読書メーターあなたの読書量を記録・管理

10月の読書メーターまとめ

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
読んだ本
9
読んだページ
3133ページ
感想・レビュー
9
ナイス
1489ナイス

10月に読んだ本
9

10月のお気に入り登録
1

  • teru

10月のお気に入られ登録
1

  • teru

10月のトップ感想・レビュー!

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
いくつかは、青空文庫で読んだことのあるものだった。部分的再読本。随筆のようでもあり、私小説の短編集のようでもある。どちらであっても、美しい一文にかわりはなく、そんな一文を見つけては付箋を貼っていくと、付箋だらけになってしまう。夢十夜のテイストは弟子であった百閒先生に色濃く引き継がれている感がある。
が「ナイス!」と言っています。

10月のトップつぶやき!

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯

おはようございます。昨日、読友様に教わったお酢のお湯割を飲んでます。(ダイエット目的で) いちじくの後に飲んだから、若干、酸っぱく感るけれど、思ったより飲みやすいです。

おはようございます。昨日、読友様に教わったお酢のお湯割を飲んでます。(ダイエット目的で) いちじくの後に飲んだから、若干、酸っぱく感るけれど、思ったより飲みやすいです。
アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
2017/10/04 21:09

ゆあ様、大さじ一杯のお酢を水で割って、朝晩飲むと、3ヶ月で血圧と体脂肪が下がったと読友様に聞いて、やってみることにしました!私は、お湯で割っていますが。

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
2017/10/04 21:10

としさん、こんばんはー!!

が「ナイス!」と言っています。

10月の感想・レビュー一覧
9

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
角田光代さんの旅エッセイ集。スリランカ、シンガポール、タイ、ベトナム、ミャンマー等のアジアの国と、アイルランド、モロッコ、スペインを角田光代さんが一人で旅したエピソードの数々。「ツーリスト・インフォメーションの部屋にて」が特に好み。角田さんの小説は苦手なのだけれど、旅エッセイはもっと読んでみたくなった。
が「ナイス!」と言っています。
アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
古風な文体で語られる深井家サーガ。本好きの祖父與二郎が語る本が増殖するわけは、雄と雌の本が子供を産むから!?登場人物が皆おもしろく、少し古風で愉快な語り口は森見登美彦さん風だなーなどと油断しながら読んでいたら、中盤、語り手の祖父與二郎の戦場での日記で涙腺崩壊してしまった。涙と鼻水とめどなし。物語を読む楽しみを久しぶりに思いっきり堪能させてもらった!という読後感、スッキリ。
が「ナイス!」と言っています。
アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
初バカミス!!なるほど、これがバカミスというものか……。読みながら感心するやら、呆れるやら。読友様の感想を読んで。
が「ナイス!」と言っています。
アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
2本足で歩く模造亀(レプリカメ)のかめくん。歩くだけでなく、フォークリフトを運転して倉庫で働き、本を読み、そして考える。思い出せそうで思い出せない記憶。覚えていない昔のこと。その時が来ればきっと思い出す。なぜなら、かめくんはそのように作られているから。ほのぼのとした日常系の話かと思いきや、木星の戦争などSFが入り込んでいる。徐々に明らかになるかめくんの役割と作られたわけ。なぜだか、読んでいて切ない気持ちになる。私もかめくんと友達になりたい。
が「ナイス!」と言っています。
アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
詩人谷川俊太郎さんのエッセイ集。詩人の日常を覗き見ているかのような気持ちになる日記部分、詩の朗読など精力的な活動、そんな詩人の生活の合間に、こちらの心にグッとくるような文章がそこここに散りばめられている。 引用>>自分や世界を否定するような考えは、あまりはっきりさせるともう前に進めなくなる。それがこわいから、わざととりとめない所で考えを止めて、ぐずぐずとその考えと馴れ合っているだけかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。
アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
いくつかは、青空文庫で読んだことのあるものだった。部分的再読本。随筆のようでもあり、私小説の短編集のようでもある。どちらであっても、美しい一文にかわりはなく、そんな一文を見つけては付箋を貼っていくと、付箋だらけになってしまう。夢十夜のテイストは弟子であった百閒先生に色濃く引き継がれている感がある。
が「ナイス!」と言っています。
アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
短編小説とエッセイ、エッセイ風小説と小説風エッセイが、まぜこぜになった一冊。好きな作品は、“将来の夢”や“記憶”について「made in 自分」。人々が求めるのは快適だけ「快適な暮らし」。全ての人間関係は未知の部族の儀式?「わからない儀式」。愛って何?「ある研究成果」。僕がタバコをやめた理由「殺人タクシー」。家族でする初めてのしゃぶしゃぶ「銀色の鍋」。
が「ナイス!」と言っています。
アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
写真家、鬼海弘雄さんのライフワーク、浅草で見かけた人たちのポートレート。どの人も、一見して「濃い」。タイトルは『世間のひと』だけれど「普通の人」では無い、どこか「普通」や「平均」からは弾き出されたような飛び出したような人たち。私なら、気にはなっても、とても声などかけられない。同じ人の10年後という写真も何枚かあり、なんとも胸が痛むような複雑な気持ちになった。写真に添えられた短いキャプションが、人物像をうまくあらわしている。鬼海さんのエッセイもいい。
が「ナイス!」と言っています。
アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
三島由紀夫が世界のあちこちを旅した際の紀行文。アメリカでは自らの戯曲がブロードウェイで上演されるということで観劇をしたり、メキシコで病に倒れながら当地の自然に思いをはせ、ハイチでブードゥーの儀式を見たり、ブラジル、香港、ヴェニス等、旅人としてスレッカラシになってしまうほど。世界中を見て回り、様々な文化や人に触れた美しい文章を書く人があんな死に方をするなんて……と読みながら少し考えてしまった。三島由紀夫には「外遊」という言葉がよく似合う。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯
240お気に入られ10月の読書メーターまとめ

読書データ

プロフィール

登録日
2014/07/30(1214日経過)
記録初日
2014/05/14(1291日経過)
読んだ本
992冊(1日平均0.77冊)
読んだページ
260376ページ(1日平均201ページ)
感想・レビュー
957件(投稿率96.5%)
本棚
19棚
性別
現住所
大阪府
外部サイト
URL/ブログ
http://akirameete.blogspot.jp/
自己紹介

本の虫。
夏をアキ・ラメーテ。

高座名 : 家捨亭半為飯(ホームステイはんなりはん)

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう