読書メーターあなたの読書量を記録・管理

6月の読書メーターまとめ

Koji Takahashi
読んだ本
13
読んだページ
3078ページ
感想・レビュー
13
ナイス
98ナイス

6月に読んだ本
13

6月のトップ感想・レビュー!

Koji Takahashi
【鬱とは人間関係が原因の不調】 鬱を克服するには自分を必要としてくれる人が必要なんだ。 人間関係が原因だから、「人くすり」が最も有効なんだ。 本当は鬱にさせるような人間が一番病んでると思う。
陽子
2018/06/27 21:34

鬱にさせるような人は、人を追い込んだことに気がついていないことが多いような気がします。そういう意味で「病んでいる」というのは共感できます。

Koji Takahashi
2018/06/27 21:41

コメントありがとうございます。 人に迷惑をかけていることを自覚できない「病んでいる人」がパワハラやセクハラをやるのだと思うのです。

が「ナイス!」と言っています。

6月のトップつぶやき!

Koji Takahashi

2018年5月の読書メーター 読んだ本の数:13冊 読んだページ数:2882ページ ナイス数:86ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/131310/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

6月の感想・レビュー一覧
13

Koji Takahashi
精神疾患がある人達の強みが少しだけでも感じられる文章、詩を読むことができた。
が「ナイス!」と言っています。
Koji Takahashi
【精霊】 人は産まれたばかりは精霊、母親によって人間として迎えられるか、天に返されるかを決められる。 簡単には受け入れられないことではあるが、ヤノマミにとってそれは正しいのだ。文化汚染をし、病原菌を持ち込む「文明」の価値観で捉えることが正しいとは言えないのだ。 シャーマンは幻覚剤を使い精霊とやり取りし、時には病を治癒させる。ヤノマミにとって精霊=幻覚、幻聴は尊いものなのだろう。日本では幻覚=精神疾患となってしまうことが多いが、占い師とか予言者なんかも一種の幻覚、幻聴なのではないだろうか?
Koji Takahashi
2018/06/27 17:46

幻覚、幻聴は上手く使うことができるものなのではないだろうか? ヤノマミの様な異文化に比べれば、認知症も統合失調症も、我々と「ほぼ同じ」ではないか!そう思えば差別も見下すことも無くなる。

が「ナイス!」と言っています。
Koji Takahashi
【鬱とは人間関係が原因の不調】 鬱を克服するには自分を必要としてくれる人が必要なんだ。 人間関係が原因だから、「人くすり」が最も有効なんだ。 本当は鬱にさせるような人間が一番病んでると思う。
陽子
2018/06/27 21:34

鬱にさせるような人は、人を追い込んだことに気がついていないことが多いような気がします。そういう意味で「病んでいる」というのは共感できます。

Koji Takahashi
2018/06/27 21:41

コメントありがとうございます。 人に迷惑をかけていることを自覚できない「病んでいる人」がパワハラやセクハラをやるのだと思うのです。

が「ナイス!」と言っています。
Koji Takahashi
【幸せな生き方】 1〈今、ここに集中している〉 過去を語ること無く、未来の計画を立てない。故に「心配する」ということが無く笑顔でいられるのだ。 2〈自分で見たもの、聞いたもの、感じたものしか信じない〉 だから私は能書き垂れは信じないのだ。自分でやっていること(過去ではなく現在)を伝える人を信じるのは私が持ち続けている『ピダハン力』の一つだろう。
Koji Takahashi
2018/06/24 05:44

3〈自分も正しい、相手も正しい〉 進んだ文明なのだから原住民より上…ではない。どんなに便利なものでも不要と言われればそれまでだ。不要なものを受け入れることが幸せになると思い込むのはエゴだ。「違い」を受け入れることがお互い幸せだ。 認知症も統合失調症もピダハンに比べれば「ほぼ自分と同じ」と思えばなんてことはないわけだ。

が「ナイス!」と言っています。
Koji Takahashi
一生懸命に生きている人は応援したくなるもの。 色々あるよね…と受け止めるマスターに憧れます。
が「ナイス!」と言っています。
Koji Takahashi
精神障害者がイキイキするために3つの大切なポイント。 ①金(社会的関係) ②色気(家族的関係) ③名誉(自分自身との関係) この3つを「縦×横×高さ」の直方体のように捉えて、その直方体を大きくする援助が必要だということ。 これらの1つもしくはそれ以上が著しくかけるから精神疾患で苦しむのだろうと思う。
が「ナイス!」と言っています。
Koji Takahashi
まずは一回通して読んだ。 赤ペンでたっぷり汚した。 後は何回読めるかだ。 来年1月までの恋人😊
が「ナイス!」と言っています。
Koji Takahashi
【生きるためのケアをしたい】 1、大前提は「嫌がることをしない」 その為の基準 ①声と表情を観る ②自分が同じ事をされたらどう感じるだろう? 2、「仕方なく来たけど、ここでの生活も捨てたもんじゃないな」と思ってもらえる 「マイナスをゼロに近づける」様なケアをしたい。 3、ヨーロッパは「死にたくない」 アジアは「生きたい」 日本はヨーロッパに近くなっているかもしれないが、「生きたい」と思ってもらえるようなケアをしたい。 そして「生きたい」と思っている人をケアしたい。
が「ナイス!」と言っています。
Koji Takahashi
【緊張と勇気】 1.緊張は味方だ。 「過緊張」は調整して「適正緊張」のレベルにする。「程良いテンション」だ。 逆にリラックスし過ぎも良くない。集中力が足りない。「テンションを上げる」調整をする。 2.「フォーミーをフォーユー」にする。 準備もなく必要以上に自分を良く見せようとすることが緊張に繋がる。「相手を喜ばせる」「相手の為になる」という考え方は「衆人環視」から自分を解き放つだけではなく、活き方としても身につけたい姿勢だ。 3、直前にルーティン 打席に入るイチロー選手、キック前の五郎丸選手の様に忙しく!
が「ナイス!」と言っています。
Koji Takahashi
【人間らしく介護】 1、〈自己決定より共同決定〉 ケースワークの原則では「自己決定」が大事だとあるが、発語ができない人ならどうする? 横に並んで一緒に考えれば良い。 〈受容より相性〉 人間には好き嫌いがある。最低限の仕事をした上で、相性が悪いと思うなら相性が良いと思う人に任せれば良い。 2、介護の仕事とは 「金に負けない人生の選択」 痛快な言葉に出会った! 3、現場の優れた介護職は〈直接観て、聴いて、感じた〉ことしか信じない。 理屈や能書きや医療⁉︎なんて糞食らえ!今ココなんだよ!…ということなんですね。
が「ナイス!」と言っています。
Koji Takahashi
【覚悟と準備】 災害はどこでいつ発生するか誰にも分からない。 私が住んでいる北海道でも発生する可能性がある。 震災時に早い時期に動けるのは近隣の陸続きの地域だったようだ。 故に北海道からは目立った活動が記されていない。 ということは北海道内で災害が発生した時は、北海道内の災害の被害が少ない地域が真っ先に動くことになるのだろう。他の都府県とは違うことも想定される。 先ずは介護福祉士の国家資格を取得する。 災害時ボランティアの研修を受講する。 今は介護では無い福祉職ではあるが、勉強は続けよう。
が「ナイス!」と言っています。
Koji Takahashi
「お前の考えは会社の方針に合わないから直せ」と言われたことがある。「従業員を大切にすることで、その従業員が良いサービスをする」という考え方で仲間を盛り上げて、全国表彰までされたのが気に入らなかったらしい。 それからは「どうやって辞めさせようか」と考えていたのだろう。発言や行動に出ていた。特に異動は「見せしめ」そのものだった。 その会社は毎年全社員の10%が退職していく。 残った社員は今日も「支配」の中で、自分を殺してすり減っているのだろう。 皆が哀れな会社だった。この本に出会って人生を取り戻して欲しい。
が「ナイス!」と言っています。
Koji Takahashi
【オキシトシンまみれの人生を送る】 「親切」によって脳からオキシトシンが出る。オキシトシンによって幸福を感じるという連鎖。「親切」はされて側はもちろん、した側も幸せにする。 オキシトシンが出るとNO(一酸化窒素)が血液中に溢れ、血管や心臓を強くする。血圧が下がり、心臓病にもなりにくくなる。肌のアンチエイジングにもなる、汚い肌のおばちゃんは…🤔 「みんなが期待するような人間ではなく、自分らしくなろうと覚悟を決めることも、自分への「親切」だ。」 これ扱いは少なかったけど、とても重要!
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/08/29(2517日経過)
記録初日
2011/09/01(2514日経過)
読んだ本
582冊(1日平均0.23冊)
読んだページ
128615ページ(1日平均51ページ)
感想・レビュー
547件(投稿率94.0%)
本棚
11棚
性別
年齢
50歳
血液型
A型
職業
専門職
現住所
北海道
外部サイト
URL/ブログ
http://www.facebook.com/profile.php?id=100000165631827
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう