読書メーターあなたの読書量を記録・管理

8月の読書メーターまとめ

masawo
読んだ本
7
読んだページ
1333ページ
感想・レビュー
7
ナイス
34ナイス

8月に読んだ本
7

8月のお気に入り登録
1

  • 雁林院溟齋居士(雁林)

8月のトップ感想・レビュー!

masawo
お気楽な旅行記かと思いきや、アメリカという異物に対して著者がどのような反応を示したかという一種の観察日記のような趣きがあった。滞在が終盤に近づくにつれて考察・分析・連想が徐々に鋭くなっていくが、唐突に間に挟まれる俳句(夏目漱石を意識?)が味わい深かった。
が「ナイス!」と言っています。

8月の感想・レビュー一覧
7

masawo
第一部は神の存在証明、思惟の定義など「懐疑屋デカルト」たる堂々の内容だが、第二部の途中「延長→運動」のあたりから雲行きが怪しくなり、終盤はほぼ流し読みだった。序文の「仏訳者への書簡」はなかなか侮れない内容。時代を感じさせる訳文(1964年発行)。
が「ナイス!」と言っています。
masawo
科学と哲学の関係がテーマのベルクソン入門書。中でも『物質と記憶』の解説が分かりやすい。中公文庫の『アンリ・ベルクソン』よりも堅めな内容で著者の主張が前面に出ている本ではないが、具体例を豊富に示してくれるので読者としては非常にありがたい。絶版になっているようだが勿体ないと思う。
が「ナイス!」と言っています。
masawo
3部までは自己啓発っぽいが4部から本気を出している。なるほどだから「方法」序説なのねと納得がいった。壮大な物語の幕開け的な雰囲気を感じる一冊。正義感溢れるあまり歯に衣きせぬ毒舌家なデカルトのキャラクターが印象に残った。翻訳の程よいくだけ具合が良し。
が「ナイス!」と言っています。
masawo
「時間」「動き」「直観」などの要注意ワードを豊富な具体例(賀茂川や漱石など)と共にかみくだかれた文章で解説してくれるのでベルクソン理解の参考になった。各章で解説している内容の重複が多々見られるが、読者的には覚えやすいという利点もあり。
が「ナイス!」と言っています。
masawo
お気楽な旅行記かと思いきや、アメリカという異物に対して著者がどのような反応を示したかという一種の観察日記のような趣きがあった。滞在が終盤に近づくにつれて考察・分析・連想が徐々に鋭くなっていくが、唐突に間に挟まれる俳句(夏目漱石を意識?)が味わい深かった。
が「ナイス!」と言っています。
masawo
ガウチョや学者、未亡人、宣教師などが登場する短編集。ラテンアメリカの乾いた空気の中で淡々と物語は進行していく。中でも衝撃的だったのは「マルコ福音書」「ブロディーの報告書」の二作。SFとは一味違った非日常感が味わえる。
が「ナイス!」と言っています。
masawo
フィレンツェを舞台にした大人の恋愛モノだが、モームらしい発想は随所に見受けられるものの、スムーズに事が運びすぎる感があって全体的に惜しい印象が残った。短編や長編とは異なり、スパイスの効いた中編小説を作るのはなかなか難しいのかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2017/07/22(790日経過)
記録初日
2011/07/29(2975日経過)
読んだ本
203冊(1日平均0.07冊)
読んだページ
57735ページ(1日平均19ページ)
感想・レビュー
201件(投稿率99.0%)
本棚
16棚
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう