読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

ぴよ子
読んだ本
20
読んだページ
6507ページ
感想・レビュー
18
ナイス
409ナイス

9月に読んだ本
20

9月のトップ感想・レビュー!

ぴよ子
デパートの和菓子売り場で働く杏子のちょっとしたミステリー。読むたびにお菓子が食べたくなる!これを読んでる時に日本にいてよかった!でも練り切りは食べられなくて残念!!来年こそ!
が「ナイス!」と言っています。

9月のトップつぶやき!

ぴよ子

第3回 レビュアー大賞に応募しました 「羊と鋼の森」 https://bookmeter.com/reviewer_awards/2018/books/16

が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
18

ぴよ子
映画化されてるみたいですが、絶対に観に行こうと思いました。 本を読んだだけでも描写が細かいのでわりと頭の中で想像できるんですが、実際に映像で見てみたい! お金かかってるんだろうなー! ファッション、結婚生活、身分違いの恋、金持ちに群がるアホ女、宮殿のようなお屋敷、嫌みな言葉や嫌がらせ、もうどこをとっても女性の大好物でしょ。 読み始めたら止まらないので要注意!むしろもっともっと読みたかった!
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
上下巻で700ページ弱とかなり長かったですが、半日ほどで読んでしまいました。夢中で。 最初にキャラクターの相関図があったんですが、こんなにたくさん出てきて覚えられるかなと不安だったんですが、大丈夫でした。アクが強すぎて全員覚えられます(笑) 出てくる人出てくる人金持ち!しかも桁違いの。 貧乏人を見下す金持ちの嫌な女や親の金で豪遊する馬鹿男がたくさん。 しかも使うお金が半端ないので面白い。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
個人的にはワーキングマザーの礼子が最終的にカッコイイと思った。「子供に楽しむ親の背中を見せてあげたい」最高だと思う。これは働いているにしても働いていないにしても、自分の生き方を子供に誇れるような暮らし方がいいなということであり、別に私自身は奥さんが専業主婦でも正社員でもパートでも、生活が成り立っていくんならそれは個人の自由だと思っています。 専業主婦、ワーキングマザー、キャリアウーマン、選ぶのは個人の自由だし、選べない場合もある。すべての人にとって暮らしやすい社会になればと思った。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
はじめは落ちぶれていた吹奏楽部だけれど、基や瑛太郎の改革で全国を目指せる部を目指していく。反発や妬みもあれど、コンクールのメンバーに選ばれたくてひたむきに頑張る部員の姿には涙がこぼれる。ああ、自分も部活は違えどそんなときがあったなあと懐かしさを覚えながら読みました。  基は自分の夢を、そして瑛太郎もこれからどうするかを吹奏楽部の活動を通じて見つけていく、最後は暖かく、前向きになれる気持ちになれます。まるで雨上がりの虹のようなさわやかな気持ちになれました。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
性やジェンダーについてQ&A方式で分かりやすく書かれた本。 教育現場で使われたらいいのではないかと思います。保健体育とか。 最近はLGBTも話題になってきて、制服改革とかもあったりするけれど、きちんとわかっていない子供たちがほとんどだと思う。なので、こういった本から学ぶのはとてもよいのではないかと思った。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
すごい、すごかった。 鈴木陽子の壮絶な死から、鈴木陽子の人生をたどっていき、そして衝撃の結末!!! 帯に「奈落の先に待つ、あなたの「自由」」と書いてあったんですが、そういう自由かーーー!
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
自身もメラノーマというがんに侵されて、仕事もやめ祖母の家で暮らす佐藤奈美。 資格もなく医療現場で働くことが初めてだった奈美は、慣れない仕事に戸惑いながらも真摯に向き合っていこうとする。 物事を忘れていってしまうことに不安を覚える患者さんたちや、その周りの人たちについてリアルに描かれていた作品でした。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
「百年法」がすごく衝撃的で、思わず購入。「生きるとは」を考えさせられるようなSFでした。SFは好きじゃないけれど、こういったリアリティのあるSFは結構好きです。「代体」があったら自分は入るだろうか。そして意識が代体にいるときに自分の体が死んでしまったらどうなるだろうか。とても面白かったです。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
これ一冊あったらハロウィンのデコレーションはばっちり。 子どもが作るには少し難しそうですが、これ一冊あれば作り方が書いてあるのですぐできます。 電子で買ってはいけない本。紙で買うべき本です。 紙の感じがどうかよくわからないですが、出来上がった作品はなかなかひねりがきいていて大人も楽しめます。 というかむしろ大人におすすめかもしれません。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
いきなり完結の7巻から読んでしまいましたが、面白かったです。 是非1巻から買って読みたいなと思いました。 最初の中学生のビブリオバトル、面白いなと思いました。自分の生徒にもやらせてみたいなと思ったし、 私もやってみたいと思いました。 そして仙台の書店閉店騒動。読んでいてこちらも胃がきゅんとしめつけられるような思いがしました。 最後は亜紀が新しく店長として働くという前向きな感じで終わっていて、読後感がとてもよかったです。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
最後の子供の告白が、ぞっとしました。それまで「うーん、あまりハマれないかな。そこまでグッと来ないな。」と思ってましたが、最後の子供の告白ですごくきました!
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
面白かったんだけど、最後よくわからなくなってしまい、残念。打ち切りだったんだ・・・。最後が微妙でとても残念。真樹これ結局どうなってお坊さんになったの?最初につながってはいるけど、なんか言葉足らずというか説明足らずな感じで残念でした。すごく面白かっただけに!
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
蔵で見つけた箱の中に500年前の生きている人間が。そしてその箱の中の人の生死を左右してしまうと歴史が変わり好きだった幼馴染の女性が男になっていたり変化していた。という話。なかなか面白い。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
最初のほうは「おじさんくさいような、自分が好んで読む感じの文章ではないな。」と思っていました。しかしだんだん人間の醜い本能や欲望がむき出しに描かれてきて、ぐいぐいと引き込まれていきました。 想像してしまいうわっと目をそむけたくなる場面もありましたが、面白かったです。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
ヴィレバンで購入。なんともシュールでした。でもこれ来年売るな。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
自分の息子がある日逮捕されたらを描いた作品。友罪にもせまる息苦しさ。読んでいてどうしても親側の想いにシンクロしてしまい、何か理由があったはず、絶対相手が悪いはず!と思わずに入られませんでした。最後の翼の告白はとても苦しかったです。更生とは、教育とは、難しいことだなと思いました。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
もし友人が元少年Aだったらを描いた作品。つい最近元少年Aの本を読んだばかりだったので興味深く読みました。実際更生したとはいえ友人が人殺しだったら自分はどう対応するだろう。フェードアウトを狙ってしまうかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。
ぴよ子
デパートの和菓子売り場で働く杏子のちょっとしたミステリー。読むたびにお菓子が食べたくなる!これを読んでる時に日本にいてよかった!でも練り切りは食べられなくて残念!!来年こそ!
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/02/23(967日経過)
記録初日
2016/02/20(970日経過)
読んだ本
8261冊(1日平均8.52冊)
読んだページ
1457956ページ(1日平均1503ページ)
感想・レビュー
1573件(投稿率19.0%)
本棚
52棚
性別
自己紹介

小説もマンガも、実用書も雑誌も結構何でも読みます。読書は、ズバリ【現実逃避】の手段です。何を読んだか忘れてしまうので、2016年2月後半から友人から借りたマンガ、Renta、EBOOKJAPAN、それと自分で持ってるマンガや小説の再読など中心。普通のコミックスなら15分もあれば一冊終わるペースの早読みです。小説もだいたい長編でも3時間あれば一冊は余裕で終わる感じ。だいたい一年で本棚の整理をして残しておかなくてもいいなという本はさっさと売る感じです。お気に入りのマンガ、小説コレクションの本棚を作るのが夢。
小説棚はこちら→https://bookmeter.com/users/657307/bookcases/11188402?sort=book_count&order=desc

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう