読書メーターあなたの読書量を記録・管理

6月の読書メーターまとめ

florine
読んだ本
11
読んだページ
2545ページ
感想・レビュー
11
ナイス
102ナイス

6月に読んだ本
11

6月のトップ感想・レビュー!

florine
2018年本屋大賞をぶっちぎりで獲得と聞き期待しすぎてしまった。タイトルから大人向けミステリーを想像していたら、中学生の不登校話でビックリ。心情は丁寧に描写されているし、私自身小学校時代いじめを受けた経験もあるのでつまらなくはないのだが、肝腎のカラクリが中盤で分かってしまい後半が消化試合になってしまった。気付かせないための設定も不自然な部分が多い。でもラストは伏線が回収され綺麗にまとまっているので、素直な若者はさぞかし感動する事だろう。
が「ナイス!」と言っています。

6月のトップつぶやき!

florine

【読書メーターの献本プレゼントに応募しました!】プレゼント作品は『あの家に暮らす四人の女(中公文庫)』で、著者の三浦しをんさんサイン入りで20名様にプレゼント致します。応募受付は7月2日(月)の正午まで。応募はこちらから→ https://bookmeter.com/giftbooks/267

が「ナイス!」と言っています。

6月の感想・レビュー一覧
11

florine
ナヴァルのアンリは出来た男かと思っていたのに、最初からヴァロアの女を信じてはいなかったらしい。そしてめっぽう女に弱く、マルゴの侍女達に次々と手をつける。子供が産まれたらマルゴと離婚してお前を王妃にすると約束したり、いつの間にかひどく残念な男になってしまったようだ。そんな男でも愛せるのかマルゴよ。この時代の王家の娘は政治の道具で、不本意な結婚を強いられた後は毎年のように子供を産まされ、27歳で歯がボロボロ。それでも下町の娼婦になったり餓死したりする庶民よりはいいのかもしれない。それにしても25歳で中年とは。
が「ナイス!」と言っています。
florine
シビアな話が多くなったが、相変わらず中身が濃くて興味深い。ハーピーはちょっと怖かったけど、シェイプシフターの偽物探しは面白かった。ナイトメアが二枚貝だったとはおったまげ。新しく加わった猫娘が次巻で何をしでかすか楽しみだ。
が「ナイス!」と言っています。
florine
ピグマリオンの神話が好きでタイトル買い。昔の少女マンガらしい少女マンガでした。
が「ナイス!」と言っています。
florine
昔読んだ事があり、記憶を確認したくなって購入。概ねちゃんと覚えていた。これぞ昔の少女マンガ!という感じ。
が「ナイス!」と言っています。
florine
数学が一番得意だった時期が私にもありました。が、高校数学で早くもアップアップになり、思考回路の違う友人と接し自分は天才ではなかったと知る。その後は点の取りやすい文系に進んでしまいました。はじめ君のように数学で世界を知る事が出来たら楽しいでしょうね。同時に苦しいのかもしれませんが。
が「ナイス!」と言っています。
florine
ネタバレ連載が終わった40年後に始まったエピソード編。そのラストを締めくくるのはロザリー編だった。オスカルの名前はスウェーデンのオスカル一世から拝借したものだったとは知らなんだ。他にもファビアン・ノーベルによって現代のノーベル賞の存在までつなげたり、ベルばらの世界を見事に収束させていた。しかし何と言ってもジェローデル!この件はあちらの著者様に許可を取ったのだろうか? 古巣マーガレットにエピソード編を掲載できて幸運だったという「おわりに」が、これで最後だという事実を静かに告げていて寂しい。
が「ナイス!」と言っています。
florine
小森香折の小説『ニコルの塔』がレメディオス・バロの絵からインスピレーションを得たという話を読み、発想の元になったという『塔へ向かう』『地球のマントに刺繍して』『逃亡』の自伝的三部作をネットで確認。あまりにも好みの絵だったため、もっと色々と知りたくなった。女性の立場や仕事、異性との出会いや解放、そして創造など、自身を探求していく過程を表現しているように思えるが、やはり彼女の描く不思議な世界をひたすら自然に感じていたいというのが本音。シュールレアリズムといえばダリしか知らなかったが、彼女の絵に出会えて幸運。
が「ナイス!」と言っています。
florine
ラジオドラマNHK青春アドベンチャー「ニコルの塔」を聞き、地球のマントに刺繍された物が本物になるという設定に惹かれ原作を確認。刺繍の針路指定図も興味深かった。あとがきに、レメディオス・バロの『塔へ向かう』『地球のマントに刺繍して』『逃亡』の自伝的三部作からひとつの物語を思い立ったとあり、絵も確認。実に私好みの絵で、なるほどこの三部作の通りの話だと納得した。地球のマントや聖レメディオ修道院、猫のサルヴァドールなどのネーミングをはじめ、レメディオス・バロやシュールレアリズムへのオマージュ満載な話なのであった。
が「ナイス!」と言っています。
florine
2018年本屋大賞をぶっちぎりで獲得と聞き期待しすぎてしまった。タイトルから大人向けミステリーを想像していたら、中学生の不登校話でビックリ。心情は丁寧に描写されているし、私自身小学校時代いじめを受けた経験もあるのでつまらなくはないのだが、肝腎のカラクリが中盤で分かってしまい後半が消化試合になってしまった。気付かせないための設定も不自然な部分が多い。でもラストは伏線が回収され綺麗にまとまっているので、素直な若者はさぞかし感動する事だろう。
が「ナイス!」と言っています。
florine
電子書籍無料にて。前にも無料で読んだかもしれない。車をぶつけまくるところ、なんとなく覚えているような。という程度の記憶力なのが情けない。でも面白かった。一見しょうもない男女に見えて、実は色々あるのが心地よい。
が「ナイス!」と言っています。
florine
電子書籍無料にて。これは前に読んだ事があった。トイレをカッポンカッポンするところと、編集からの電話に「クソやろうっ てめェブタのケツっ」と怒鳴るところは印象的。でもラストは覚えていないというお粗末。しかしくらもちふさこさんの描く男子はカッコイイなぁ。中山手線の時からずっと恋してる気分。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/10/07(3209日経過)
記録初日
2009/09/28(3218日経過)
読んだ本
768冊(1日平均0.24冊)
読んだページ
197654ページ(1日平均61ページ)
感想・レビュー
567件(投稿率73.8%)
本棚
1棚
性別
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう