読書メーターあなたの読書量を記録・管理

3月の読書メーターまとめ

Kamikami
読んだ本
14
読んだページ
3361ページ
感想・レビュー
14
ナイス
93ナイス

3月に読んだ本
14

3月のお気に入り登録
1

  • さとうしん

3月のトップ感想・レビュー!

Kamikami
あらゆる書物が発見されるたびに焼却処分され、文字による情報伝達が行われなくなったディストピアが舞台のSF小説。主人公は焚書を実施する官吏として務めを果たす中でいろいろな人、いろいろな書物に出会う中で体制に疑問を抱くようになるが…。ジャンルはSFだが、シェイクスピアなど古典の引用が多く、どこか情に訴える場面が多い作品だったという印象。従来「焚書官」と訳されてきた主人公の職業を新たに「昇火士」と訳したことで、体裁を取り繕っても隠し得ないディストピアらしさが逆説的に目立つ形になったと思う。
が「ナイス!」と言っています。

3月の感想・レビュー一覧
14

Kamikami
プラトンのイデア論と神はイデアの媒介なく存在するため世界の諸存在に必然的関係はないことを説く「オッカムの剃刀」との関係、「もし私が欺かれるとすれば、私は存在する。なぜなら、存在しない者が欺かれることはありえないのだからだ」と説くアウグスティヌスとデカルトの「我惟うゆえに我あり」など、思想を対比させて読むことで勉強になった。
が「ナイス!」と言っています。
Kamikami
ネタバレ再度読んだことで「少女たちを主人公とした物語」であった吉屋信子『花物語』がなぜ女学生の必読書として扱われたのか納得できた。他にも「『よくってよ』『~だわ』など女学生の言葉遣いが乱れている」、「最近の女学生は読書ばかりして勉強が疎かになっている」今から見れば奇妙に聞こえるが当時の常識に沿った大人による女学生批判の記述と、その中には彼女らへの未熟さを蔑むものの他、羨望や嫉妬といった感情によるものがあったというのが興味深い。
が「ナイス!」と言っています。
Kamikami
パワハラ発言が問題となって辞職するも、5年連続で子育て世代の人口を増加させたことなどの実績を評価され、出直し選挙で当選した泉明石市長の市政を各分野の有識者と論じた本。「子ども中心の街づくり」を標榜して、2人目以降の保育料、施設使用料、医療費を無料化にするなどの政策はわかりやすい。他にも犯罪被害者の支援を兼ねつつ、加害者の賠償金の立替えといった一見忌避されそうな取り組みもなかなか重要だと思った。確かな実績を残したこともパワハラを働いたことも事実であることに政治家の評価の難しさを感じた。
が「ナイス!」と言っています。
Kamikami
ネタバレ最終巻。今までの登場人物たちが一堂に会するオーソドックスな展開。白黒をはじめ、誰もに前途洋々の未来が待ち受けている予感ができる幕引きだった。
Kamikami
ネタバレ春篇の残り半分。アミティエ2人との三角関係が生じる中で蘇芳が精神的に追い詰められていく過程と、その後のどんでん返しが眼前に鮮やかに蘇ってくるようだった。終盤が冬篇までの結末を意識している内容になっていたのは新鮮。
が「ナイス!」と言っています。
Kamikami
「透明な薄い水色に」の頃から思っていたが、作者の繊細で端正な絵柄と匂いまで伝わってきそうな蠱惑的な表情の描き方がたまらなく好き。なんだか複雑な展開になりそうだが、タイトル通り(?)、垂水光と青野寧々が昵懇になっていく予感がする。
Kamikami
生物学者である著者による著書。文章がこなれていて、職業作家のエッセイを読んでいるかのようだった。「生物と無生物の境界線は自己複製をすることにある、生物学における「動的平衡」、DNAの一部をノックアウト(欠損)させても、マウスの生育にさしたる影響はない、といった話題が変幻自在に語られており、ド文系の自分でも楽しめる内容だった。
が「ナイス!」と言っています。
Kamikami
白峰あやかが永らくライバル視してきた黒沢ゆりねに勝ったと思ったら、その勝利は意外と虚しいもので…。というわけで本作もそろそろ終盤。コスプレカップルもつよい。
が「ナイス!」と言っています。
Kamikami
あらゆる書物が発見されるたびに焼却処分され、文字による情報伝達が行われなくなったディストピアが舞台のSF小説。主人公は焚書を実施する官吏として務めを果たす中でいろいろな人、いろいろな書物に出会う中で体制に疑問を抱くようになるが…。ジャンルはSFだが、シェイクスピアなど古典の引用が多く、どこか情に訴える場面が多い作品だったという印象。従来「焚書官」と訳されてきた主人公の職業を新たに「昇火士」と訳したことで、体裁を取り繕っても隠し得ないディストピアらしさが逆説的に目立つ形になったと思う。
が「ナイス!」と言っています。
Kamikami
かの「スター・ウォーズ」や「銀河英雄伝説」の元ネタとなったSFの大作。天才科学者が未来予知じみた理論により、銀河帝国崩壊後の暗黒時代を短縮させることを目論むというスケールの壮大さが何よりも目を惹く。暗黒時代を完全になくすことはできず、あくまでも短縮させるという前提、ファウンデーション(財団)を帝国に匹敵するような勢力にする、といった着眼点も興味深い。聖職者云々の描写は作者アシモフが自ら聖書の解説書を上梓するほどの聖書研究家としての一面を持っていたことを思い起こさせる。
が「ナイス!」と言っています。
Kamikami
日本における金・銀・銅の採掘から抽出、製品の加工についての歴史を語る。言い換えれば職人技によるものづくりの歴史。著者は工学が専門であり、そのあたりからの知見から熱っぽく解説していてどこかエッセイのようでもあった。
が「ナイス!」と言っています。
Kamikami
自らが存在することの意識を突き詰める思想としての実存主義を哲学史的観点から概説。マルクスの「自己疎外」とは自己の労働の成果が他社のものとなる「外化」「他有化」であり、実存主義の系譜から語ることができるものであることを知ったのが大きな発見だった。
が「ナイス!」と言っています。
Kamikami
とある理由で赤頭巾を被るアイリスと剣士フィーネの異種族&主従百合コミック。表紙のイラスト通り耽美で血生臭い雰囲気が何ともたまらない。このようなダークファンタジーの世界観を持つ作品を「コミック百合姫」から出版したのは英断だ。
Kamikami
ある女子生徒らがスキー旅行中の事故により意識を失った男子生徒に代わって、その遠因を作ったクイーンビーに復讐を図る、というスクールカーストの存在を前提とした小説。LINEにより上位組を疑心暗鬼に陥らせて分断する手口にリアリティがあった。帯の惹句にもなっている「正論で人を殴るのが楽しくて仕方ない」というのはなんとも普遍的であり、説得力を感じざるを得ない。あと、語り部の主人公とその親友の関係が百合だった(小声)。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/09/18(3141日経過)
記録初日
2010/03/01(3342日経過)
読んだ本
1835冊(1日平均0.55冊)
読んだページ
534437ページ(1日平均159ページ)
感想・レビュー
1735件(投稿率94.6%)
本棚
94棚
性別
年齢
31歳
血液型
B型
職業
IT関係
現住所
神奈川県
外部サイト
URL/ブログ
https://twitter.com/KAMIKAMI3594
自己紹介

本の種類としては古典文学からライトノベルまでの小説から、高度すぎない程度の学問に関する書、ノンフィクションなど幅広く読みます。
分野(ジャンル)としては歴史(日本史、世界史、時代問わず)、SF、思想哲学、ロシア文学、百合を好みます。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう