読書メーターあなたの読書量を記録・管理

無能なガラス屋
さんの感想・レビュー

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

無能なガラス屋
さんの最近の感想・レビュー

悪の秘儀: アーリマンとルシファー (シュタイナー天使学シリーズ 3)

悪の秘儀: アーリマンとルシファー (シュタイナー天使学シリーズ 3)

ルドルフ シュタイナー
「皆さんが霊界を見る能力を身につけることができるのは、物質界にいるときだけです…続きを読む
薔薇十字会の神智学―シュタイナー講演集 (mind books)

薔薇十字会の神智学―シュタイナー講演集 (mind books)

ルドルフ・シュタイナー
「なぜ、神智学者は非常に古い時代のことを語るのかときかれることがあります。原初…続きを読む
明かされた秘密

明かされた秘密

ゴッドフリー・レイ・キング
「この宇宙のどこにいても、創造の力を授けられた人間は、常にその力と共存しながら…続きを読む
秘儀参入の道―シュタイナー講演集 (mind books)

秘儀参入の道―シュタイナー講演集 (mind books)

ルドルフ シュタイナー
「霊界のための気分を物質界に持ちこむということがあってはなりません。霊視者にな…続きを読む
内面への旅 (シュタイナーコレクション)

内面への旅 (シュタイナーコレクション)

ルドルフ シュタイナー
「感覚の世界にとってナンセンスなことが、霊の世界にとっては真理なのです。そして…続きを読む
天使と人間 (シュタイナー天使学シリーズ) (シュタイナー天使学シリーズ 1)

天使と人間 (シュタイナー天使学シリーズ) (シュタイナー天使学シリーズ 1)

ルドルフ シュタイナー
「人間が正しい方法で人智学に習熟するならば、カルマに対して、つまり宇宙の正義に…続きを読む

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2018/03/27(2163日経過)
記録初日
2018/05/09(2120日経過)
読んだ本
315冊(1日平均0.15冊)
読んだページ
100727ページ(1日平均47ページ)
感想・レビュー
219件(投稿率69.5%)
本棚
1棚
性別
年齢
123歳
自己紹介



「人間が人間に贈りうるもののうちで、人間が心情の奥底で自分自身に語ったものにまさる心おきない贈り物はない。」-『独白』

「彼に適した職業は何一つなかったが、一つだけ、つまり、彼自身の使命に仕える秘書という仕事には、見事に適性を示した。」-『単細胞的思考』

「もし僕が、ほんとうの僕なるものを恥じるなら、あなたたちと同じように、つまらぬ人間になってしまうのだからね」-『人と超人』

「一つの本を読んでそれが御身の精神を高めるならば、それが御身に高貴高邁な思想をふきこむならば、其作品を判断するのに別の基準を求むることはいらない。それは傑作であり、巨匠の手に成ったのである。」-『カラクテール』

「人びとはローマが偉大であるからローマを愛したのではない。ローマは人びとがローマを愛したから偉大となったのだ。」-『正統とは何か』

「その人の悩みの測り知れないだけ、それだけ其の人の力も窺い知れぬものでしょう。」-『ヒュペーリオン』

「人は自分がどこへ行っているか知らない時ほど高く昇ることは決してない」-『ナポレオン言行録』

「夢想を膨らませよ、その夢想こそが夢なのである。」  -『夢の操縦法』

「俺は人間でありたいとは欲しない。なにか謎でありたい。」-『不合理ゆえに吾信ず』

「おゝ夢みている時人は神の如く、物を考えるときは乞食のようなものだ。」-『ヒュペーリオン』

「私が当然ひき受けなくてはならない唯一の義務とは、いつ何どきでも、自分が正しいと考えるとおりに実行することである。」-『市民の反抗』

「これだけが重要なのに、人はこれだけをおろそかにしている。」-『パンセ』

「運命と自由は互いに誓いをかわしている。自由を実現したひとだけが、運命に出会う。」-『我と汝・対話』

「ひとつの「おそらく」によって、救いをもたらす信仰が始まるのである。たとえどのようにわずかであっても、自分の見ているものを疑う人は、結局いまも、またいままでもけっして見たこともないものを信じるようになるのだ。」-『ドン・キホーテとサンチョの生涯』

「首尾一貫などというものに偉大な人間はまったく何の用もない。」-『自己信頼』

「私が驚いたのは、ミラーの読書は、本の意味など問題にしていないということだった。大切なことは、本が、彼の内部に何を覚醒させるかだ。ミラーの読書は完全な印象主義である。」-『作家の誕生 ヘンリー・ミラー』

「やってしまったことは、やりたかったことだ。やりたかったことは、やってしまうのがわたしだ。」-『白鯨』

「酔える身を広大な空間へ彷徨わすものには、やがて宇宙の意識が意識されよう。」-『死霊』

「大いなる真昼の訪れということには、しかるべき時と固有の運命とがある。」-『ツァラトゥストラ』

「汝の魂は、汝の肉体に恋をしたのだ」-『ベラスケスのキリスト』

「ア・プリオリに正しい思考があるとすれば、それは、その思考が可能であるというだけでそこからその真理性が引き出されてくるようなものであるだろう。」-『論理哲学論考』


読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう