読書メーターあなたの読書量を記録・管理

1月の読書メーターまとめ

Narisawa Takuya
読んだ本
16
読んだページ
4252ページ
感想・レビュー
12
ナイス
43ナイス

1月に読んだ本
16

1月のトップ感想・レビュー!

Narisawa Takuya
小学生の息子に読ませたい本。 今読んでもピンとこないだろうけど、あとで思い返すような心に残る一冊になれば。 修学旅行の京都見学のように、その時はあまり感じなくてもあとで「また来たい」と思い出すような感じで。
が「ナイス!」と言っています。

1月の感想・レビュー一覧
12

Narisawa Takuya
小学生の息子に読ませたい本。 今読んでもピンとこないだろうけど、あとで思い返すような心に残る一冊になれば。 修学旅行の京都見学のように、その時はあまり感じなくてもあとで「また来たい」と思い出すような感じで。
が「ナイス!」と言っています。
Narisawa Takuya
家族というものについてあらためて考えさせられる内容。 批判もあると思うが僕はなるほどと思った。
が「ナイス!」と言っています。
Narisawa Takuya
発刊ほやほやを読了 城田真琴さん。日本人の書く本では珍しく、 大変ロジカルで事実の積み上げをベースとして書かれている。 AI、自動運転、interface、チャットボット、VR・AR・MR、バイオメトリクス認証、センシング、ブロックチェーン… あまりにも先の未来の本は実感がないが、 1年から数年先のことを念頭に置いて書かれているので、めちゃめちゃ参考になるです。
Narisawa Takuya
息子の学校の図書館で読んだ 知覚と作用が1つの環世界をなす そこにある主体 環世界は客体を通してなす 1つの客体は別々の主体から異なる環世界をなす あと何回か読まないと理解できないわ。 ウニは脚が身体を動かすが、犬は身体を動かすために脚を使うという説明になるほど。
が「ナイス!」と言っています。
Narisawa Takuya
あなたにアタックしてくるアホは、 あなたに興味があるから。 脳は何歳になっても成長する。(ホンマかいな) 生産性の低いことに時間を浪費するな。(SNS含む) なるほど。
が「ナイス!」と言っています。
Narisawa Takuya
大前研一氏のプレジデントの記事のスクラップ たしか2013くらいから毎年でているやつ。 今年の展望をサイドA(日本)、サイドB(海外)に分けてピックアップして描かれています。 膨大な論拠は省いて、ピックアップして描かれているのでザッと学べるから助かります。 (新経済原論とか心が折れてしまいましたので)
が「ナイス!」と言っています。
Narisawa Takuya
知識人と教養人の対話 論説文などの硬い本ではないのでライトに読めます。 リンダグラットンのライフシフトとか、 デービットアトキンソンの新観光立国とか、 アランの幸福論とか、 あと置かれた場所で咲きなさいとか。 合わせて読むと理解が深まると思います〜
Narisawa Takuya
おばあちゃんも普通の人間 若い頃から少しずつ歳を重ねて、そういうのがつながっているのだと当たり前のことだが今更認識
が「ナイス!」と言っています。
Narisawa Takuya
信介ロシアへ密航か? 織江との再会はあるのか?? 7巻、4000ページ以上経過 いよいよラスト一冊!?
が「ナイス!」と言っています。
Narisawa Takuya
日本とアメリカじゃ事情も違うだろうけど、日本の教育者にも読んでもらいたいと思う。 父兄としての立ち振る舞いに必要なことも学べる。 ビジネスマンにも役立つ内容。
Narisawa Takuya
寄稿やブログなど文字を書く仕事をしているのですが、自分が書いたものはどうも稚拙で、しかも趣旨がボヤけてしまうという欠点を感じていました。 これを読み大変参考になりました。 少し文章が上手になるかもしれません。
が「ナイス!」と言っています。
Narisawa Takuya
犬は動くプロザックとは 確かにそうかもしれないなぁ〜

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2017/01/31(388日経過)
記録初日
2011/10/21(2317日経過)
読んだ本
234冊(1日平均0.10冊)
読んだページ
60246ページ(1日平均26ページ)
感想・レビュー
88件(投稿率37.6%)
本棚
1棚
性別
外部サイト
URL/ブログ
https://www.facebook.com/app_scoped_user_id/1293756147357450/
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう