読書メーター KADOKAWA Group

2024年3月の読書メーターまとめ

Yuki Snowy
読んだ本
6
読んだページ
1562ページ
感想・レビュー
6
ナイス
35ナイス

2024年3月に読んだ本
6

2024年3月にナイスが最も多かった感想・レビュー

Yuki Snowy
ネタバレ高校生の頃に朝吹登水子訳で読んだ。当時は恋愛と自分勝手な欲望に浮ついて過ごす父と娘の自堕落でバカっぽい物語にしか思えなかった。「○○さんが○○をした」以外の部分に含まれる膨大な情報を全く読み取れていなかったのだ。これほどの人間描写を18歳で書くとはサガンは天才だ。相反する感情を同時に抱き引き裂かれるセシルの若さ。規律正しく生きてきて,今,愛する人達と理想の家庭を築こうとしている40代女性のアンヌ。アンヌの悲劇もセシルにとっては夏とともに浮かび上がる心地よい悲しみでしかなく,それがとてもリアルだと思った。
が「ナイス!」と言っています。

2024年3月にナイスが最も多かったつぶやき

Yuki Snowy

2024年2月の読書メーター 読んだ本の数:22冊 読んだページ数:2633ページ ナイス数:74ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/23077/summary/monthly/2024/2

が「ナイス!」と言っています。

2024年3月の感想・レビュー一覧
6

Yuki Snowy
「ややきつい」と感じる早歩きとゆっくり歩きを繰り返す「インターバル速歩」を続けることで,加齢によって低下していたミトコンドリア機能が改善し,最高酸素消費量が増加する。結果,生活習慣病や睡眠,うつ症状,認知機能など多くの問題が解決されて医療費の削減にも繋がる。これらの研究と得られた結果について,データを示しながら分かりやすく解説されており,自分もインターバル速歩を始めて身体機能を改善したいという気持ちになった。
が「ナイス!」と言っています。
Yuki Snowy
 医師であり珈琲オタクである著者が,現時点での知識の集大成を科学と熱意で語り尽くすという感じの本。正直言って興味を持てない分野も詳しく語られていて少々ついていけない部分もあったが,逆に珈琲のどの方面に興味がある人にも欲しい情報を見つけられる内容ではないかと思う。  珈琲の抽出や健康への影響など日々の珈琲生活に直結する知識も興味深かったが,珈琲を淹れるための器具や歴史も面白かった。日頃からよくわからないなぁと思っていたマキネッタとモカポットの呼び方についても腑に落ちる解説があって納得できた。
が「ナイス!」と言っています。
Yuki Snowy
本書の著者は,原木を訪ねてアジアの奥地を旅し,時に日本茶人気への逆風も吹き荒れる中,お茶の研究を50年間続けてこられたそうだ。本書は茶の木のルーツに始まり人類史におけるお茶の歴史,産地,お茶の種類と特徴,成分と栄養,成分の特性を踏まえた美味しい淹れ方,茶飲料の加工の歴史など幅広く,しかも一般読者向けに科学的に詳しく解説されている。早速生活の中で試してみようと思うお茶の飲み方なども紹介されており,お茶の教養が深まったと思う。
が「ナイス!」と言っています。
Yuki Snowy
ネタバレ高校生の頃に朝吹登水子訳で読んだ。当時は恋愛と自分勝手な欲望に浮ついて過ごす父と娘の自堕落でバカっぽい物語にしか思えなかった。「○○さんが○○をした」以外の部分に含まれる膨大な情報を全く読み取れていなかったのだ。これほどの人間描写を18歳で書くとはサガンは天才だ。相反する感情を同時に抱き引き裂かれるセシルの若さ。規律正しく生きてきて,今,愛する人達と理想の家庭を築こうとしている40代女性のアンヌ。アンヌの悲劇もセシルにとっては夏とともに浮かび上がる心地よい悲しみでしかなく,それがとてもリアルだと思った。
が「ナイス!」と言っています。
Yuki Snowy
ネタバレ水月湖には厚さ45m(7万年分)の年縞がたまっており,水月湖は地質時代の標準時計になった。著者はこれを元に1年単位の詳細な過去の気象データを復元する研究に取り組んでいる。数十万年のスケールで見れば地球では氷期が「正常」な状態で,現代のような変動の少ない温暖な時代は例外的な時代。過去の大規模な温暖化では東京がマニラに変わるほどの激しい温暖化が起き,海位が350年で20m上昇した。知見が得られていない理由で気候が突然変動し始めることだって起こる可能性があるのだ。ダイナミックな地球が分かりやすく解説されていた。
が「ナイス!」と言っています。
Yuki Snowy
ネタバレ「何を見たかは覚えているが,どこで見たかは意外に覚えていない」「日常的に知っていることは豊富な事例から適切なプロトタイプを作るが,そうでないものは目立つ代表例を用いて予測や判断を行ってしまう」「自分の行動の原因はその時の状況に求めるのに,他人の行動の原因はその人の性格や意志などに求めることが多い」「同じタイプのことが100回起きることと一つの事例を100回聞くことを区別していない」「接触回数が増えればそれを好きになってしまう」等々,日常生活に身に覚えがあることが実験例を用いて解説されており興味深かった。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/06/03(5437日経過)
記録初日
2000/05/15(8743日経過)
読んだ本
1887冊(1日平均0.22冊)
読んだページ
335749ページ(1日平均38ページ)
感想・レビュー
1656件(投稿率87.8%)
本棚
15棚
性別
血液型
B型
現住所
東京都
URL/ブログ
https://kawayura.com/
自己紹介

SFが好きです。読むスピードが遅いので読書量は少なめです。宜しくお願いします。

https://twitter.com/snow_owl

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう