読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

Kamikami
読んだ本
3
読んだページ
825ページ
感想・レビュー
3
ナイス
66ナイス

4月に読んだ本
3

4月のトップ感想・レビュー!

Kamikami
ジュリエット一行がヨーロッパ各地を所狭しと渡り歩き、悪行三昧に及ぶ。「千鳥」「腎水」といった古来の用語が散りばめられているあたりに、本作が猥褻であるとして訳者の裁判沙汰に発展した本書刊行の背景が窺える。迷いも衒いもなく一貫して情熱や快楽の美徳・道徳に対する優越と、悪の讃歌を歌い上げる姿勢にはある意味脱帽。ヨーロッパ著者の本当の狙いは、ニーチェの『道徳の系譜』の如く、世にはびこる道徳の欺瞞を暴き出すことにあったのかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
3

Kamikami
ジュリエット一行がヨーロッパ各地を所狭しと渡り歩き、悪行三昧に及ぶ。「千鳥」「腎水」といった古来の用語が散りばめられているあたりに、本作が猥褻であるとして訳者の裁判沙汰に発展した本書刊行の背景が窺える。迷いも衒いもなく一貫して情熱や快楽の美徳・道徳に対する優越と、悪の讃歌を歌い上げる姿勢にはある意味脱帽。ヨーロッパ著者の本当の狙いは、ニーチェの『道徳の系譜』の如く、世にはびこる道徳の欺瞞を暴き出すことにあったのかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。
Kamikami
ある修道女に美徳や道徳の無意味さと悪徳の喜びを教えられたジュリエットが、大学生のサークルようなノリで仲間と共に地上のあらゆる悪徳の限りを尽くすという小説。悪徳を勧めた修道女自体、戒を破って別の女性との性行為に明け暮れるような人だし…。著者はサディズムの語源の人。鞭打ち拷問を皮切りに、殺人(それも性器を切り落としたり、妊婦の腹を掻っ捌いて胎児を取り出したりするような筆舌に尽しがたいもの)、カニバリズム、スカトロジー、近親相姦、乱交と本当に何でもありで、かえって清々しく見える。
が「ナイス!」と言っています。
Kamikami
ロンドンで起こった殺人事件の犯人について迫る内容の小説。温厚なジーキル博士と凶暴な殺人犯のハイド氏という一人の人間に宿った二重人格を描いた作品として有名だが、その種明かしは終盤。別人格の「ハイド」は「隠れる」という意味の英単語「hide」が由来だそうだが、どちらが本当の人格と言えるのだろうか(あるいは両方かも?)。ジーキルの落ち度は、自分の中の凶悪な人格を自分として認めることができなかったことにあるのかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010年09月18日(2418日経過)
記録初日
2010年03月01日(2619日経過)
読んだ本
1580冊(1日平均0.60冊)
読んだページ
474001ページ(1日平均180ページ)
感想・レビュー
1502件(投稿率95.1%)
本棚
94棚
性別
年齢
29歳
血液型
B型
職業
IT関係
現住所
神奈川県
外部サイト
URL/ブログ
https://twitter.com/SHEN2XIAN1
自己紹介

本の種類としては古典文学からライトノベルまでの小説から、高度すぎない程度の学問に関する書、ノンフィクションなど幅広く読みます。
分野(ジャンル)としては歴史(日本史、世界史、時代問わず)、SF、思想哲学、ロシア文学、百合を好みます。