読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

Myrmidon
読んだ本
9
読んだページ
1679ページ
感想・レビュー
8
ナイス
61ナイス

9月に読んだ本
9

9月のトップ感想・レビュー!

Myrmidon
ネタバレうごご。後半の谷垣まわりが怒涛の展開過ぎる。鯉登少尉は以前と違うキャラになっているのは分かっていたが、そういうスタンスか。イデオンのギジェを思い出したのは自分だけではないと信じたい(笑)。ウパシちゃんイベントだけはちょっとよくわからんが、杉元の二面性の再確認なんだろうか。だとすると、ここからけっこー凄惨な展開になっていくかも。やや唐突だったが、杉元死亡フラグの一つ目か。
が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
8

Myrmidon
ワシントンポストに出された「歴史事実委員会」(櫻井よしこなど)による意見広告に対して反論する形での、日本軍「慰安婦」に関する基本的知識のまとめ。60ページとすぐ読めるが、入門的書籍としては大変良かった。暴行・脅迫を用いたいわゆる「狭義の強制」は勿論、欺罔・甘言・人身売買による「広義の強制」(この用語は他の解釈もあるようだが)も、戦前でも既に違法であったとか、軍が主体的に関与した慰安所は日本とドイツにしか確認できないとかは知らなかったな。違法でも、軍の要望により取り締まられなかったようだが。勉強になった。
が「ナイス!」と言っています。
Myrmidon
面白い。「過酷なバイトが好きだ。どんなに私がトロくてヘボくても大して怒られないから」というセリフがサイコーだな。ただまあ、主人公が29歳女性だから読んでられる部分はあるな。これが49歳男性とかだと読めないだろう。現実には大勢いるんだろうが(自閉症スペクトラムの発生率は男性が女性の約4倍らしい)。うん、ダメな人がダメなまま楽しく生きていける世界を作ろう。
が「ナイス!」と言っています。
Myrmidon
ネタバレうごご。後半の谷垣まわりが怒涛の展開過ぎる。鯉登少尉は以前と違うキャラになっているのは分かっていたが、そういうスタンスか。イデオンのギジェを思い出したのは自分だけではないと信じたい(笑)。ウパシちゃんイベントだけはちょっとよくわからんが、杉元の二面性の再確認なんだろうか。だとすると、ここからけっこー凄惨な展開になっていくかも。やや唐突だったが、杉元死亡フラグの一つ目か。
が「ナイス!」と言っています。
Myrmidon
ネタバレうごご。後半の谷垣まわりが怒涛の展開過ぎる。鯉登少尉は以前と違うキャラになっているのは分かっていたが、そういうスタンスか。イデオンのギジェを思い出したのは自分だけではないと信じたい(笑)。ウパシちゃんイベントだけはちょっとよくわからんが、杉元の二面性の再確認なんだろうか。だとすると、ここからけっこー凄惨な展開になっていくかも。やや唐突だったが、杉元死亡フラグの一つ目か。
が「ナイス!」と言っています。
Myrmidon
途中でギブアップ。第1章はまだ良かったが、第2章の「遺伝と環境」の話はゴミ過ぎる。学問的主張になっていない。「遺伝が個人の能力を決定する側面がある」ことを示すのに有名人の具体例を上げるだけ。ドーキンスの「利己的遺伝子」に関する部分は筆者が内容を理解していない。IQに関する問題点もしかり。筆者の学問的能力、学者としての誠実性を疑う。確認したところ、自分は同著者の本を一冊だけ読んだことがあったらしく、やはり「筆者の主観的意見が多い」と同様の感想だった。同著者の本はもう読まないつもり。
が「ナイス!」と言っています。
Myrmidon
クワガタを愛しすぎたヒトたちのレポ。自分はコレクター気質があまりない上に昆虫大好きマンでもないため、「共感」は出来ないが、傍から見ればバカらしい何かに全てを捧げている人々を見るのは楽しいものだ。今の若者たちにもこーゆー愛すべきバカな連中がいるんだろうか。もしその情熱がスマホゲームとかに向かっているなら寂しいが。
が「ナイス!」と言っています。
Myrmidon
ネタバレうむうむ、面白いぞ。やはり長谷川センセイは負け戦の方が筆が冴えるのではなかろうか。哀しき愛国者ポニャトフスキ(実像は分からんが)、ジュノーなど次々に人が死に、安定のクズ感のミュラーはナポレオンを見放す。タイユランと皇帝の何とも言えない関係性など、見どころ沢山。スペインの地獄感もたまらんですね。
が「ナイス!」と言っています。
Myrmidon
ネタバレサタンさまがかわいそうだが(笑)、背景事情もほぼ明らかになり、次は神との決戦へ。面白すぎる。最後はきちんと主人公たるスグルが締めてくれたぜ。往年の名(迷)ゼリフがここで輝くとは。最近のスグルは何か「中国的な徳」を感じる気がする。劉邦とか劉備的な。一つ気になったのは、「少し前まで」超人墓場にいたというディクシア。え、今は・・・。これは兄弟対決or兄弟タッグの伏線か。運命の五王子は単なる「ファンサービスとしての、1戦だけの復活」かと思っていたが、ガッツリ本筋なのか。期待しよう。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/08/13(3368日経過)
記録初日
2011/08/15(3366日経過)
読んだ本
1291冊(1日平均0.38冊)
読んだページ
283444ページ(1日平均84ページ)
感想・レビュー
1186件(投稿率91.9%)
本棚
1棚
性別
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう