読書メーターあなたの読書量を記録・管理

10月の読書メーターまとめ

平子
読んだ本
11
読んだページ
2487ページ
感想・レビュー
11
ナイス
89ナイス

10月に読んだ本
11

10月のお気に入り登録
1

  • いのうえかずね

10月のお気に入られ登録
1

  • いのうえかずね

10月のトップ感想・レビュー!

平子
ネタバレ巻数が進んでいくごとに夏目も変わっていってるけど、ニャンコ先生もそうだよねーと特別編を読んで。レイコさんのエピソードは、色々すれ違ってしまってたのを知ってるのはとある妖だけって切ないな。
が「ナイス!」と言っています。

10月の感想・レビュー一覧
11

平子
ネタバレ表紙のインパクトに惹かれて手に取ってみたけど、一様カイザーシリーズ的な感じなんだろうか。SF的な世界観で結構設定とかはやけに壮大だなwってなりました。 ヒロインが唯一の王族の直系で責任感が強く気高い的な感じで持ち上げられてたけど、流れやすいしただ気が強いだけでは・・・となった。綺麗なハッピーエンドだったけど、なんだかなーと思ってしまった。
が「ナイス!」と言っています。
平子
ネタバレアニメが良かったのでひとまず1巻だけ。原作はセリフが少ないのか、少し読みづらいけど描写が独特で思わず読み進めてしまいます。不思議な世界観で色々と謎が多いけど、ひとまず続きを読みたいです。
が「ナイス!」と言っています。
平子
ネタバレ書店で目があったのでひとまず購入。執事クズだけど、まぁ仕事は忠実だしプライベートぐらい良いのではとなった(笑)うっかり素の部分を好きになられて必死に幻滅させようとするけど、ゲスになりきれてないところが色々見抜かれてしまってると思う。まぁお嬢様おばかだけども!
が「ナイス!」と言っています。
平子
花子さんいつ何時もはんなりした表情がいいね!(能面だから)今回は夏休みということで、香穂ちゃんけんちゃんさぶちゃんと海を満喫してて青春(?)だなと思った。 さぶちゃん弟も出てきてさらに濃いし賑やかに。あと花子さん、友達の宿題やりたすぎマン
が「ナイス!」と言っています。
平子
ネタバレ竜の呪いを受けてこのままだとチセの体が持たない、絶対に失いなくないだからこその行動なんだけどこんなことしてチセが喜ぶわけないよなぁ。気持ちがすれ違ったまま決別しかもヨセフについてくしこれはどうなるかな・・・
が「ナイス!」と言っています。
平子
ネタバレ巻数が進んでいくごとに夏目も変わっていってるけど、ニャンコ先生もそうだよねーと特別編を読んで。レイコさんのエピソードは、色々すれ違ってしまってたのを知ってるのはとある妖だけって切ないな。
が「ナイス!」と言っています。
平子
ネタバレ謎の転校生である秋穂ちゃんとどんどん仲良しになっていく桜ちゃんだけど、住んでいるお家はエリオルくんの家だしただの女の子ではないよなぁー。さくらちゃんと知世ちゃんも安定の可愛さだし、小狼くんとのやりとりは初々しいし世界観がふわふわしてて読んでて幸せな気持ちになるー!
が「ナイス!」と言っています。
平子
ネタバレ現役女子高生である桃のシアターのオーナーとしての奮闘記から、公安やら国のお偉いさんまで出てきてそして三ツ野家兄妹と真礼は最終的に独裁国家テジェニスタンに集合でさてカイの選択はとか展開が面白すぎて!!イタリアで修学旅行だったのに、あの手この手を使ってカイのところまで行こうとするんだからすっかり悪い子。冬基の母薫の自殺の原因や桃の出生のルーツも明かされて来たので、物語も大きく動き出しそうで続きも楽しみ!
が「ナイス!」と言っています。
平子
ネタバレ今で守られているだけだったアルティリエがついに戦場(社交界)へ。胃袋をがっちり掴むだけではなく、中身が33歳なのもあり冷静に自分の出来ることをやり相手の信頼を勝ち取っていくのでストレスなく読み進められて良いです。表舞台に立つようになって、色々な登場人物も増えてついに殿下の同母妹であるアリエノール王女殿下が出ててきたけど結構な兄上バカでこれはめんどくさそう。ただルティアは気づいてないかもだけど、殿下の執着は半端なさそうで危険。幼妻はまた陰謀に巻き込まれての次巻!なので早く読みたい。
が「ナイス!」と言っています。
平子
ネタバレ前作で母親に利用された栄氏を母に持つ第六皇子秀麒がヒーローで育ちのせいか、歴代のヒーローの中で卑屈かつちょっとひねくれ者で癇癪持ちという扱いにくさだったけど、色々と玉兎の粘り勝ちだと思った。栄氏が復讐として大罪を起こして一族が根絶やしになったけど、そのせいで愛する者たちを失った人もいるとちょっとやるせない気持ちに。そして相変わらず、報われない恋が多くて切ないよこのシリーズ。
が「ナイス!」と言っています。
平子
ネタバレ異世界に(本の世界)突然飛ばされて、そこで男の子と出会い一緒に協力して進んでいくという王道展開なのだけど、母親との関係に悩んでいたユウキがこの不思議な経験を通して母親に素直になれたのにいいなぁと思ったし、個人的にユウキと同じぐらいの年齢の人たちは共感できるのではないかな?と。お姫様な王子様のクリスではなく、物語のヒロインは「夕姫」である彼女だったというのがドラマチックだな、と。ユウキとの出会いのおかげで男に戻ることにしたクリスだけど、ラストはさようならなのでちょっと切ない気持ちに。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/06/17(2351日経過)
記録初日
2011/06/17(2351日経過)
読んだ本
890冊(1日平均0.38冊)
読んだページ
229149ページ(1日平均97ページ)
感想・レビュー
889件(投稿率99.9%)
本棚
0棚
性別
URL/ブログ
http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/
自己紹介

少女小説を中心に読みながら、のんきに暮らしています。活字メインだけどコミックも大好きです。最近はTLもBLも読んで雑食気味

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう