読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

タカムラ
読んだ本
14
読んだページ
4009ページ
感想・レビュー
14
ナイス
191ナイス

4月に読んだ本
14

4月のトップ感想・レビュー!

タカムラ
こんな仕事もあるんだな~というのが一番の感想。仕事で、人前で説明することもあるので、上手なスピーチの極意については興味深かったし、他、フィクションとうたってはいるが、確実に現実の政治のあのことを言っているというのが丸わかりで、その辺もおもしろく読めた。こと葉とワダカマのじれったい関係もよかったし、全方位満足のいくおもしろさでした!
が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
14

タカムラ
この作者の本は、サラバ!に続き2冊目。自分のアイデンティティに悩む姿と奇抜な挿画、外国との絡みなどなど、共通項多め。他の本もそうなのかな。知り合いが、この作者苦手と言ってた気持ちが少しわかった。内容がなんとなく暗くて、読んでて楽しい気分になれないかも。心理描写はうまいと思う。あと、感想…ではないけど、1ページ中の文字数、少ない??
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
夫婦間の生っぽい事情と季節の移り変わり、旬のフルーツがうまく絡み合っていたと思う。言ってしまえば、単にセックスレスに悩む女の話なのに、うんざりしないで最後まで読めるのは、やはり作者の心理描写が優れているからかな。
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
ところどころ魅力的な言い回しや表現があったものの、少し冗長に感じた。特に前半。小生意気な女子小学生の(自分なりの)正論をぶつ姿に、それがよい結果をうむことには必ずしもつながらないんだなぁと、改めて痛感した。
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
こんな仕事もあるんだな~というのが一番の感想。仕事で、人前で説明することもあるので、上手なスピーチの極意については興味深かったし、他、フィクションとうたってはいるが、確実に現実の政治のあのことを言っているというのが丸わかりで、その辺もおもしろく読めた。こと葉とワダカマのじれったい関係もよかったし、全方位満足のいくおもしろさでした!
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
相変わらずの、多少のできすぎ感もあるほっこり人情劇。安定してるから安心して読めるけど、ひと波乱ほしくもある。
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
しんみりしたり、明るい未来を予感したり、世の中のちょっと変わったデートにまつわる話群。そもそも、これはデートと言うのか、というかデートの定義ってそもそも何、というかおもしろいんだからいいじゃん、そんな感想。「ランクアップ丼」と「ドッグシェア」が好き。
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
さらに明らかになる八雲のルーツ。今巻は、ホラー度が低め。ひねりもあまりなく内容が薄い気がした。七瀬のリアリティのない神出鬼没ぶりも気になる。支援者でもいない限り無理な行動範囲だよね、あれ。晴香が、普段は八雲のことを君付けで呼ぶのにモノローグでは呼び捨てなのが、いつも気になる笑。そして、後藤さんは漢!
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
登場人物がさらに増え、誰が誰だかごっちゃになりがち笑。お酒を一滴も飲めないことで、人生を損しているなんて思ったことは一度もないけど、このシリーズを読むと、お酒が飲めたらなぁって切に思ってしまう。クサイことを言ってしまうと、作者のお酒に対する愛を感じる。
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
初めは主人公の斜に構えて文句多すぎなところにイラっとしてたんだけど、それが段々おもしろくなってきて、「おーい、おーい」と心の中でツッコミを入れるところとかちょっと笑った。同じ作者の本はこれで3冊目だけど、初期の頃の作品である本著は、やたら倒置法が使われてたりして文章がヘタだと思う一方、内容は今までで一番おもしろかった。中川の判決が逆の方向にいってたら、中川と付き合ったのかな。
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
或る女の一生…ならぬ10年。得たものもあり、失ったものもありって感じの話。少しだらだらしてたかな。
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
読む前のイメージとして、儚げな美少女がふわふわっと活躍する話かと思ったら、全然違った。確かに、表紙の櫻子さん、ゴツいな…とは思ってたんだ。でも、本文中には、髪は肩までの長さでゆるくウェーブがかかってるってあったはずだけど、表紙、ストレートで大分長くなっちゃってるよ。肝心の内容の方は、う~ん…。櫻子さんの許嫁の直江が気になるぐらい。
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
このシリーズの流れがようやくつかめてきた(ような気がする)。毎回幽霊が出てきて、お悩み解決ってことでOK?カイリ問題は、これで解決だろうか。社長が取ってつけたようにいい奴設定になって、え~…ってなったけど。今巻のサブテーマ以外に、カイリ問題やら夏神さん過去事件やら、シリーズ通しての主題が出張りすぎてて、ごちゃごちゃした感じは否めなかった。
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
おもしろかったー!箸やすめ部分がなく、ずっと全部おもしろい!現代調で文章のノリがよく、舞台といい、私の思う著者っぽさが随所に感じられた。でも、なんでわざわざ過去の話にするんだろうと思っていたが、最終話読んで納得。切ない気分から一転、「俺たちの絆は永遠に不滅!」とどっかの少年マンガみたいな気分になった。でも、やっぱり現在進行形の方がよかったなぁ。結婚して爆弾制作しなくなった上野なんてみたくなかっ…た。
が「ナイス!」と言っています。
タカムラ
泣いた!悟の抱えている事情を知ったあとは、ずっと泣きながら読んだ。ナナの、悟に寄り添う姿には号泣。ユーモアあふれる文体と語り口調は有川節満載で、前半は前半でおもしろい。悪い意味でなく、この著者、こういうのも書けるんだなぁって思った。ちなみに、叔母さんどんな奴よ、と思ってたら、ノリコ…めっちゃいい奴じゃないか…。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/12/03(179日経過)
記録初日
2016/12/02(180日経過)
読んだ本
82冊(1日平均0.46冊)
読んだページ
24114ページ(1日平均133ページ)
感想・レビュー
75件(投稿率91.5%)
本棚
0棚
性別
自己紹介

森見登美彦、万城目学、坂木司、穂村弘(エッセイ)が好きですが、ここには反映されていません。

殿堂入り作品・・・プリンセストヨトミ、一路