読書メーターあなたの読書量を記録・管理

1月の読書メーターまとめ

長岡紅蓮
読んだ本
5
読んだページ
1311ページ
感想・レビュー
5
ナイス
49ナイス

1月に読んだ本
5

1月のトップ感想・レビュー!

長岡紅蓮
本のタイトルにもあるように相模原障害者殺傷事件について。植松聖被告(当時)との面会や生い立ち、事件を起こすまで、起こした後のことが書かれています。生産性のない人間は必要ないし、排除しても構わないという思想には全く同意できないが、心のどこかで健常者と障害者を分け隔てて考えている自分がいることも否定できない。 自分が障害者や弱い立場に立たされてしまうことはないとは言い切れない。切り捨てるのではなく、そういった立場の人や関わりのある人が安心して暮らせる社会があることを望みます。
が「ナイス!」と言っています。

1月のトップつぶやき!

長岡紅蓮

2020年12月の読書メーター 読んだ本の数:2冊 読んだページ数:387ページ ナイス数:56ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/15501/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

1月の感想・レビュー一覧
5

長岡紅蓮
朝日新聞連載中「ことばサプリ」から書籍化された本。ことばって面白い。 本の中から気になったもの→ 「カフェ」と「喫茶店」同じだと思っていたが、お酒を提供できるのは「カフェ」。 銀座・みゆき通りのみゆきは「御幸」。天皇の外出を「みゆき」と言います。 徳島県の方言、「せこい」。つらそうと言う意味。けちくさいとか、ずるいという意味でとってしまう。
が「ナイス!」と言っています。
長岡紅蓮
皇室について知らないことばかりなので読みました。'伝統というのは偶然残ったものではなく、先人たちの意思により守り通してきたものです'(ページ37) 皇室は日本が日本として存続するためには必要不可欠な存在です(そういうのも畏れ多いですが)。 他の国は、君主とは対立構造にあるのに対して日本は「天皇・皇室」とともにある。幕府を開いた将軍でさえ、天皇や皇室を排除しなかった。それを思うと天皇・皇室の重みが感じられた。
が「ナイス!」と言っています。
長岡紅蓮
(prime reading利用)マネーリテラシーが身につく本です。著者と山崎元さんとの会話形式で進んでいく感じなので読みやすいし、章の終わりに補足されているのでわかりやすい。 保険は必要ないというのは驚きでもあり、目から鱗でした。 既に資産運用に取り組んでいますが、これから資産運用に取り組みたいけど何からしたらいいのかわからないという人にオススメです。
が「ナイス!」と言っています。
長岡紅蓮
(primereading利用)投資の知識を得るために読みました。具体例というより投資マインドについて書かれている本。自分は短期投資は考えていないので、テクニカル分析などは参考にはできないなと思ったが、知識として覚えておこうとは思う。 印象に残った部分→'パフォーマンスの9割以上は(中略)資産配分の効果だけで決まっている'
が「ナイス!」と言っています。
長岡紅蓮
本のタイトルにもあるように相模原障害者殺傷事件について。植松聖被告(当時)との面会や生い立ち、事件を起こすまで、起こした後のことが書かれています。生産性のない人間は必要ないし、排除しても構わないという思想には全く同意できないが、心のどこかで健常者と障害者を分け隔てて考えている自分がいることも否定できない。 自分が障害者や弱い立場に立たされてしまうことはないとは言い切れない。切り捨てるのではなく、そういった立場の人や関わりのある人が安心して暮らせる社会があることを望みます。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/02/28(4384日経過)
記録初日
2009/01/03(4440日経過)
読んだ本
850冊(1日平均0.19冊)
読んだページ
238693ページ(1日平均53ページ)
感想・レビュー
674件(投稿率79.3%)
本棚
25棚
性別
年齢
34歳
血液型
A型
職業
事務系
現住所
神奈川県
外部サイト
URL/ブログ
http://s-ohzeki1008.hatenablog.com/
自己紹介

https://bijodoku.com/author/s-ohzeki/
「美女読書」編集室第1期メンバーとして、書評書いていました。
http://s-ohzeki1008.hatenablog.com/
「のーぶっく、のーらいふ」
読書ブログ。僕が読んだ本から感じたこと、考えたことを書いています。
pomu.me
https://pomu.me/shin1oozeki1008/
リンクがごちゃついていたので、パーソナル情報はこちらにまとめてみました。

どちらもよろしくお願いします!

元から読書が好きだったわけではなく、大学への通学時間の暇を潰すために始めました(笑)。
そのときは、ほとんど小説しか読んでいませんでしたが。

就職し、30代を迎え、これからの自分の人生に悩んでいたときに、とある人から『上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え / 喜多川 泰』を紹介され、衝撃を受けました。生活のために仕事をし、お金を稼いでいる。その姿はこの物語にでてくる祐介と同じように感じました。それと、これまで生きてきた人生、これから先、生きていく人生について問われた気がしました。「このままじゃいけない!」自分の人生の可能性を広げる転機だと考え、読書から得られる体験を活かせるようにするために、ビジネス書を読むのが習慣になりました。

これから学んでいきたいジャンル(2018年6月29日現在)、健康(栄養学、食生活)、宗教(国家神道、仏教全般、神社仏閣)、コピーライティング、これからの生き方・働き方について

劇薬書籍愛好家です。感想に【劇薬注意】と書いてある書籍が該当します。
(劇薬書籍とは、これまでに築いてきた自分の価値観や常識がぶち壊されるような内容で、読んだことを後悔する書籍)

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう