読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2月の読書メーターまとめ

T.Y.
読んだ本
14
読んだページ
2000ページ
感想・レビュー
14
ナイス
544ナイス

2月に読んだ本
14

2月のトップ感想・レビュー!

T.Y.
青空文庫にて。哲学者の金井湛は世間が文学における性欲描写を真に迫っていると称えるのを見て、自分が性に関して冷淡ではないかと疑念を抱き、自分の性遍歴を書いてみようと思い立つ。幼少時の経験や性への好奇心、学校の寄宿舎での経験、吉原体験…虚実の境は必ずしも定かでないが、自伝的空気を漂わせた一遍。一部を除いて外国語の用語や人名が原語表記で色々出てくるので、理解には相応の知識を要する。当時の風俗を伝えるものとしては描写も優れており一級品。主人公の性に対して冷めた視線がまた客観性を感じさせるのもあるか。
が「ナイス!」と言っています。

2月のトップつぶやき!

T.Y.

2017年1月の読書メーター 読んだ本の数:24冊 読んだページ数:5649ページ ナイス数:872ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://elk.bookmeter.com/users/295493/summary/monthly 冊数を稼いだだけ、実質は多くはない。やっぱり『虚実妖怪百物語』、学術書ではCanalesとBensaude-Vincentの著作を読了したのが収穫。

が「ナイス!」と言っています。

2月の感想・レビュー一覧
14

T.Y.
持続、生の跳躍といったベルクソン哲学の主要な議論は科学とのいかなる対決に基づいているのか。内在としての持続や生を捉える哲学にとって、外的認識たる科学はどう寄与するのか。ベルクソン哲学を単なる「内在の哲学」としての読むことを退け、超越においてこそ内在の平面が構築される哲学として理解する。科学との協働というベルクソン哲学の方法論に関する研究としては同意するところ大。ただベルクソンの同時代だけでなく現代科学への言及もあるものの、タイトルの割には科学への言及は断片的な印象も。
が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
青空文庫にて。哲学者の金井湛は世間が文学における性欲描写を真に迫っていると称えるのを見て、自分が性に関して冷淡ではないかと疑念を抱き、自分の性遍歴を書いてみようと思い立つ。幼少時の経験や性への好奇心、学校の寄宿舎での経験、吉原体験…虚実の境は必ずしも定かでないが、自伝的空気を漂わせた一遍。一部を除いて外国語の用語や人名が原語表記で色々出てくるので、理解には相応の知識を要する。当時の風俗を伝えるものとしては描写も優れており一級品。主人公の性に対して冷めた視線がまた客観性を感じさせるのもあるか。
が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
今回は標高の低い千葉県で石切場のあった鋸山、地元の朝日山と低山を経て、箱根の大涌谷、群馬の浅間山、そして箱根リベンジで金時山から箱根湯本まで縦走。受験生のかえでは来なくなったが川に行き(水着回)大岩でボルタリングする場面も。グッズでは時計のエピソードあり。個人的には明るいと液晶が見え辛いんでデジタルは苦手だが…。カメラに凝りすぎて本末転倒のほのかとか、本格的な高山への挑戦は控えて山の色んな楽しみ方を描いてるのがポイントかな。火山情報への注意に触れつつ、火山の恩恵たる温泉をセットで描いてるのも良かった。
が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
死んで異世界に転生するにあたり「強くて可愛い身体になりたい」と願った少女はシャチの魔物に転生していた…その巨体とパワーで敵を叩き潰し、人化して美少女になり彼氏ゲットを目指してオル子の旅が始まる。仲間も魔物だけど人型(しかも美少女揃い)だというのに主人公は徹頭徹尾シャチ、しかもシャチなのに陸生。ネタとしては人外に転生する系も増えてきたのでこの位では驚かない。まあおバカなオル子の軽妙で妄想全開の一人称により軽く楽しく読めたのは事実。オチも言わずもがなの感あり。ミュラの正体とかは今後回収のネタ?
が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
植物に虫こぶ(ゴール)を作る昆虫達。その分布、生活史、生態学的な働き…著者の研究人生を語るこのシリーズの中でも本書は特にその面が強く、高校の生物部に始まる生物研究の半生を追った形になっていて、一連の研究を体系的に解説したものではない。と言うか虫こぶ形成に関わるホルモンの詳しい働きは結局未解明とか、まだまだ謎が多い模様。他方で海外生活を含む体験談や教育についての経験も面白く読めた。口絵を見て、自分がいつぞや見た葉の膨らみもやはり虫こぶだったのか? と思い返す。今度見たら確かめてみたい。
が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
茅野市中ツ原移籍で発見された土偶「仮面の女神」。発見時の状況と発掘過程を写真記録により詳細に伝える。足の裏の網代痕など展示では見られない部分の写真、さらにはレントゲン写真による内部構造も。巻末の解説では、大きく破損していた右足は人為的に壊されたものである可能性が高いことも論証。これほどの完全な状態のものが現代に残っていることの驚きとその学的価値もよく分かる。
が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
新たなリンの同類にして彼女を敵視するライバル、記憶を消す消灯会のワン登場。対決に入るかと思いきやこの巻でそうはならず。ヘボ探偵の話は身も蓋も救いもないギャグかと思いきや次に続いて、さらに前のネタに繋がるとは。まあ『ムラームラー』の内容は以前の印象からするとかなり意外だったが。その後は1853年の話。過酷ながらいい話だが、同時にあらゆる時代に出現するリン達の過去にも仄めかしが…。読み切りの「本家版」と「元祖版」も収録。後者は読みづらいけどサイケデリックさと描き込みに一読の価値あり。
が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
再読だが昔持ってたのが行方不明で買い直した…時は大正7年、花村紅緒は滅法剣道の強い17歳の女学生。伊集院少尉のもとに嫁げ、祖父の代から決まっていたことと父に言われるが、新婦人は恋も自分で選ぶもの、縁談ぶちこわしに挑む。紅緒の親友で伊集院少尉に恋していた環との間にしても、引っ張らずにすぐ事情が発覚してサクサク進むのがいい。紅緒の活躍が痛快、色気がなくてガサツで酒乱でも皆に愛されようというもの。今読むと当時の婦人運動とか源氏ネタとかよく分かるので一層楽しい。女装男子の先駆け?(女形)幼馴染みの蘭丸は不憫だ。
が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
劉邦軍に軍師として参加した張良の初陣。甯君から兵を借り碭の街を攻める。かなり危うい策を窮奇の一喝で可能に転じる辺りがいかにもこの作者の作風。史書に登場しない人物に大手柄を挙げさせないという点で原典に忠実でありつつ独自に魅せる工夫がこれか。今回も黄石の眼力が頼れること、神懸かり的である。軍師の謀は人でなしの業と自覚して震えてるのも良かった。冴えないオッサンに見えた劉邦もどこまでも無謀な策に乗ることでいい味を出してきた。項羽と出会うであろう次巻は更なる盛り上がりが期待できそうで楽しみだ。
が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
漫画の方はスピンオフというか各キャラを描いた短編エピソード集。原作小説は男の娘キャラ岩橋博美視点での「岩橋君の独り言」を収録。原作だとそもそも影の薄い田中副会長のファンであった岩橋君を垂葉と絡ませるなど、ここでも漫画版が主人公の存在感を出して話を進めるべく工夫しているのが分かる。巻末は中田考のインタビューとtwitterつぶやき集。今までほど濃くはないかな。
が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
演劇部部長でもある石造無碍に呼ばれ、愛紗をカリフから引きずり下ろすための演劇に参加させられる垂葉。同時にカリフについて知るためアラビア語講師の白岩先生から講習を受ける羽目になり…。原作小説(該当する内容の前半)も同時収録。方向性は分かってきた。原作者インタビューは同性愛についてで作中にもその要素があるが、BLとか何でも詰めりゃいいってものじゃないとも思う。幼馴染みのメクとの会話は悪くないが、愛紗との会話が少なすぎるのが難かな。後アラビア語文法を紙1枚に詰められるとして、文字と発音にもう1枚要る気がする。
が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
作画・天川マナルによる制作秘話と中田考による設定解説(天馬家のルーツや名前の由来、愛紗が兜を被っている理由等)もあるが、半分以上は原作小説(内容は漫画版1巻に相当)を収録。漫画版は衝撃的な場面を冒頭に持ってきて、愛紗が生徒会長に当選した理由を説明し、そこで主人公を活躍させる等工夫している一方、原作は結構詳細に設定を語っているのが分かる。しかもエピローグまで決まってる模様。やはり天馬家の話は日ユ同祖論のもじりっぽい。会話文はそれほど違和感なく、長い説明台詞もありかと。難は情景描写にありか。
が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
今回は馬肉チャーシュー、キーマカレー、チキン南蛮、祭屋台の肉料理に牛カツ、そして最後はコラボで「牛角」のメニューを扱う。肉1本でこれだけ書けるのは流石。ちょっと胃もたれしそうだが。女子3人はすっかり仲良くなり、3人で食事に行く会も2度。狼谷は新しい恋を見つけるもさっそく……彼女は失恋して泣きながら食べるキャラで定着してしまうのだろうか。ほら、鷹木はもう影が薄くなってきた。犬塚と食事に行ったものの彼女には反応しなかった(らしい)のが今後生きてくるのか? ここまでのところ基本は女達の世界である。
まろんぱぱ
2017年02月28日 12時36分

T.Y.さんナイスありがとうございます(o ̄∇ ̄o)♪鷹木、かわいそう、けど、同情も共感もできない(笑)

が「ナイス!」と言っています。
T.Y.
雑誌で見覚えのあるエピソードが一部。『コミックビーム』不定期掲載の連作に『ファミ通』の「読もう!コミックビーム」4コマを合わせたもの。いずれも日記漫画で、漫画喫茶暮らしから伊豆の別荘へと移動する生活を描く。独特の人との出会いや別荘での野生動物との戦いの日々だが、しばしば妄想や動物ばかりの夢エピソードが入るシュールなテイスト。それも枯淡の味わいで上手く統一されているかと。時期的には『日々我人間』と同時期だが、頁数の分そうやってネタに広がりがあるのがこっちの特色になっている。しかし漫画の中の姉は変わらないな。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2012年12月18日(1563日経過)
記録初日
2012年10月24日(1618日経過)
読んだ本
1410冊(1日平均0.87冊)
読んだページ
339899ページ(1日平均210ページ)
感想・レビュー
1410件(投稿率100.0%)
本棚
33棚
性別
年齢
34歳
血液型
A型
職業
大学生
現住所
京都府
外部サイト
URL/ブログ
http://aichikengei.blog40.fc2.com/
自己紹介

愛知県立芸術大学卒、現在は京都大学大学院在籍中の学生。
専門は哲学、趣味はサブカルチャー批評。

ライトノベル等の詳しい感想・批評はブログにて。

洋書の場合、日本のAMAZONに原書がなくて翻訳があれば、翻訳で代用……という方針でしたが、版の違い等々が問題になることもあるので、正確なデータのためにどうするか考え中。
原書をオリジナル登録することもあります。

なお、大量に買った本を気まぐれで手に取ったりするので、「読んでる本」と「積読本」の区別はあくまで目安です。