読書メーターあなたの読書量を記録・管理

11月の読書メーターまとめ

こなやぎ
読んだ本
4
読んだページ
1034ページ
感想・レビュー
4
ナイス
26ナイス

11月に読んだ本
4

11月のお気に入られ登録
1

  • dripdrop

11月のトップ感想・レビュー!

こなやぎ
序盤の構成から意表を突かれる。思ったよりずっと私小説で、読みながら田中小実昌の『ポロポロ』を想起した。読者は物語を外から見ることを余儀なくされるがゆえに、本作における時間旅行者というテーマはあくまでSFからの借用物にすぎないのだが、戦争やその周辺の人間を淡々と描くのにこれほど誂え向きの道具もあるまいと思わせられる。ヴォネガットの創作を読むのは『タイタンの妖女』『猫のゆりかご』に次いで3冊目。ハヤカワSFの電書半額セールのおかげで、「いつかは読まねばならない本リスト」からこのたびめでたく除外されたのだった。
が「ナイス!」と言っています。

11月のトップつぶやき!

こなやぎ

今日は寒かったので、返却期限だった図書館本の貸出延長手続きをWebで済ませてしまっておうちにいました。次予約してる人もいなくてラッキー🙆

が「ナイス!」と言っています。

11月の感想・レビュー一覧
4

こなやぎ
複数の書き手が様々なテーマから一つの国を論じたシリーズの一つ。(日本を含む)他国による何度かの占領をはじめとしたフィリピンの歴史や社会問題、料理や消費性向などの文化や経済、最終章では日本との繋がりまで、一通りを浚える。お仕事に必要…というほどではなく個人的な興味が半分以上で読んだが、概ね楽しめた。書き手によって章の質に差があるのはこの手の本の宿命なので、こちらが気をつけて読むほかない。「フィリピンのビジネス英語力は156ヶ国中で世界一!」とほぼそのまま書かれていたのには英米は?調査方法は?と呆れた。
が「ナイス!」と言っています。
こなやぎ
序盤の構成から意表を突かれる。思ったよりずっと私小説で、読みながら田中小実昌の『ポロポロ』を想起した。読者は物語を外から見ることを余儀なくされるがゆえに、本作における時間旅行者というテーマはあくまでSFからの借用物にすぎないのだが、戦争やその周辺の人間を淡々と描くのにこれほど誂え向きの道具もあるまいと思わせられる。ヴォネガットの創作を読むのは『タイタンの妖女』『猫のゆりかご』に次いで3冊目。ハヤカワSFの電書半額セールのおかげで、「いつかは読まねばならない本リスト」からこのたびめでたく除外されたのだった。
が「ナイス!」と言っています。
こなやぎ
原書を読む前にわざわざもう一度買い直して再読。案の定ほとんど忘れていて驚く。初読時は、とにかく青年時代を描く筆致のみずみずしさをまばゆく感じたものだったが、今読むとある種の哀れっぽさからくる滑稽さをも感じないでもない(その後の顛末を思うと不謹慎なのだが)。愛人を作ったことがハドリーとの、そしてパリ時代との離別を招くのだが、自業自得にもかかわらず妙に言い訳がましく被害者気取りで、そのあたりにも、甘やかな夢たる若い時代を振り返る晩年の作家の、救いがたい絶望さえもにじむようで。ともあれ、好きな本には変わりなし。
こなやぎ
2017/11/20 19:11

わざわざ再読するくらいなら土曜文庫の方を、と思って一度手に取ったのですが文章が好きでなかったので高見訳に“戻って”きたのでした。

が「ナイス!」と言っています。
こなやぎ
回想小説、探偵小説、そして母恋いの小説と分類したくなる長篇。ある重要人物との再会には違和感が否めなかったが、両親との邂逅を試みる「儀式」に彼は必要なパーツであること、これが「かたりの小説」であることを考えると納得した。回想の1930年代ロンドンの二階建てバス、幼少期の小さな冒険、上海バンドなどに心くすぐられ、それだけ最終的に明かされる、両親失踪の真相や主人公が自ら獲得したと信じていたものの正体が残酷で堪えた。英語的には、回想の形を取るためit...that主体で進み、読みやすい。時系列の混乱に注意。
こなやぎ
2017/11/14 22:29

朝の通勤で読み終わった直後の勢いで書いた感想、半日考えて読みが足りなかったと感じて加筆修正しました。

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/03/23(3192日経過)
記録初日
2006/01/21(4349日経過)
読んだ本
382冊(1日平均0.09冊)
読んだページ
92135ページ(1日平均21ページ)
感想・レビュー
352件(投稿率92.1%)
本棚
25棚
URL/ブログ
http://kn.hatenablog.jp/
自己紹介

2015年春~一年間の中国留学を経て、積ん読派から新刊購入+図書館活用派へジョブチェンジを果たしました。
自分で色々調べたり勉強したりするのが好きです。
Twitterは @tnhby
IGは @tnhby_knyg
filmarksはhttps://filmarks.com/users/tnhby
あんまり更新してないブログは
http://kn.hatenablog.jp/

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう