読書メーター KADOKAWA Group

2024年5月の読書メーターまとめ

teitowoaruku
読んだ本
4
読んだページ
1250ページ
感想・レビュー
4
ナイス
2ナイス

2024年5月に読んだ本
4

2024年5月にナイスが最も多かった感想・レビュー

teitowoaruku
読むと、経済観念に縛られて生きている自分の生き方がバカバカしくなってくる本。

2024年5月の感想・レビュー一覧
4

teitowoaruku
読むと、経済観念に縛られて生きている自分の生き方がバカバカしくなってくる本。
teitowoaruku
百人斬り競争から南京大虐殺の「虚報」についてせまる下巻。それが大本営や新聞社によって作られたまぼろしであることはわかったが、大事なのは、それに踊り狂ったのが国民であったということだろう。脅迫状がきたというように、今もってヤッチマエー、ブッコロセーという国民性ということは著者も認めるところである。過激な報道は、冷静に見て、本当にそうなのか究明する必要がある。見てきたような嘘をつく奴は、今や報道の世界のみならずSNSで巷にあふれている。
teitowoaruku
百人斬り競争とそれによる処刑に関して言えば、当事者の役職などを考えると筆者の言うように話が盛られ、かつ書くべきことを書かなかった結果であるように思う。まあ嘘くさいけど、新聞に載ったくらいだからそれっぽいことはやったんだろ的な。問題は、そういう噓くさい記事が私が勉強した教科書にあったことかな。伝説はこうして作られるという筆者の言葉が分かる気がする。
teitowoaruku
スガモプリズンにて、各国の捕虜の扱いについて検討した際、全員一致で、「日本が最悪。何かあればすぐ殺されるから」と結論を出していたところが面白かった。あとがきにて「日本だけが悪かったのか」と書いているが、当時の日本が残虐な国であったことは、当時を生きた著者も認めるところであるのだろう。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2019/12/30(1636日経過)
記録初日
2017/12/08(2388日経過)
読んだ本
757冊(1日平均0.32冊)
読んだページ
209489ページ(1日平均87ページ)
感想・レビュー
236件(投稿率31.2%)
本棚
0棚
外部サイト
URL/ブログ
http://teitowalk.blog.jp/
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう