの退場の仕方はつらい。弟探しの方は一旦足踏みながらも「弟の孫」なる人物が出てきて、ここからどう展開するかな。
gmax
やはり元アシの結婚はネタにしますか(笑)/ギャグではキャラクターの役割や属性に頼る、ってのはまあ今となっては当たり前というか読むほうもそれに慣れちゃってる面はあるよな。「やまいだれ」みたいなのは考えるほうも大変だろうなあと思うけど。/単行本にとっての本編といえるカラーページ、徐々に断筆の経緯が明かされつつあるけど、そもそも成長した姫をこの家に連れてきたのは誰なんだろう。
gmax
もはやEシリーズ達の思惑を超えて動いていくセラフの増加。EDEN中枢部とエヴァ・オウルのさや当て。新しいキーワードとしては「上位の権限」……これはよくわからんな。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
恋に恋するお年ごろ。
gmax
さすがに4人目(時系列的には2人目だけど)ともなるとあちらの世界に行くにも新たなバリエーションが必要に……という気もしなくはないけども(^^;/番外編(寧蘭と箕宿の話)載るかと思ってたら載ってなかった……
が「ナイス!」と言っています。
gmax
寄り道が終わったというところかな。しかしアンドラゴラスの語った予言の話が今後のキーになるのか?武闘派ではあるもののアンドラゴラスもまた王としての風格はあったということなんだろうかね。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
1/4を見る限りでは打ち切りっぽい?長さ的にはちょうどいいぐらいという気もしなくはないけども。一郎さんの正体は分かったけど、語ってない部分とすれば大家さん関係かなあ。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
修行僧レゴシ!しかし肉食獣の本能を抑える訓練をしたらあごの力が弱くなるっていうのはどういう理屈なんだろう……ていうかこの世界の肉食獣の人たちって基本的にリアルの肉は食べないから、そういう意味ではみんなあご弱くなってそうな気も……/それはそうと一番最後の回のチーターと羊の友情ものもよかったな。ちょっとした番外編だけど。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
独り歩きする読者の思いと逆に翻弄されてしまう作者。無理に現実を当てはめようとしちゃう人がいるのもまあたぶん事実。国語教育の問題……かどうかはわからんが。「解釈違いは戦争」って字面的には「受攻のカップリング論争か!」ってなりそうだけど(^^;
が「ナイス!」と言っています。
gmax
それぞれの死にたい理由、他人から見れば「え、そんなことで」と思うことでも、当人にとっては真剣である、ということ(アンリの理由は悩みとかとは無縁そうに見えるが……)。ここからどう転がっていくかな/しかし長編ミステリとして巻頭にこれまでにわかったことの概要が載っているのはありがたい。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
今回は大手チームそれぞれの内部事情を描きつつ今後の展開への下地作りといったところ。人間関係の点からいくと秋穂視点の描写が結構好き。
が「ナイス!」と言っています。
gmax
過去の精算?は意外と早く(まあいつまでシリーズ続くかわからんしその意味ではよかったのか)。推理小説は「探偵は見落としをしない」という前提で動くことが多いだけに、「別の人に見てもらいなさい」っていうアドバイスは貴重だな。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2008/12/27(3469日経過)
記録初日
2009/01/01(3464日経過)
読んだ本
1902冊(1日平均0.55冊)
読んだページ
299630ページ(1日平均86ページ)
感想・レビュー
1681件(投稿率88.4%)
本棚
4棚
性別
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう