読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2022年の読書メーターまとめ

ルシフ
読んだ本
34
読んだページ
9926ページ
感想・レビュー
18
ナイス
25ナイス
月間平均冊数
2.8
月間平均ページ数
827ページ

年間・読書メーターまとめ

年間でナイスが多かった感想・レビュー

ルシフ
暗黒の森よりもさらに暗い世界へと進んでいく宇宙で、それでもなお生き続け、背負い続ける……。圧巻のスケールで展開される超巨編ながら、結局、直に目の当たりにすることはなかった遠く離れた異星文明とも、実は共有しえる何かがあったと感じさせる普遍的なイメージと描写力。大変なところまで連れて行ってくれました。傑作。
が「ナイス!」と言っています。
ルシフ
シン・ウルトラマン後の今こそ読むべき!と思って買ってきた故・小林泰三のウルトラマン小説。オタク的アプローチがシントラと似通わずとも遠からず、という感じで興味深い。前半はいつものいちびった理屈っぽい小林泰三小説だが、段々と筆が滑ってノリノリのウルトラマン小説になってくる。平成ウルトラまで手を伸ばし、意外に守備範囲が広いのも面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
ルシフ
ちょいちょいノベライズも書く大石圭だが、何かしらイズムが一致する作品に限定しているイメージね。オチは変えたりするけれど……。映画は未見。 で、今作はと言うと本当にこういう話の映画なんですか?と思ってしまう大石圭イズムあふれる作品で、悲愴なまでの性描写と清々しいラスト、ヘタウマな名文と、どっからどう切っても大石圭だったな……。いつか、映画も見てみよう。
が「ナイス!」と言っています。
ルシフ
がんと介護と、する方かされる方か、やがて来るかもしれないその日に備えて読むわけだが、当たり前だが闘病も介護もこのエッセイの終了時点ではそのまま続いており、まあそりゃそうだよな……。それも含めて人生。あとは如何に対するか。
が「ナイス!」と言っています。

年間でナイスが多かったつぶやき

つぶやきはありません

年間で読んだ本34elkイメージ

1月2

4月2

5月1

6月3

7月4

8月6

9月7

10月4

11月1

12月4