読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

KURO
読んだ本
4
読んだページ
724ページ
感想・レビュー
4
ナイス
61ナイス

9月に読んだ本
4

9月のトップ感想・レビュー!

KURO
ネタバレ世界を滅ぼす鍵“ナクトヴァの微笑み”をめぐる攻防が描かれる第3巻。ファーストシーズン最終回以来、長編をまるごと一篇収録。中盤まではこれまで通りのいかにも『血界戦線』らしい展開をみせますが、一転。ここにきてセカンドシーズンのストーリーの根幹を担いそうなライブラ(クラウス)の敵〈ヴィラン〉が登場します。やるこそ為す事出鱈目な人知を超えた力を手にしながら理性と知性を保ち自立する元人間・キュリアスは堕落王とも拮抗できる存在。今回はなんとか凌ぎましたが完全にクラウスを敵と見定めた彼とどう戦っていくのかが気になる所。
が「ナイス!」と言っています。

9月のトップつぶやき!

KURO

2017年8月の読書メーター 読んだ本の数:5冊 読んだページ数:1013ページ ナイス数:182ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/11759/summary/monthly 7月よりは調子が戻ってきつつあるような感じ?

が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
4

KURO
ネタバレアスターテ会戦における両雄の初めての対決を経て、望むと望まざると新たな地位につくことになったラインハルトとヤン。帝国に対する”自由”の国であるはずの同盟が抱える「闇」とヤンの半個艦隊でのイゼルローン攻略戦までが描かれる第7巻。ジェシカと憂国騎士団のエピソードは心に思う事を発言する事を「許さない雰囲気」や「暴力」によって妨げようとする事の恐ろしさをまざまざと感じさせられる。政争に巻き込まれる愚を知りながら友人の危機の為にその仕事を引き受けたヤンの心情に色んなことを考えさせられます。
が「ナイス!」と言っています。
KURO
ネタバレ「心霊科学捜査官」2作目。あるモキュメンタリー映画の出演者が次々とバラバラ死体で見つかる事件が発生。“あり得ない”同じ霊子を持つ遺体の発見に、霊捜研が捜査に乗り出す。心霊が科学的に肯定されている世界において憑依による犯罪が行われた場合、罪があるのは実行した肉体か、させた霊か?「罪の在処」について考えさせられる結末。事件関係者の誰もが悪意がなく起こってしまった事件だったのでただただ物悲しさが残る。エピローグで今後の展開に関わりそうな人物が御陵の前に姿を見せ、続編も楽しみですが、そろそろ用語集が欲しいところ…
が「ナイス!」と言っています。
KURO
4歳の甥が私の持ってるものを借りる変わりに交換で貸してくれた絵本。宮沢賢治の「注文の多い料理店」を元とした作品でストーリー展開は割と本歌に忠実。もちろん「ウルトラかいじゅう絵本」シリーズなので登場人物は全部怪獣で、内容も子供に向いたアレンジがなされている。見た目も恐ろしげで不気味な(宇宙)化け猫とは対照的に、レストランに入る時ブースカに抱っこされてたり、ソファーに寝かされてたり、ピグモンとブースカのピンチには忠犬ぶりも発揮するガーディーがなんだか可愛い…。
が「ナイス!」と言っています。
KURO
ネタバレ世界を滅ぼす鍵“ナクトヴァの微笑み”をめぐる攻防が描かれる第3巻。ファーストシーズン最終回以来、長編をまるごと一篇収録。中盤まではこれまで通りのいかにも『血界戦線』らしい展開をみせますが、一転。ここにきてセカンドシーズンのストーリーの根幹を担いそうなライブラ(クラウス)の敵〈ヴィラン〉が登場します。やるこそ為す事出鱈目な人知を超えた力を手にしながら理性と知性を保ち自立する元人間・キュリアスは堕落王とも拮抗できる存在。今回はなんとか凌ぎましたが完全にクラウスを敵と見定めた彼とどう戦っていくのかが気になる所。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/01/13(3205日経過)
記録初日
2009/01/14(3204日経過)
読んだ本
803冊(1日平均0.25冊)
読んだページ
205919ページ(1日平均64ページ)
感想・レビュー
764件(投稿率95.1%)
本棚
68棚
性別
外部サイト
URL/ブログ
http://desert08.blog98.fc2.com/
自己紹介

“興味が湧いたら読んだらいい”をモットーに新旧取り混ぜて小説や漫画を読んでいます。

積読本の消化を志して早や5年…。
しかし、未だ道半ば…どころか3分の1?4分の1?全然ゴールが見えません。

今年は思い切って未読本をリセットしつつ、2017年も引き続き本の山を崩すべく、読んでいく予定。

…とはいえ、やっぱり暇つぶしに本屋に行く→面白そうな本がたくさんある→やっぱり買ってくる→読む(あるいは積む)を繰り返して、本の山を今年も築いちゃうんだろーなー(涙)

読書ペースが遅くて、かなり気まぐれで気が乗らないとどんな好きな作家の本でも手をつけられないタイプなので、本は「できるだけ買う派」です。
置けるスペースが限られてるので読んで感想を書いたものから手放していくように心がけていますが…なかなか思うようにいかず。
積読本どころか既読本の山を築きだしてる今日この頃です。


感想・コメントに関しては出来るだけ読了後当日の更新を心がけてますが、まとめていっぺんにアップすることもあります(特に漫画)