読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

桧山
読んだ本
6
読んだページ
1043ページ
感想・レビュー
6
ナイス
48ナイス

9月に読んだ本
6

9月のトップ感想・レビュー!

桧山
有名作家なので読んでみた。SFじゃなくてファンタジーなのかと思いながら読み進めてったんだが最終的にSFだった。 短編連作形式。なので長編の読み応えはないです。ターゲットも中学生ぐらいかなと。気軽にゴロゴロしながら読むのがいいんじゃないでしょーか。昭和61年に発表された作品らしいですが古臭さはないのが凄い。現在より女は家にいるものって様子は強いですが。 旅しまくった男の半生。奴隷になったり王様になったり波乱万丈。ピンチを切り抜けられたのは知識と生まれがよかったからではないだろうか。
桧山
2017/09/06 16:04

旅モノなら深夜特急が面白かった。小説じゃなくてエッセイぽいけれど

桧山
2017/09/07 08:58

ドネルはヨーマだったのかな説は同意する

が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
6

桧山
子供向けだと思うんだけどかなりしっかりした内容でよかった。手元に置いときたい1冊入門編。岩石・鉱物のできかたを判りやすく説明してくれるし写真もいっぱい。面白い石の紹介もあってわくわくする。 後半では採取の方法を必須道具などちゃんと説明し、マナーや許可もちゃんと書き、標本の作り方もあって丁寧な内容。これを足がかりに勉強していくのよさそう
桧山
誰も知らない世界のことわざは読了済み。そちらではマイナーな日本のことわざを紹介していたのでどうかなと思いつつ読みました。量は少ないのですぐ読み終わります。 木漏れ日、侘び寂びあたりはいいですが、ぼけっとと積ん読は俗語に近い感じなので、海外のもそういうのが多いのかなと。木漏れ日が外国語にないのは意外。侘び寂びは日本人の私でも説明が難しい。本に書いてある説明もちょっと納得できないかな。 気に入った言葉は「あなたが私を葬る」お耽美好きにはたまらない意味ですね。水面に映った道のような月明かり。も美しくて好き。
桧山
2017/09/26 10:59

バナナを食べる所要時間はどんなときに使うんだ。サウダージはポルノグラフィティの歌にあったやつだ!と妙に親近感。 違う人が担当したこの手の本を読んでみたい。

が「ナイス!」と言っています。
桧山
惜しいな!もうちょっと幻想が強くて文章も好みの方向に書かれてたらかなり好きなんだが、中途半端に現実書いちゃってるから夢が見れそうで見れない感じ。もうちょっと振り切って書いて欲しい。動向を見守りたい作家ではあるんだがあんまり書いてないのかな? 短編集。表題の小説はもうちょい続きを書いてほしかった。別段好きな話はないなぁ。「理想的な月の写真」がガンガン幻想強かったらかなり好きだったと思う。 幻想小説増えるといいのにな
が「ナイス!」と言っています。
桧山
表紙で判るように子供向けの本。小学生向けかな。でも大人の入門書としてもいいんじゃないかと。石をいくつかに分類し、キャラクターぽく紹介してるので子供がとっつきやすそう。フルカラーなんですが写真はなくイラストばっかりだったのが残念。でも調べるとキャラはその石の特徴を結構捉えてたりする。ネットで画像検索しながら読みました。 翻訳本ですが日本の産地とか沢山載っているので、翻訳家さんが調べて書き直したのかなと。説明文はちょっと物足りなさがありますが、それは別の本で補えばいいので、この段階では充分じゃないかと。
桧山
2017/09/14 10:40

化学式や硬度なんかは1つずつ載っているのでそこそこ優秀だと思う。最後には少しだけど専門用語も載ってるし。モース硬度表(ポスター?)がついてるのも子供向けらしくていい。 オパールや黒曜石は結晶構造を持たないので厳密には鉱物ではない。てのは本書で知りました。黄鉄鉱は機械で作ったような立方体で衝撃的だった。宝石の方に興味があったんですが、金属の原石も形が面白くて興味沸いた。

桧山
2017/09/14 10:40

最後には他社の鉱物関係の本を紹介していたり、日本の博物館の連絡先を載せて、ここ以外の博物館にもこの本を持っていってみよう。て文章が載ってたりして、子供を育てる意欲が感じられて大変好印象。 他の理科関係の本もシリーズとして出ているので、入門書として気になるのを読むの良さそうです。

桧山
宮木あや子好きでそれで校閲を知って、話題になったので読んでみた。日本語の本。説明するのに辞書などから引用されてる文が多く、調べる癖がついてるのはさすが校閲だなぁと。辞書にもちょっと性格があるようで。引用で解説されてると説得力がありますね。それだけに、まだ一般的ではないと思う。のような主観が入ると納得できない。筆者より若い世代の私からすると一般的なんだが。全てに同意はできないけれど、基本的なミスや見落としがちなところはとても参考になるので、プレゼン資料とか作る前に読んどくとよさそうな内容。
桧山
2017/09/14 10:26

私が校閲本に求めたのは、TVでやっるようなクイズがメインだったり、エッセイによる校閲の日常だったんじゃないかとちょっと気づいた。違う校閲さんの本も読んでみたい。

が「ナイス!」と言っています。
桧山
有名作家なので読んでみた。SFじゃなくてファンタジーなのかと思いながら読み進めてったんだが最終的にSFだった。 短編連作形式。なので長編の読み応えはないです。ターゲットも中学生ぐらいかなと。気軽にゴロゴロしながら読むのがいいんじゃないでしょーか。昭和61年に発表された作品らしいですが古臭さはないのが凄い。現在より女は家にいるものって様子は強いですが。 旅しまくった男の半生。奴隷になったり王様になったり波乱万丈。ピンチを切り抜けられたのは知識と生まれがよかったからではないだろうか。
桧山
2017/09/06 16:04

旅モノなら深夜特急が面白かった。小説じゃなくてエッセイぽいけれど

桧山
2017/09/07 08:58

ドネルはヨーマだったのかな説は同意する

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/08/30(2611日経過)
記録初日
2010/09/03(2607日経過)
読んだ本
526冊(1日平均0.20冊)
読んだページ
142293ページ(1日平均54ページ)
感想・レビュー
511件(投稿率97.1%)
本棚
38棚
性別
自己紹介

2011年の読書メーター
読んだ本の数:106冊
月間平均冊数:8.8冊

2012年の読書メーター
読んだ本の数:122冊
月間平均冊数:10.2冊

2013年の読書メーター
読んだ本の数:80冊

2014年の読書メーター
読んだ本の数:51冊

2015年の読書メーター
読んだ本の数:34冊

2016年の読書メーター
読んだ本の数:33冊