読書メーターあなたの読書量を記録・管理

6月の読書メーターまとめ

イっちゃん
読んだ本
39
読んだページ
6696ページ
感想・レビュー
39
ナイス
1036ナイス

6月に読んだ本
39

6月のお気に入られ登録
2

  • 香菜子(かなこ)
  • マネクエ(年間読書365冊)

6月のトップ感想・レビュー!

イっちゃん
ネタバレ可愛い可愛いという評判なわけですが、うーん、なんというか・・・可愛いよ。可愛いけど・・・ひふみん的な可愛さですかな。
が「ナイス!」と言っています。

6月のトップつぶやき!

イっちゃん

うわーどうしようオリジナル全巻持ってるのに・・・この表紙はずるい!欲しくなるじゃまいか!!憂いのあるみっちゃんチャリ立ち漕ぎの流川・・・ひーっ((゚Д゚;))でもバガボンドとリアルもう続きないの?ないの?ないの?

うわーどうしようオリジナル全巻持ってるのに・・・この表紙はずるい!欲しくなるじゃまいか!!憂いのあるみっちゃんチャリ立ち漕ぎの流川・・・ひーっ((゚Д゚;))でもバガボンドとリアルもう続きないの?ないの?ないの?
イっちゃん
2018/06/09 15:40

銀ちゃん オイーッス!(・┏Д┓・)ノこんな風にお店に並べられたら滾るよー(;//́Д/̀/)ハァハァ そうなんだよね、駆け足で纏めあげられるのも悲しいけど、いつか出るかもって待ってるのもしんどいよね。んでそんな漫画わりといっぱいあるよね( ̄▽ ̄;)

イっちゃん
2018/06/09 15:43

ごまさん 3年ぐらいは、もういい加減新刊出るよねって希望があったけど、もう・・・ね。でも諦めたらそこで試合終了ですよね。

が「ナイス!」と言っています。

6月の感想・レビュー一覧
39

イっちゃん
ネタバレ面白かった。それぞれの視点で話が進行していくのも良かった。脇キャラの慎吾と北村さんのスピンオフの方がさらに楽しかったわー。クリスマスパーティまで読ませて欲しかったんだけど(ふんがっ)ってなったけど、ちゃんとペーパーに載ってましたー。マスコさんか雁さんの絵で見てみたい四人。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレふむ。なんだか私にはピンと来ない澄と楡という二人だった上、澄の妹と幼なじみの妹の彼氏も両親も、楡の元カノも母親も苦手という弱ったキャストばかりの中、唯一好きだったのは社長だな。吉田鋼太郎さんでイメージしました。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレプレゼンで告白。新しいよ稲森くん。5人兄弟の末っ子です。ややこしい事はないですよ!って売りに笑った。素材がいいのに自分に興味なくて地味メン。でも、それに気づいてるのは私だけって思ってる人から告白されちゃうタイプですな高坂さん。最初てっきり高坂さんは田中さんにこっそり恋してるって設定かと思ってたら、恋愛どころか人付き合いが苦手な人でした。しかしなんで京都弁にしてくれなかったんだろう。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ時代は昭和初期。お坊ちゃまたちが通う全寮制の旧制高校が舞台。あとがきにもあったけど、この時代のバンカラくん達はほんとにこんなふうにドイツ単語を混ぜ込んだルー大柴みたいな話し方してたのかな。日本語で言った方が早かろう!とツッコミ入れまくりながら読んでました。凄シャンなオッチェンとベガりたいって(笑)いやもう破壊力!勢いがあって典雅節が効いてて楽しかった。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレonBLUEの西田さん。スーツではあるけども・・・あるけどもー。ミステリーだし夢か現実かわからないままの展開で、唐突に出てきた弟は、最後も唐突に出てこなくなって謎のまま。おそらく兄の生霊が憑依していたということなんだろう。弟の使い捨て感にモヤモヤする。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ不死だからこんな展開もあって当たり前とはいえ、思い切った展開だ。面白くなってきた。私の中では存在感が薄いハヤセだったが、なんだこの執念深さ。遺伝子でつきまといて!前巻で表紙を飾ったトナリだったのに全然気づかなかった。フシの特性をよく把握していて、様々な毒の耐性を取得していたトナリの生き様は天晴れ。そして新たな仲間?亡霊と会話ができるヘンテコ王子が現れる。この人が死んだら・・・と、つい考えてしまう。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ扉絵がガンズンのデビューアルバムだ。鶴見将軍に招かれたジャングルってことかな。怒涛の14巻!ピンチに次ぐピンチで誰が味方か敵なのか。チンポ先生に相応しい見せ場のある最期だわと涙ぐんでたら平然と生き残るし、土方の立ち回りは震えるほどカッコイイし、キロちゃんのこといまだに信じたいし、忘れた頃に出てくるチカパシ&リュウに爆笑だしいやもう最高でした。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ表紙が120巻と繋がってる!クミちゃん、やっぱり間柴の妹なんだな。なんか執拗さがあって怖い。今回は女性陣がなかなか強くて恐ろしかった。ここから新たな章に突入なのもしかして。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレひゃっ、120巻にしてこの展開。最初からこういう構想だったのかな。あんなに練習していたデンプシーロールが炸裂することもなく、読み手は消化不良のままですよこれ。多くの伏線の回収が出来てないしな。120巻まできてもまだ。宮田くんがいちばん気の毒だな。他の方のご感想を読んで初めて気づいたけど、モブクローンのページが多々あってすごく気持ち悪い。今まで観客なんて見てなかったから120巻でやっと気づいたというね。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレせっかく純太に感動し、鳴子にワクワクしたりだったのに。忘れた頃にやってくるなあ京都の妖怪ペア。御堂筋はもうただの化け物だけど、あの痴漢野郎はほんとに気色悪い。そして今巻もまた巻ちゃんがセクスィだったな。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ電子で読む時のコマ割り!すごいわかる!!私も紙派だけど、最近電子でも読みやすくなってきたなあと思ってこのコマ割りのことに気づいたばかりだったので、そうそうそういうことなんだよねーと。電子デビューの作家さんは自然とこういうふうに描いてるのかな。アユちゃんの夢のことで黒沢さえもがすごく気を使ってたのに、編集長のデリカシーのなさに爆笑後、感動して泣いていた。私もそんな年頃なのさ。そろそろドラマ2期やってくれないか。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレレゴシが修行の末、戦士になるの巻。僧侶成分も含まれてるな。肉食獣の綱引きの話が出てきたけど、あれをやったらほんとに犯人がわかったかもなあ。番外編のSNSの話は、イイネの風刺も効いていて面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ構図やコマ割りが独特。絵は粗く、良く言えば勢いと味がある。角がある種族とない種族。角があるものは鬼と呼ばれ、奴隷のように扱われ、ほんの少しのヘマで簡単に殺される理不尽な世界。幼い頃に出会っていた異なる種族の2人が今後どうなっていくのか、続きを早く読みたい。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ出てきた時にこいつが犯人だなと。二転三転しつつもなんとなく展開が読めた中、笑いすぎマークには、ほほう!となった。水野と今回の犯人がネットで接触しているのは恐らく同じ人物だろう。子供時代を知っている記者のことも気になる。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ初、西加奈子さん。「」内に句点があるのが気になってなかなか話に入り込めなかった「地下の鳩」。吉田もみさをもだいぶ病んでいて、破滅的な生活に加速がついていく不快さに、私なんでこんな話読んでんだろと思いつつもページを捲る手が止まらなかった。片や「タイムカプセル」は、オカマバーのママのミミィが主役となり、吉田たちがミミィ視点で語られることでこちらの捉えかたもガラリと変わる。登場人物達の兄弟関係や境遇によるトラウマがそれぞれを縛り、人生に深く影を落とす様を、巧妙に描いた作品だった。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ1巻で響かなかったと言いつつ、お借りして読む。万の子供時代の美しいこと!火消し時代のエピソードも入り、一段と深みをもたらしている。ダイナミックなのに繊細な絵は、江戸時代の浮世絵師が現代の漫画の描き方に倣って作成されたのでは?と何度も思った。たしかに類まれなる素晴らしい作品。でも何が好きになれないのかはわかってしまった。千も言ってたけど大の男が自分のことを名前呼び。男女に限らず苦手なんだった。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ意外にも鈴木のほうが戸惑ってるというとこが面白い!しかしこれほんとにグイグイな展開だけど大丈夫なの?小冊子最高でした。(っ˘ڡ˘ς)ごち!
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ森永って…学生だったからまだ許せてたのかな私。恋愛脳すぎて引いた。勝手に田所くんにバラしちゃったのも嫉妬からだよね。先輩の立場とか考えてなさすぎて、どうなのよさ。田所くんも気の毒なだけだったし。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレお互いに胃袋を掴まれてる同士、離れられないよね。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ表紙からしてユキムラさんらしさが皆無。表題作もこれまでと違っていて、これはこれでとても良かった。他の短編はどれも割と簡単にくっついて似たり寄ったりな感じ。表題作で1冊読みたかった。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ私が読んでたら表紙が目に入った家族が次々と「え、〇〇?」と息子の名を出すほど整くんとそっくりで(主に髪型)夏日なのにニット帽必須ですが整くんは真冬なのに素ですね。いや巣か。この作家さんはクリミナルマインドがお好きと見た!と予想していたらチラッと出てきて嬉しかった。ミスド食べたーい。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ周防さんの話、ニーナちゃんなんて良い子だろう。でもまだ高校生だもんね。これからもっとぴたっと来る人と出会えるよ。「こいいじ」とは違って、この作品には良い子だなーとほっこりする子が多かった。卒業式は欠席してビスコに会えないとか?とかなり本気で心配した。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ金貸しのトガシとは誰なのか?一登が生きていたとしたらなぜ今まで長い間共有できなかったのか。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ最後にはそうなるよねってわかってたけど・・・。いやでも尊がきっとなんか発明してるはず!
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレそうなると思ったよ。そうなると思った。2冊なのに何巻も続く長い話を読み終えたような充足感。二部があるんですね?楽しみだ。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ日本版ケンタウロス!時代物!私が好きな世界の融合すぎて嬉しい。しかし読み始めるとこの物語は、人間が人馬を戦の道具として虐げているおぞましい世界でした。逞しく荒々しい松風と、芦毛で美しく駿足の小雲雀の逃避行。面白い!
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ極めた感がすごいです。これまで耳や尻尾だけもふってたけど、ここまで「もふパーセント」が多くても成り立つところがさすがです。かつて「お伽BL」と私が勝手にジャンル決めした琥狗さんですが、これもまたハートフルなお伽噺でした。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ可愛い可愛いという評判なわけですが、うーん、なんというか・・・可愛いよ。可愛いけど・・・ひふみん的な可愛さですかな。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ何このこのメガネの形!キテレツくんみたいって思ったら当たってた(笑)小玉さんにかかるとキテレツくんも理系イケメンだよまったくもってけしからん。地底人・・・いいなあ会ってみたい。いやもしかしたら忘れてるだけで会ってるのかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレうわー胸糞悪すぎて読みたくないのに読まずにいられなくてまたムカムカするの連鎖。狂ってるなこの母親ってのはもういい。問題は父親だよ。結局は家事と育児をやってくれるお手伝いさん的な女が必要なだけっていう男ですねこれ。あー気持ち悪い。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ稲造の初盆の巻。親戚の人たちとのやり取りでかなり消耗したのに、夜は夜でこの世のものでない者達へお披露目会で疲弊するよねそりゃ。初盆だから稲造も帰ってくるかと思ったのにそれはなかった。未練を残してないってことかな。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
なんかこう、ザンってカッコよく登場するシーンが小っ恥ずかしくて背中がムズムズするのは私だけなんだろうなあ。この王道感が苦手だ。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ唐傘を封印したとき、兵馬は唐傘を殺したかったはずなのに、それでいいの?と引っかかってたんだよな。雅楽寮もなんかずっと違和感あるなと思ってた。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ7人の騎士のそれぞれの名前が覚えやすくて良い。長男の「眠くない」は子供の頃なにをやらかしたんだろう。お父さんの死因もなにか関係があるのか。夜の長い国が「眠くない」を求める理由もまだ謎。続きはよ。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
唐傘が出てきたけど、なんか思ってたイメージと違う。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
椿に闇を感じる。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレ現実に起こりそうなことばかりではあるのに、現実離れした話。才能があり素晴らしい作品を生み出す人が、人間的にはどうしようもないという例で、私はどうしてもこういう人を好きになれないので、まり子さんの人の良い面しか見ないところを尊敬する。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ネタバレやっぱりこの方の猫はすごくリアル。こんな仕草するする!と随所で笑ってしまう。野良猫を見捨てられないというのもわかるけど、しおりんの猫愛には脱帽だなー。作者さんのように家の前に子猫が来たりしませんようにと祈るばかり。
が「ナイス!」と言っています。
イっちゃん
ニコニコ漫画で読んで、紙で欲しくなって購入。昭和の四コマ漫画のような懐かしいタッチで読みやすく、なにより猫達の動きがリアルですごく可愛い。途中からの多頭飼いは難しいんだなということがよーくわかる一冊。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/07/29(2917日経過)
記録初日
2007/07/09(4033日経過)
読んだ本
4933冊(1日平均1.22冊)
読んだページ
815153ページ(1日平均202ページ)
感想・レビュー
4777件(投稿率96.8%)
本棚
21棚
現住所
東京都
自己紹介

身内バレを避けるために一部カタカナ表記にしていますが、平仮名でも構いません。さん付けなしでお願いします。
北九州市修羅区出身、東京都ジブリ市在住です。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう