読書メーターあなたの読書量を記録・管理

Risa Shimowada2018年の読書メーターまとめ

Risa Shimowada
読んだ本
28
読んだページ
6549ページ
感想・レビュー
28
ナイス
155ナイス
月間平均冊数
2.3
月間平均ページ数
546ページ

読書メーターまとめ

トップ感想・レビュー

Risa Shimowada
近所のドクターが「面白いよ」と勧めてくれた本。たしかにすっごく面白くて一気に読んだ。フィールドワークに出ながら論文ネタを探し、仮説設定とそれを証明するための必要データが何かがパッと出てくる。論文ってこういうことなのかーと未知の世界を垣間見る。バッタ群が飛んでる写真は綺麗で夢みたい。面白おかしく書いてあるけど、優秀な人なんだろうなあというのが垣間見えるし、 後半のガムシャラにバッタ博士として知名度を上げていく所とかはもう感動。自分は本気度足りなくない?と反省。
が「ナイス!」と言っています。
Risa Shimowada
AIがプログラムの延長という説明は、やっぱりそうだよね、という納得感は有ったが、それ以外はイマイチだった。前半のAI説明は冗長でダレるし、なんやかんや言ってる割には論理的でない記述が混じってたり。教科書が読めないというのは、自分も結構間違えてて、思ったのはキッチリ読まずに読み飛ばしてて、それはネット文に慣れちゃったからかな。スマホ利用との相関が無いのは意外だけど、正当率が低いという事実と、その原因と解釈が想像でしかないという論理性のなさが気になった
が「ナイス!」と言っています。
Risa Shimowada
面白かった。エンタメとしては楽しめたが、「心理療法そのもの」というレビューを見て期待値高く読み始めてしまったので、そうなん?という感想。結局現代人て暇なんだな。 探検や登山てあまり理解出来なくて、発見とか到達といっても現地エスキモーやシェルパは普通にやってることだったりすると、違和感がある。 そもそも自傷行為の一種な気がして、であればリストカットする人や過労死するまで働く人の自伝的ノンフィクションも同じように評価されないといけないのにこの位置付けの差はなんだ。 最大の感想は、犬が死ななくて良かった。
Risa Shimowada
2018/12/06 23:36

西下さん、シュールですか(^^; コメントありがとうございます。 西下さんの「日々の中でも冒険している人がいる」という感想が良かったです♪そう思います!

Risa Shimowada
2018/12/06 23:37

きゃべつさん、コメントありがとうございます。 「犬も大変だなあ」に笑いました。同感です。 感じ方はいろいろありますね~

が「ナイス!」と言っています。
Risa Shimowada
まあまあ面白いけど本人の信用が薄い。 今までとはお金と広告のあり方が変わっていて、信用が大事だし、その時々で最適なやり方を考えるべし、という本。 まあまあ面白かった。ちゃんと考えなきゃな、と思ったし。ただ、「自分すごい」感の押しつけがつらかった。 信用と好き嫌いと実績と誇張吹聴。この辺のバランスと使い方がポイントだと思う。
が「ナイス!」と言っています。

トップつぶやき

つぶやきはありません

読んだ本28elkイメージ