読書メーターあなたの読書量を記録・管理

6月の読書メーターまとめ

ぴよ子
読んだ本
66
読んだページ
12865ページ
感想・レビュー
27
ナイス
423ナイス

6月に読んだ本
66

6月のお気に入られ登録
3

  • W-G
  • Icene
  • ちゃーん

6月のトップ感想・レビュー!

ぴよ子
夫とUFOが好きだった。あと、ふとしたことから両親が離婚しそうだということが分かってしまう姉弟の話もよかった。
が「ナイス!」と言っています。

6月のトップつぶやき!

ぴよ子

2018年5月の読書メーター 読んだ本の数:47冊 読んだページ数:7981ページ ナイス数:566ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/657307/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

6月の感想・レビュー一覧
27

ぴよ子
いろんなトレーニングが載ってるのかなーと思ったけど、最初は割と文章が多く、そしてやたら「海外では・・・」というのが気になった。「ラテンの国ではホームパーティの時、カップルが盛り上がると消えてベッドルームでセックスして、そのあとまた戻ってくる」ここもまあラテンの国ですが、そんな話聞いたことない(笑)むしろホストだったらずっといないといけないし、人の家で勝手に盛り上がってセックスとか絶対やめてほしい(笑) エクササイズ自体はまともで、やってみようかなーと思えるくらい簡単ですぐできるものでした。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
最初の、事件当時についての記述部分の感想としては、中二病をこじらせてこういう風になるのかななんて思った。残虐な気持ちになったりとか、性の目覚めとか後ろめたさとか、こういう気持ちはきっと誰にでもあると思う。彼はそれを実行してしまった。この本を読んだ全体の感想としては、「これがただのフィクションの小説であれば面白かったかもしれないし、文章も上手に書けている」これが「真実に基づく手記」であることがどうしても嫌悪感をもたらしてしまう。「贖罪」とは何なのか、考えさせられる。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
夫とUFOが好きだった。あと、ふとしたことから両親が離婚しそうだということが分かってしまう姉弟の話もよかった。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
前半は読んでいてとても辛かったです。少しずつ、少しずつ読みました。夫に先立たれた麻緒の気持ちがしみてきて何度も涙がこぼれました。エンディングドレスを縫う。少しずつ時間をかけて、エンディングドレスを縫う前にいろいろなお題の物を縫う。麻緒が前向きになったのはとてもよかったですが、このタイミングで前向きになれるのかと、私はあまりそこは共感できませんでした。少しずつ立ち直る、少しずつ前向きになっていく、光が少しずつ差し込むような素敵な話でした。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
3巻に分けてもいいのではないかというくらい文庫にしては分厚くて、最初のほうと最後のほうは若干読みにくかった。でも内容は面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
面白かった。自分がもしいつの間にかホラー映画の中に入り込んでいたら、どうやって生き延びればいいのかが書いてあるHow To 本。チャッキーに襲われても、ゾンビが追いかけてきても、これに書いてあることを実行すれば大丈夫。自分の持ち物で呪われたものがないかとか、原産国で調べたり、入手法で判別したり、ドッグテストで判別。めっちゃ面白いです。ホラー映画がコメディーに思えること間違いなし。ちょこちょこ撮影とかお金関係のトリビアがあったり、ホラー映画が楽しくみられそうです。おっぱいはひたすら隠すべし!
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
号泣。綺麗に終わりました。すごくすごく素晴らしい作品でした。個人的には椿がかわいくて大好きでした。どのキャラもほんと良くて、読み終えてしまうのが残念に思えてしまうほどでした。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
面白くて一気に読みました。すごく良かった。重い話もギャグ回も、すべて楽しめました。キャラクターもすごく良かったです。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
良かった。泣いた。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
JKが死んだところから始まる物語。好きだった男の子に好きな子がいてずっと両思いだと勘違いとか、死んでも死にきれない!めっちゃ泣いた。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
完結。途中からのフミヤカットはあまり好きじゃなかったけど(笑)すごくこっちまできゅんとさせられるかわいいカップルでした。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
80年代が大好きな、イケてるグループ所属の男の子と、地味な女の子の恋の話。きゅんきゅんする。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
読んで、涙がこぼれた。冤罪弁護士、今村さんの仕事の向き合い方、そして彼の生い立ち。エリートに生まれたからこその苦悩、その辺の困っている人を全力で助けてくれる彼の仕事の仕方に感動しました。ドキュメンタリーも是非見てみたかったです。最後に描かれていた痴漢冤罪の弁護に関して、明らかな証拠があるにもかかわらずの罰金判決。やるせなくて読んでいるこっちまで憤りを覚えました。国選弁護人としてそんなにお金を稼ぐことはできずとも、信念を持っているこの弁護士さんに、心から敬服します。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
日本が大好きな外国人が書いた、日本のガイドブック、これは外国人が降り立つ空港や、駅、ホテルや大型店などで是非是非置いてほしい本だと思います。わかりやすいし面白い。私も日本の興味のある外国人におすすめしたいと思いました。 電子書籍として読んだのですが、読み取れない文字がありました。目がちかちかする蛍光黄緑に、背景ベージュで白文字とか、何か書いてあるのかなレベルで全く読めません。紙の本だったらいいのかもしれませんが、電子書籍は便利だけどこういう部分が不便だなと思いました。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
書いてあるのはたった一行。それなのに見事に怪談になっている。コンセプトも面白いが、一行だけで読む人をゾクッとさせる、文の可能性がすごいなと思った。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
この本のあとがきを読み、ちくまプリマー新書に興味を持った。 この本の内容紹介を読んだ時、内容がさっぱり分からなくて何だろうと思いながら読みました。読んでいるうちにだんだんこの本が宝物のように思えて来ました。とても良かったです。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
故郷っていいな、こういう地元愛って、うらやましいなと思いました。 私も主人公「桃郎」と一緒で、転勤族。とはいっても彼ほどたくさん回ったわけではないけれど、短い期間を過ごした学校のことをすぐに忘れてしまう寂しさ、「友達」はできたものの、仲良くなりコンタクトを取っているほど仲の良い友達はできず、記憶も薄れ、その土地の景色も思い出せない。 「でっかいことしようぜ」と桃郎、彼の好きな女の子「小麦」そして小麦が憧れる「ユキト」が繰り広げるヒロシ案での青春は間違いなく熱く、そして花火のように一瞬で、寂しさが残った。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
ゲラ読了。夫を亡くして仏門に入った看護師さんが書く「癒し」と「赦し」の本。今苦しんでいる立場の人にはとてもいい薬になるような本だと思いました。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
前向きな切なさを感じるファンタジーでした。読みやすい文章で、2時間もかからずに読めました。雪女との日々は温かく、このまま恋になっていくのかなーと思いましたが、割とあっさりした感じでした。北風小僧の寒太郎は出てくる必要あったのかな。ちょっと物足りなさも感じました。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
ここでおしまいなのかー。山って、岳でも読んだけど、一歩間違えると危険なんだなと思った。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
木々とミツヒデの展開にびっくり!!
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
色々なサッカー観戦にまつわる短編がたくさん集まった本。サッカー観戦は日本代表とかしか見に行ったことがないけれど、地域のサッカーチームとかを応援するのはとても面白そうだなあと思いました。一人で観戦する登場人物も結構いましたが、こういうのって、一人で観戦しても楽しめるんだなあと、私もスポーツ観戦に行きたくなりました。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
それぞれのキャラクターのお話。短編でしたが面白かったです。鬼光兄さん、怖い。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
お金の桁がすごかったですが、今回も面白かったです。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
推理をしない探偵。吾後田ファミリーがあすごすぎて、途中から「なんの事件だっけ」と忘れてしまっていた。読み物としては面白かったです。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
衝撃だった。原発事故をテーマにしつつもベクトルが全然違う。短いけれどよくできた作品でした。ラストシーンももの悲しさ、滑稽さ、スッキリさが混ざったような不思議な感覚を覚えた。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
中学生向けですかね。コンセプトはいいと思います。イラストや漫画で分かりやすい。でも、イラストのクオリティが低いなと思いました。1400円で結構高いので、もうちょっとクオリティが高ければいいなと思いました。ゲームとかの絵みたいで、手に取る人を選ぶと思います。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/02/23(882日経過)
記録初日
2016/02/20(885日経過)
読んだ本
8214冊(1日平均9.28冊)
読んだページ
1443326ページ(1日平均1630ページ)
感想・レビュー
1528件(投稿率18.6%)
本棚
52棚
性別
自己紹介

小説もマンガも、実用書も雑誌も結構何でも読みます。読書は、ズバリ【現実逃避】の手段です。何を読んだか忘れてしまうので、2016年2月後半から友人から借りたマンガ、Renta、EBOOKJAPAN、それと自分で持ってるマンガや小説の再読など中心。普通のコミックスなら15分もあれば一冊終わるペースの早読みです。小説もだいたい長編でも3時間あれば一冊は余裕で終わる感じ。だいたい一年で本棚の整理をして残しておかなくてもいいなという本はさっさと売る感じです。お気に入りのマンガ、小説コレクションの本棚を作るのが夢。
小説棚はこちら→https://bookmeter.com/users/657307/bookcases/11188402?sort=book_count&order=desc

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう