読書メーターあなたの読書量を記録・管理

6月の読書メーターまとめ

槙
読んだ本
4
読んだページ
1020ページ
感想・レビュー
4
ナイス
20ナイス

6月に読んだ本
4

6月のトップ感想・レビュー!

槙
気分を変えたくてカーリルの読みたい本リストの最初にあったこの本を読んでみた。帯に「不朽のロングセラー」とあるように20年経った今でも興味深く読めた。その一方で現在の状況にたいして、今のヤマト運輸がどのような戦略を持っているのか気になる。文中一番面白かったのは「サービスが先、利益は後」のくだり。宅急便立ち上げ当初は赤字になるのが決まっているのだから、その部分を心配してもムダ。そんなことよりサービスを磨き上げるべき、との割り切りは非常に含蓄があると感じた。
が「ナイス!」と言っています。

6月の感想・レビュー一覧
4

槙
昨年、東京都美術館で開催されていた展覧会に行ってたのと、村上隆氏の本で紹介されていたので読んでみた。現代アートに通じる作品も紹介されていて、著者が「異端ではなく前衛」というのもうなずける。
槙
先日、帰還10周年を迎え、また後継機であるはやぶさ2の帰還も年内に予定されているタイミングで改めて読んでみた。読み終わって思ったのは、よくぞ戻ってきた!ということ。10年前ニコニコ動画で「こんなこともあろうかと!」というネタ動画を楽しんで見ていた覚えがあるが、その裏側にはスタッフの諦めない努力があるんだということを思い知らされた。ところでこれを読むとはやぶさ2が順調すぎて、逆に怖くなってくる(笑) あちらも無事に帰還して欲しい。
槙
気分を変えたくてカーリルの読みたい本リストの最初にあったこの本を読んでみた。帯に「不朽のロングセラー」とあるように20年経った今でも興味深く読めた。その一方で現在の状況にたいして、今のヤマト運輸がどのような戦略を持っているのか気になる。文中一番面白かったのは「サービスが先、利益は後」のくだり。宅急便立ち上げ当初は赤字になるのが決まっているのだから、その部分を心配してもムダ。そんなことよりサービスを磨き上げるべき、との割り切りは非常に含蓄があると感じた。
が「ナイス!」と言っています。
槙
現在の美少女フィギュアはガレージキットから生まれたものだったと思ってたけど、それも80年代にバンダイが発売したガンダムキャラのプラモデル「キャラコレ」がきっかけだった、とは初めて知った。ちなみに表紙とタイトルはその後に発売されたうる星やつらのラムのプラモデルについて。文中ではその答えを「制服の中に下着を履いてない方が問題」と、思春期にそれを購入した著者がそれを見て受けた衝撃と比べると、至極普通なお答えだった。読む人を選ぶ本だけど、フィギュア趣味の人なら興味深く読めると思う。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2018/01/03(920日経過)
記録初日
2017/01/01(1287日経過)
読んだ本
229冊(1日平均0.18冊)
読んだページ
67697ページ(1日平均52ページ)
感想・レビュー
227件(投稿率99.1%)
本棚
0棚
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう