読書メーターあなたの読書量を記録・管理

11月の読書メーターまとめ

ぱせり
読んだ本
11
読んだページ
2789ページ
感想・レビュー
11
ナイス
166ナイス

11月に読んだ本
11

11月のお気に入られ登録
1

  • オリックスバファローズ

11月のトップ感想・レビュー!

ぱせり
なぜ図書館なのかといえば、たぶん、図書館が、ありとあらゆるものにとっての出会いの場所だからだ。「夢見る帝国図書館」の物語は、遠い過去から、現在へ向かってゆっくりと進んでくる。「わたし」の物語は、現在から過去へとゆっくりと遡上していく。二つの物語が、どこかで出会い、握手する。あいさつのことばは、「きわこ」だ。
が「ナイス!」と言っています。

11月の感想・レビュー一覧
11

ぱせり
「ぼく」は、17歳で志願して入隊し、兵士となる。訳者あとがきに、ドイツで出会った著名な研究者の言葉が紹介されていた。「リヒターはあの三作を書いて、筆を折っている。あれはそういう作品なんだ」「そういう」に込められた、言葉にならない言葉を、わたしはちゃんと受け止められているだろうか。
が「ナイス!」と言っています。
ぱせり
少年たちの日々のちょっとした一コマがまぶしかった。あるいは冒険物語を読んでいるような弾むような喜びさえ感じた。でも、それは本当にわずかな時間にすぎず(そんな弾むような時間かあっただけに)彼らの立ち位置や見つめる方向を思い、いっそう重苦しい気持ちになった。彼らは素直に、弾むようにハーケンクロイツの下に馳せ参じた。
が「ナイス!」と言っています。
ぱせり
普通でいようとすることはもろい。賛成でも反対でもない、静かに、賢く生きていこう……そんなことができるのだろうか。激しい嵐に飲み込まれる、足をすくわれる。いつのまにか嵐の中央にいる。そんなこと、本当は自分は求めていなかったはずなのに。自分はこの物語の誰に似ているだろうと考えてしまう。どの人も惨めで不幸にみえた。
が「ナイス!」と言っています。
ぱせり
第一部が夜の世界なら、第二部は明るい昼間だ。(第二部の)チェスの話が、「僕」のあの一年間に重なる。完全に閉ざされた一年間、わかっていることもいないことも、こつこつ築き上げつつあることも一瞬に失われ、二度と再び開かれることはなかったが、それはやはりひとつの、味わうべき「絶頂」と思う。
が「ナイス!」と言っています。
ぱせり
物語はどちらかと言えば素朴で驚くような展開はさほどないと思う。一つ一つのエピソードは起こった出来事よりも言葉の通じない自然や動物たちへ寄せる静かな敬意がにじみ出てくるようで、ユーモアのある場面でさえも、厳かな気持ちになるのだ。殺される動物への中途半端な同情の言葉が一切ないこともよかった。猟師たちも森の一部だ。
が「ナイス!」と言っています。
ぱせり
姫は月をとってほしい。月とはどんなものかなど、王様にはさっぱり興味はないみたい。ただ愛しい娘がほしがっているからには、とってやりたいのだ。このしょうもない親ばか(いっしょうけんめい親ばかで)好きだ。お姫様、月は手に入れたかな。その答えの一部が、タイトルの「たくさんのお月さま」である。ふわりと心軽くなる。
が「ナイス!」と言っています。
ぱせり
どの物語も、どんよりと淀んだような空気が満ちている。だけど、どうしようもない父子の斜め下あたりに、寂しいような温いようなものがあるのを感じる。やりきれない気持ちのなかで、ふと目に入ってきた、どうってことのない景色が、妙に鮮やかで忘れられなかったりもする。
が「ナイス!」と言っています。
ぱせり
「ゾウはむれで生活し、家族の絆が強い、感情の豊かな生きものです。もし、ゾウが元気でふえていくことをのぞむなら、わたしたちはゾウを大切にし、ゾウの生きる場所を守っていく努力をしなくてはなりません」私は、絵本のなかにいる小さな男の子の姿に心揺さぶられる。この子はこうして本を読んでいるのだ。彼がここにいる幸せ。
が「ナイス!」と言っています。
ぱせり
著者は、モリフクロウの幼いみなしごに出会い、手許で育児をすることになった。六年のあいだに四羽。豊富な挿絵は、フクロウへの愛情に満ちている。巻頭の辞が好きだ。「チッピー(三代目)にささげる。もしその助力がなければ、本書の完成は半分の時間ですんだであろう」
が「ナイス!」と言っています。
ぱせり
なぜ図書館なのかといえば、たぶん、図書館が、ありとあらゆるものにとっての出会いの場所だからだ。「夢見る帝国図書館」の物語は、遠い過去から、現在へ向かってゆっくりと進んでくる。「わたし」の物語は、現在から過去へとゆっくりと遡上していく。二つの物語が、どこかで出会い、握手する。あいさつのことばは、「きわこ」だ。
が「ナイス!」と言っています。
ぱせり
世紀をまたいで、一つのトリックが仕掛けられる。トリックが、本物の奇跡になる。ほんものの魔法になる。トリックとはったり。これを奇跡に変える、声なき呪文があるとしたら、こんな言葉ではないだろうか。「日常生活よりもより真実に近いなにかを信じたいという願望」これが祈りかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/03/01(3934日経過)
記録初日
2008/01/05(4355日経過)
読んだ本
2053冊(1日平均0.47冊)
読んだページ
506084ページ(1日平均116ページ)
感想・レビュー
2027件(投稿率98.7%)
本棚
86棚
性別
外部サイト
URL/ブログ
http://d.hatena.ne.jp/kohitujipatapon/
自己紹介

読みたい本・読んだ本の記録として、読書メーターを使っています。いまは、いただいたナイス(ありがとうございます)のチェック・お返し等、一切しておりません。申し訳ありませんが、どうぞご了承ください。



積読本は、ほんとは積読本ではありません。
大好きな本の表紙が見えるところにあると嬉しいな、と思って並べています。



-わたしの宝本- 
「にぐるまひいて」 ホール/クーニー
「リトル・シューベルト」 ゴフスタイン
「ジョー アンド ミー」 プロセック
「こうちゃん」 須賀敦子/酒井駒子
「少女ソフィアの夏」 トーベ・ヤンソン
「たんぽぽのお酒」 レイ・ブラッドベリ
「プラテーロとわたし」 J・R・ヒメネス
「夜と薔薇」 森雅之

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう