読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

pugyu
読んだ本
13
読んだページ
2938ページ
感想・レビュー
13
ナイス
120ナイス

9月に読んだ本
13

9月のトップ感想・レビュー!

pugyu
仕事で疲れて家に帰ってきたら見知らぬ子供が死んでいたらどんな気持ちがするだろう。最初は前原昭夫に同情気味に読んでいたのですが、この人の家族への対応が事件を呼び込んでしまったんではないかと思ってしまいました。一方で加賀刑事の従兄弟松宮から見た、加賀親子の問題も難しかったです。最期は泣けました。
が「ナイス!」と言っています。

9月のトップつぶやき!

pugyu

無料の電子書籍漫画が多い。2018年8月の読書メーター 読んだ本の数:11冊 読んだページ数:2150ページ ナイス数:163ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/74348/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
13

pugyu
文芸誌の編集者である娘と定年間近の国語教師のお父さん。娘が適度にお父さんを頼って、お父さんがポンと答えを出してくれる。時には蔵書からヒントを出してくれる。いいな、こういう関係。
が「ナイス!」と言っています。
pugyu
月イチの番組を楽しみに見ています。身の回りのもの、いただきもので作る精進料理も美味しそうだけど、何より作っている人たちが楽しそう。大地の恵みを余すとこなく美味しくいただく。レシピは少ししか載ってないけど、楽しさが充分伝わって、こちらも微笑んでしまうような本でした。しいて言えば、オサムちゃんの写真をもっと載せて欲しかった!
が「ナイス!」と言っています。
pugyu
ネタバレ最終巻積読解消。ずっと読んでなかったので内容や人物忘れて前の巻探しながら読んだので時間かっかった。長いことかかってリクオとシナコは勘違いに気づいたわけだ。ハルちゃんお待たせ!みんなが草食だから話が進まなかったけど、ゆっくりだから間に合った感じ。普通の人たちなら誰かが焦って動いてドロドロになるところだったね。
が「ナイス!」と言っています。
pugyu
最終巻だけ積読シリーズを解消。ありゃ4年も積んどいたんだ。純粋すぎる櫻庭くん怖かったけど、どれみや学校の人たちと関わり合って、人間に近づいてきた。強い者が生き残るんじゃない、愛されるものが生き延びるんだ。ふむ。猫もかわいさで生き残ってきたらしいしね。メイドちゃんはロシアの人でしたか。
が「ナイス!」と言っています。
pugyu
お金の勉強はできるだけ早く!確かに若いうちからお金との付き合い方をきちんとできてたら、迷うことが少なく夢を実現できていたでしょう。年取ってから欲しいものはお金で買えないものばかり。とりあえずサクセスダイアリーはつけはじめました。記入することがホントに生活感あふれるちっちゃいことばかりで悲しいけど。
が「ナイス!」と言っています。
pugyu
加賀恭一郎シリーズを順番に読んでいるけど、一番面白かった。事件の捜査中に出て来る人物が皆生き生きとしているし、人形町という街もいい。自分が通勤していたエリアなのでとても親近感がわいた。単に犯人を捕まえるだけではなく、関係者のわだかまりも解く加賀恭一郎はすごい。
が「ナイス!」と言っています。
pugyu
設定は色々でも、一番綺麗なところで話を終わらせるのが少女漫画のステキなところ。「マトリョーシカ」のユーリくんのシュミが面白い。女の子にマトリョーシカはともかく象みたいな変な人形渡しても喜ばれないよ。
が「ナイス!」と言っています。
pugyu
うららちゃん親子のおかげでゴンさんとの決別を決めた凪。人の感覚ってわからないけど、ゴンさんも複雑な気持ちを持ってるんだな。ただ喜んでもらいたいだけ。元カレ慎二の方は凪ロス重症だけど。節約にはげみ、うららちゃんと楽しく遊ぶ凪ちゃんが一番いいな。フライパンちぎりパンはいろんな味を作るといいのね。
が「ナイス!」と言っています。
pugyu
ダーチャとアンジェロ、共にアルテの光に当てられた人たち。彼女のようになれなくても、彼女のように輝きたいと思う気持ちは大事。肖像画家として働くアルテは貴族出身女性という奇異な立場を武器に枢機卿の依頼を受ける。今度はどんな繋がりができるのか楽しみ。
が「ナイス!」と言っています。
pugyu
反抗期って自分の気持ちがコントロールできなくなる。もしおとさん嫌いになったらひとりぼっちになっちゃうって思うつむぎちゃんがかわいい。そしてことりちゃん卒業。犬塚親子との関係は恋とかではなく、それ以上のものなんだな。のっけるオムライス美味しそう。
が「ナイス!」と言っています。
pugyu
仕事で疲れて家に帰ってきたら見知らぬ子供が死んでいたらどんな気持ちがするだろう。最初は前原昭夫に同情気味に読んでいたのですが、この人の家族への対応が事件を呼び込んでしまったんではないかと思ってしまいました。一方で加賀刑事の従兄弟松宮から見た、加賀親子の問題も難しかったです。最期は泣けました。
が「ナイス!」と言っています。
pugyu
絵がとてもかわいい。座敷わらし的な女の子のいるアパートに住む小説家のハル。子供との微笑ましいやりとりに垣間見える切なさ。「瞬く間」はショートストーリーがたくさん。一番最後の破天荒なおばあちゃんの話が好き。
pugyu
ダンナが図書館から借りて来たのをパラパラと見たら面白くて読みました。私の大好きな黄金期のアライバのやりとり、しびれました。高校野球のように負けたら終わりではない、シーズン通してのプロ野球の楽しみ方でもありますね。最近野球を見に行っても点が入って騒ぐだけだったので、次回からは二番打者に注目します。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/09/12(2958日経過)
記録初日
2010/09/12(2958日経過)
読んだ本
1140冊(1日平均0.39冊)
読んだページ
212788ページ(1日平均71ページ)
感想・レビュー
1056件(投稿率92.6%)
本棚
9棚
性別
職業
主婦
外部サイト
URL/ブログ
http://pugyu.jugem.jp/
自己紹介

主に漫画を読みますが、図書館に行くようになったので古い小説や新書にも手を伸ばそうと思ってます。最近は漫画喫茶で話題作をまとめ読みしてます。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう