読書メーターあなたの読書量を記録・管理

読みたい本
540

全540件中 1 - 20 件を表示

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2014/09/16(2266日経過)
記録初日
2014/07/16(2328日経過)
読んだ本
219冊(1日平均0.09冊)
読んだページ
62338ページ(1日平均26ページ)
感想・レビュー
219件(投稿率100.0%)
本棚
7棚
性別
血液型
O型
自己紹介

VIAテストの結果 【1ユーモア2知的柔軟性 3創造性4思慮深さ5スピリチュアリティ】

@2019/10~2020/10の間読んだ本88冊
月に7冊ペース
前回と前々回が月に3〜4冊ペースなので、単純に2倍読んでいることになる。
成長してると嬉しいものだなあ😆


@2020ベスト
・黒い家
・博士の愛した数式
・読者ハ読ムナ(笑)
・片岡しのぶの翻訳レッスン
・英単語帳 Distinction 1 ATSU

@2019年に読んだ本でよかったもの(発売年とは別
・ハンガーゲーム
-翻訳地獄へようこそ
・内向型を強みにする (フェニックスシリーズ)
・ムーンパレス

@2018/10~2019/10の間読んだ本43冊
月に3.6冊ペース
電子書籍をよく読んだが、自分に合わないことに気づいた。
文章がつるつる滑って結局頭に入っていない。
スクショできるのはすごい良かったのでアナログでもそれができたら完璧なんだけどなあ


@最近気づいたけど読みにくい本はストレスがかかるのでさっさと読むのをやめてしまったほうがいい。読みやすい本から読んでいけばいい。



@2018年に読んだ本でよかったもの(発売年とは別です)
・夜市
・ロストケア
・絶叫

@kindle unlimited体験中
読む本の数は多くなったけど理解度の質は下がっている。

@キンドルでなら読むことができるので読んでいこうと思う。
とりあえず洋書と青空文庫とか読むかな

@ソウルナンバー
占いの一種なのだが、結構おもしろくて
それを使って読む本の作者を決めている。
自分は9なので、9と同じor近い小説家の本を読むようにしている。
アンソロジーで結構近い番号の人が集まっていると「おお!」
となる。(アイアムアヒーローのノベライズ、二十の悪夢など。)
惹かれあう何かがあることが面白い。


@2017の10月から2018の10月までの読書数
合計46冊で一ヶ月に3.8冊ペースでしたー
これから読書ができなくなりそうなので、一応ここで1年間の結果発表
読書して思ったのは「本を読めることは幸せな事なんだなー」と「読書って本から自分が大事だと思える一行を探す作業なんだなあ」と思った。
ちなみに46冊中積読は12冊…あれ?
結局、積読消化作業の中でほしい本が増えて結果的に積読消化はすすまない模様。



@読書方法
最近ステッパーしながら読書している。
わりと相性がいいと思う
難点は体力によって時間が限られる。
普段は寝ながら読んでいる
椅子は腰がいたくなっちゃう
寝ながらの場合は天井の照明がまぶしいので電気消してデコに照明つけて読む。
もっとよい読書方法を見つけたい


@読書習慣
・読書を習慣にして感想もなるべくつけ始めたのが2017年の12月あたりで登録日と違う

@自分なりの読書方法
・本を読みながら気になった箇所を付箋を貼る。知らない言葉や気に入った言葉に付箋を貼って、メモして感想のネタにする。
・集中力が無いので4-5冊を回して読む。(ジャンルや雰囲気が被らないようにする)
・今まで読書で駄目な流れは「読む→飽きる→別の事をする」でした。
そこで4-5冊を回して読むことを始めました。すると「読む→飽きる→別の本を読む」にすることで飽きる事でモチベーションを保ったまま読書ができる。
・読み終わったらメモを見つつ感想をココに投稿する。他の感想を
見て理解を深める。

@レビューのネタバレについて
・レビューを見る事=ネタバレを見る事だと思う。
・レビューを見る事は、ある程度覚悟はしていると思う。
・だが、レビューを書く側としてなるべく大きなネタバレを書かないようにすべきである。なので自分はレビューには軽微なネタバレはどうしても入ってしまうが大きなネタバレは避けるようにしている。

@お気に入りについて
・読んでよかったものは本棚に入れる
・満足度が高いものは1軍へ その次が二軍

@読書のきっかけ
はじめて読書っていいなって思ったのがダレンシャン
すごいハマって自分は読書家だなんて思いこんでいたあの頃。
実際は好き嫌いもあって集中力なんてないし
買ってもらった本は本棚のこやしになったものもあった
でも分厚い本を見ると手が伸びる
そして積読
この状況を打破すべく今年から読書を頑張っている。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう