読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

いまぷ@神戸元町コネクトロン
読んだ本
23
読んだページ
4461ページ
感想・レビュー
23
ナイス
216ナイス

4月に読んだ本
23

4月のお気に入られ登録
1

  • マラソンマン

4月のトップ感想・レビュー!

いまぷ@神戸元町コネクトロン
図書館のオンライン予約で内容もわからずタイトルだけで借りてしまった。ポプラ社の「おいしい文学賞」なるものの受賞作だそう。これまた登場人物それぞれの入れ子式の作品で、こういうのが流行りなのか、たまたまそんなものばかり手にしてしまうのか。タイトルを見たときは小中学生向けの作品かと勝手に思っていたけど、うーん、微妙。文学賞の主旨としては特に年齢でターゲットを絞ってはいないのだろうけど、各章の主人公たちの設定年齢差が反映されてない感じ。幼稚園の子も高校生の子も母親も、すべて同じ目線から語られているかのよう。→
いまぷ@神戸元町コネクトロン
2020/04/07 06:25

→結果、散漫な読後感。登場するせっかくのおいしい料理がもったいなかったね。

が「ナイス!」と言っています。

4月のトップつぶやき!

いまぷ@神戸元町コネクトロン

「動物のお医者さん」「ここはグリーン・ウッド」が全話無料に、花ゆめ46周年記念し https://natalie.mu/comic/news/377434

「動物のお医者さん」「ここはグリーン・ウッド」が全話無料に、花ゆめ46周年記念し https://natalie.mu/comic/news/377434
が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
23

いまぷ@神戸元町コネクトロン
ちくわぶがどうとかは置いといて、対象への愛あふれる書籍としていいお手本になるのでは。その由来から扱っているお店の紹介、レシピなど、バランスよくまとめられている。自分の”好き”に対して、誰もがこれだけの熱量は持っていると思う。ちくわぶの正体は結局推測の域を出ていないけど、結局はお金のない庶民の食べ物ってことですね。お好み焼きではなくもんじゃ、というとこと同じく(同じなのか?)関東の下町の食べ物ってなんかはずしてる感があります。そのままま食べりゃあおいしいものを、って感じで。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
誰だっけ、とにかくこれを読みなさい、と勧められていて。いわば表現することへのプライマルスクリーム。技術は後から磨いたらいいのよね。とにかく一歩を踏み出すこと。チラシの裏に落書きすること。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
理屈はわかるんだけど、難しすぎた。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
恐るべし、ぶんか社コンビニ本。作家によって得意分野があるのだな。著者は明治〜戦後の艱難辛苦を扱うことが多いようだけど、トンネルを出た先をちゃんと示してくれているとこが救い。原作があるのかどうかわからないけど、自身の作のストーリーであるならば、徹底した取材力と構成力。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
lifehackerで紹介されていた記事が役に立ちそうだったのでその底本を、と思ったら数年前に購入してほったらかしにしていたものでした!独学法というタイトルに惹かれて買ったはず。テンプレに落とし込むという作業がどうにも苦手なんですが、それを克服させてくれました。テンプレ=汎用性の高い真理、というとこから始まって、真理を多く手にしていることは自信に繋がる、という期せずしてすごい高みまで登らせてもらってました。そして手にしたものは他者貢献に生かす。もとい、他者貢献を前提としてネタを獲得していくことが学習である
いまぷ@神戸元町コネクトロン
2020/04/29 12:50

現時点で、59年の人生でもっとも役に立った本。

が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
TwitterのタイムラインがひとりのフォロワーさんによってWACK所属アーティスト名で埋め尽くされるようになって幾久しく。そこまでハマるのはなぜだ?と関連ものをいくつか手にとったうちのひとつ。文章のたっしゃなアイドルというのは昔からいるもの、とちょっと辛い感想になってしまうま。なんとか好意的に読もうとしたのだけど、最後の渡辺社長のテキストで、やっぱこいつに(こいつて!)ついていけるかどうかがWACKに所属し続けれるかどうかの踏み絵なんだな、とお釈迦さまの手のひらの上の孫悟空感が残りましたとさ。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
ぶんか社コンビニ本漁りでの最大の収穫が池田ユキオ。けばけばしい表紙の雑誌での連載だったのでてっきりぶんか社だと思っていたら、小学館とかメジャー誌で描かれているではないですか!やっぱ頭ひとつ突き抜ける人は違うのだな。小学館がコンビニ本みたいな電子雑誌を発行しているのも意外でした。メジャー誌とコンビニ本を行ったり来たりしてる作家さんも多いようで、ぶんか社は漫画家のセーフティーネットという思いを強くしました。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
感動、心・気持ちが動かされるには2種類ある。自分と近しいか、もしくは遠すぎるか。遠い場合は自らをまったくの安全地帯においてエンタメとして楽しめることだろう。近しい場合は、もし自分がそうだったら、自分だってそうなりえる、と考えることができる。「ありふれた鉄道」というのは後者だ。でもなくてねー。ありふれた場所における、ありえないお話だからこそ、よりエンタメ度が増すね。事実は小説より奇なり。どんな創作者にも作り得ない、ありえないお話。ありがたい、ってのは、ありえない、ってことだったよね、たしか。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
1959年のメンフィスとは戦争と人種差別のまだまだきなくさい時代。著者のセミ自叙伝とはいえ、理不尽なものを強いられる人にとってこの時代設定とは絶妙なのだろう。自分で選べることと選べないこと。選べないもの(人種、障害)を背負った上で何を選んでいくか。選んで進んで行くと選択した人には”神さま”からのギフトがある。吃音の少年がかろうじて発音できる言葉にのっけられた賢人からの至上のメッセージ。岩波書店のティーン向け海外小説シリーズ「Stamp」、恐ろしいな!!洗練された装丁はティーンに手にとることで大人になった感
いまぷ@神戸元町コネクトロン
2020/04/21 22:15

→をもたらすことでしょう。

が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
 →「夫がまったく働きません」の続き  渦中にいると描けることは「とにかく日々が大変!」ということしかないのだな。結論はもちろん出ていないし、同じ現象が起きている人もいないだろうから、どこも大変なのね、と自分を慰めるしかない。そういうまとめ方がないので、なんだかな、と引きずってしまう。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
同著者の「夫がまったく働きません」と「娘が不登校になりました」を続けて読みましたので、2冊セットの感想を両方にあげます。強制除霊師・齋でしか著者を知らなかったので、「夫」のほうは絵の雑さが意外でした。ゆるい内容には合わない絵なんだな、ゆうきゆうのコメントがうざいよ、という感想だけで終わり「娘」のほうへ。不登校の大変さよりも、こんだけ作品数の多い人でも台所事情はたいへんなのだな、というとこに落ち着いてしまったことをお詫び申し上げます。続きは「娘」のほうに→
いまぷ@神戸元町コネクトロン
2020/04/21 14:06

私も紙で読んだことありません。もっぱらAmazonです。

いまぷ@神戸元町コネクトロン
2020/04/21 14:07

ぶんか社コンビニ本については語りたいことが山ほど。

が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
定価で買ったのって生まれて初めてかも。コラムの執筆陣の豪華さには定評があったけど、おっさん雑誌テイストを醸し出すのは東海林さだおと原色美女図鑑ぐらいか。文春砲の威力をコロナの闇の解明に発揮していただきたいものです。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
初神田昌典。ネットワークビジネスとかする人が信者なんだと思っていた私を許してください。いえ、許さなくていいです(どっちやねん)。先だっての「”言葉にできる”は武器になる」と同じく、受けたセミナーの内容がほとんどこれと一緒だった。なんだ、人の褌で相撲をとるのがコンサルという仕事か。原典にたどりつけない情弱の藁なのか。でも確かに類似品よりは嫌味じゃない文体だった。だから第一人者でい続けられるのか。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
2020/04/15 21:54

ツイッターに流した奴が御本尊からRTされてびびる。

が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
ノンフィクションの感想として、そこで取り上げられている事柄に触れるばかりなのは書籍そのものの感想になっていないと常々思っておりますゆえ、占いのなんたるかについては本業ゆえに一家言も二家言もあるので触れません。またしても初作家さん、明治、大正、昭和初期ぐらいがお得意な時代なのかしら。時代ゆえの理不尽さを背負わされた女性の陰影を情緒たっぷりに描かれてあって。どれもドラマにできそう。でもね、占いと視える人は違うんだよ。なんでみんな一緒くたにするかなー。”今年がどんな年になるかを占う”ために視える能力を使うのは→
いまぷ@神戸元町コネクトロン
2020/04/15 19:32

→もちろんありだけど。でもそれは、占いじゃないよ。

が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
国試の問題が載ってて、はりのほうはまだわかるけど、柔道整復の問題がチンプンカンプンでした。当たり前のことだけど、専門分野によって扱うことはえらいこと違うのだなー。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
初東村アキコです。あまり内容に触れていませんが、ブログに書きますた。 「お稲荷さんより開運効果を期待するもの」 https://connectron.love/archives/3579
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
文鳥飼いとなって幾久しく。なのに、くちばしのパッキンのことを馬蹄斑ということを初めて知った!!しかし、やっぱ絵はなー、荒れたと感じた数年前から回復しない。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
ぶんか社コンビニ本での収穫のひとり、長崎さゆり。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
おそるべし、ぶんか社コンビニ本。暗い瞽女の話をハッピーエンドにまとめてあってよかった。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
深川直美さんのイラスト目当てで手に取ったのだけど、残念なことにイラスト量は少なかった。が、それを忘れてしまうほど本文にとりこまれた。コミュニケーション論的なものでこれまで手にしたベスト。コンビニ言葉の気持ち悪さに納得させて貰えたものは他にない。人付き合いに悩んでいる方にオススメしたい。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
よしたにさんは SEあるあるネタに限る。
が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
図書館のオンライン予約で内容もわからずタイトルだけで借りてしまった。ポプラ社の「おいしい文学賞」なるものの受賞作だそう。これまた登場人物それぞれの入れ子式の作品で、こういうのが流行りなのか、たまたまそんなものばかり手にしてしまうのか。タイトルを見たときは小中学生向けの作品かと勝手に思っていたけど、うーん、微妙。文学賞の主旨としては特に年齢でターゲットを絞ってはいないのだろうけど、各章の主人公たちの設定年齢差が反映されてない感じ。幼稚園の子も高校生の子も母親も、すべて同じ目線から語られているかのよう。→
いまぷ@神戸元町コネクトロン
2020/04/07 06:25

→結果、散漫な読後感。登場するせっかくのおいしい料理がもったいなかったね。

が「ナイス!」と言っています。
いまぷ@神戸元町コネクトロン
読友さんのレビューより名前も知らなかった作家さん。女性といことも知らなかった。カバー装画は内容とギャップ。手練れ感のある構成に『おっぱいマンション』が思い出された。ウェブデザインの講義で、デザインとはアートではない、テンプレに入れ込む作業だ、誰にでもできる、と聞いたのが目から鱗だったのだけど、登場人物それぞれのミニストーリーで展開するというやり方は作りやすいのかな。と、醒めた思いで読み進めていたら『ハッピーエンド』でやられた。思いをぶつけるだけの創作ではなく、スタイルを整える力も必要なのは当然か。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

いまぷ@神戸元町コネクトロン
いまぷ@神戸元町コネクトロン
97お気に入られ4月の読書メーターまとめ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/10/01(3530日経過)
記録初日
2010/10/03(3528日経過)
読んだ本
2906冊(1日平均0.82冊)
読んだページ
637930ページ(1日平均180ページ)
感想・レビュー
2067件(投稿率71.1%)
本棚
0棚
性別
年齢
59歳
血液型
AB型
職業
自営業
現住所
兵庫県
外部サイト
URL/ブログ
http://connectron.love/
自己紹介

占い(四柱推命・易・タロット)と心理カウンセリング(NLP・ビジョン心理学)であなたと幸せをつなぐ神戸元町コネクトロンです。自分嫌い病撲滅、仮面夫婦殲滅、天職ジプシー撃退、これらをミッションとしてオリます。立ち飲み屋での昼酒が生きがい。西成は心のふるさと。聴くものは一貫してイギリスもの。国内ならコレクターズです!

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう