読書メーターあなたの読書量を記録・管理

11月の読書メーターまとめ

サンセット
読んだ本
4
読んだページ
664ページ
感想・レビュー
4
ナイス
7ナイス

11月に読んだ本
4

11月のトップ感想・レビュー!

サンセット
『反哲学入門』で西洋哲学を批判した木田元の専門は現象学。違いは何かと思っていたが、論理的推論の前に経験的事実を重視する哲学的考察は納得しながら読めた。特に5章の存在、6章の価値、9章の人生についての内容には感動した。たとえ人間の認知能力が不完全で、価値に理論的裏付けが無くても、何かを五感で感じたり、意味を見出す経験があることは疑えない。国内外の、特に2010年以降の文献も豊富に引用されており、題名に偽りなし。戦後の廃墟に立つ若き日の、或いは「哲学は役に立たない」と言い続け亡くなった木田元に本書を捧げたい。
が「ナイス!」と言っています。

11月の感想・レビュー一覧
4

サンセット
開始時点の本命が千棘と見せながら、ずっと思いを寄せていた相手として小咲がいて、濃いキャラとして万里花が出てくるなど、よくありそうな設定ではある。女の子が沢山出てくる系のラブコメで辛いのは、ラスボスを変えられない点だと河下水希先生が言っていたが、最終的な選択肢として引っ張れるのは2キャラくらいなんだろうか。時系列的に後から出会った方とくっ付くゴールは案外珍しい気もする。最初から読み直すとちゃんと仲が悪い所からスタートしてて意外と展開が丁寧だとも思ったけど、ロマコメ的要素も含んでることになるのかな。
サンセット
この手の本を読むとつい「真実が書かれている」という気持ちになりがちだが、違和感のある所がいくつかあった。まず筆者がキリスト教徒というのもあるかもしれないけど、原爆投下後の時点で反戦を主張する人の記述が多くあり、終戦前に反戦を口に出すことがそこまであったのか疑問。また、筆者は広島から60キロ離れた瀬戸内の小島の出身だそうだが、そこに疎開した3歳のルミちゃんが原爆症で死ぬことがありえるのか、よく分からなかった。
サンセット
『反哲学入門』で西洋哲学を批判した木田元の専門は現象学。違いは何かと思っていたが、論理的推論の前に経験的事実を重視する哲学的考察は納得しながら読めた。特に5章の存在、6章の価値、9章の人生についての内容には感動した。たとえ人間の認知能力が不完全で、価値に理論的裏付けが無くても、何かを五感で感じたり、意味を見出す経験があることは疑えない。国内外の、特に2010年以降の文献も豊富に引用されており、題名に偽りなし。戦後の廃墟に立つ若き日の、或いは「哲学は役に立たない」と言い続け亡くなった木田元に本書を捧げたい。
が「ナイス!」と言っています。
サンセット
あまりにも逆説的なタイトルだが、本屋に普通に並んでたので読んでしまった。意中の人に好かれるための方法みたいなのも書かれてたけど、この本で無理やりプラス思考になるような人がいたら精神的にやばそう。男性目線で「既読スルーされる自分」を肯定されたい人が読んだら納得できるのかも。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/09/21(2277日経過)
記録初日
2011/09/21(2277日経過)
読んだ本
591冊(1日平均0.26冊)
読んだページ
112626ページ(1日平均49ページ)
感想・レビュー
321件(投稿率54.3%)
本棚
6棚
職業
技術系
現住所
愛知県
URL/ブログ
http://sunsetyuhi.web.fc2.com
自己紹介

元理系学生ですが、社会科学とかも好きなので、その方面の本も読みます。他にも色々と手を出しますが、最後まで読み切るのが苦手です。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう