読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

槙
読んだ本
10
読んだページ
3384ページ
感想・レビュー
10
ナイス
79ナイス

7月に読んだ本
10

7月のお気に入られ登録
2

  • 清角克由
  • い ぬ

7月のトップ感想・レビュー!

槙
amazonのSF・ホラー・ファンタジーで3位にランキングされていたので読んでみた。タイトルは前にアニメ化されていたので知っていたが、なるほどこういう話だったのか… アニメの方も評価が高いようなので、一度見てみたい。
が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
10

槙
ユニクロの潜入ルポが面白かったのでこちらも読んでみたが、潜入部分は1ヶ月と思ったより少なく薄味だった。ただこの一冊でヤマト運輸・佐川急便・日本郵便の歴史をざっくりとは知ることができる。再配達などの問題にも触れているが、今では日本郵便でも配達予定メールの仕組みを導入している。それらの効果がどの程度出ているのか知りたい。あとヤマト運輸のバリュー・ネットワーキングがどの程度成果を上げているのかも気になった。
が「ナイス!」と言っています。
槙
著者は前著「ユニクロ帝国の光と影」でユニクロから名誉毀損で訴えられた因縁浅からぬ関係だが、名字を変えてまでアルバイトとしてユニクロに潜入するその執念には恐れ入る。その一方で明らかにユニクロに愛着を感じているように思える記述もあり、そんなところが面白かった。しかし日本での潜入ルポに比べて、海外の下請け実態の調査は薄っぺらく、どこまで実態を表しているのかは疑問に感じる。あとユニクロにとって感謝祭というものがそこまで大事なものだったとは知らなかった。今年の11月は感謝祭に行ってみようと思う。
が「ナイス!」と言っています。
槙
現代ビジネスの記事で紹介されていたので読んでみた。導入部、比喩表現が独特で読み進めるのに苦労したけど、100ページ過ぎた頃にようやく慣れてきた。大画面テレビを配置したテレビ室というのは、現代的に捉えるとVRみたいな感じなんだろうか? 本書では大衆の心をつかむためにコンテンツの「単純化」「スピードアップ」が必要だと指摘しているが、YouTubeでの動画再生数をあげるのにも、同じようなことが言われているのは興味深い。それが67年前に書かれたことを考えると、人の本質はなかなか変化しないということか。
が「ナイス!」と言っています。
槙
ネタバレIT業界の過酷な多重請負の実態や、ビッグデータ・監視社会なんかをストーリーにうまく絡ませてて面白かった。月岡が自費で開発マシンや検証スマホを提供していたとあったが、発注者の立場だった自分は、ITベンダーに開発マシンを購入させて、そのマシンをプライベートで使っていたことがある。もう15年以上前だから時効だよね… 自分がやりとりしていたITエンジニアは5次くらいまでだったと思うけど、12次とかまであるとは知らなかった。あと終盤、万田が山荘で助けられるシーン以降、BL臭を感じてしまって困った(笑)
が「ナイス!」と言っています。
槙
SFかと思ったら働き方改革の話で驚いた。主人公がパルクールというあまり馴染みのないスポーツ?のパフォーマーで、技の名前も聞いたこともないばかりだった。しかしYouTubeで検索すれば解説動画が出てくるので、それらを見ながら読み進めたが、イメージが広がって良かった。ただそのせいか、主人公が東京の街を駆け抜けるラストシーンは映像で見てみたくなった。
が「ナイス!」と言っています。
槙
amazonのSF・ホラー・ファンタジーで3位にランキングされていたので読んでみた。タイトルは前にアニメ化されていたので知っていたが、なるほどこういう話だったのか… アニメの方も評価が高いようなので、一度見てみたい。
が「ナイス!」と言っています。
槙
いろいろとツッコミどころは多かったけど、夢中になって2日で読んでしまった。ただ文章だけではスペース・テザーの動きがイメージできないのが辛かったかな。
が「ナイス!」と言っています。
槙
ネタバレ「逝きし世の面影」が外国人の目に映った日本をまとめたものだったのに対し、こちらは著者の宮本氏が直接地方を歩き回って集めた日本人の記録。両方の著作を読んだことでとても理解が深まったように感じる。Googleマップの航空写真モードで記されている各地域を検索すると、より身近に感じられるのでオススメ。農村部における夜這いの風習や、巡拝にきたものとの歌合戦とその後のセックスなど、昔は本当に性に対してオープンだったんだなぁと感じた。
が「ナイス!」と言っています。
槙
タイトルがセミリタイア生活している私への問いかけのように感じたので読んでみた。結論から言うとヨーゼフ・ボイスの唱える「社会彫刻」という概念にとてもシンパシーを感じた。これは「武器になる哲学」でも紹介されていたが、現在の良くない社会の形態を、よりよいポジティブな形態に共同して変えていくというもの。自治会の役員になってこれから改革を進めていこうかと思っている私にぴったり(笑)
槙
「働かざるもの食うべからず」というBIへの批判に対し、「労働意欲が低いのもハンディキャップの一つだ」とする著者の主張には、「会社員には向いていなかったが、勉強は嫌いではなかったので大学院に入り直して経済学を学び、なんとか大学教員になることができた」という著者本人のプロフィールが影響してそう。あと紹介されていたモーリー社の料理ロボット、どうやら開発に手こずっているようで2017年に一般販売の予定だったが、いまだに販売アナウンスはされていない。AIはともかくロボット開発は大変そう。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2018/01/03(599日経過)
記録初日
2017/01/01(966日経過)
読んだ本
170冊(1日平均0.18冊)
読んだページ
51168ページ(1日平均52ページ)
感想・レビュー
168件(投稿率98.8%)
本棚
0棚
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう