読書メーターあなたの読書量を記録・管理

読書グラフ

もっと見る

最近の感想・レビュー

データの取得中にエラーが発生しました

最近の感想・レビューはありません

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

読んだ本
740

読んでる本
1

読みたい本
114

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2009/01/05(4883日経過)
記録初日
2000/01/31(8145日経過)
読んだ本
740冊(1日平均0.09冊)
読んだページ
213909ページ(1日平均26ページ)
感想・レビュー
650件(投稿率87.8%)
本棚
1棚
外部サイト
自己紹介

活字用アカウント。
漫画垢http://book.akahoshitakuya.com/u/14841


登録日は2009 1/6。
つけたコメント一覧の方がリストとして見やすいので簡単に星を
 ★☆☆悪い
 ★★☆どちらでもない
 ★★★良い
の評価でつけてます。星の前にLがライトノベル。
2007年以前の日時に関してはおおよその記録。
(10 11/20追記) 星評価は感覚が共有できないと思って止めました。
 休日の読書量の目安にと時間計ったら記入


***お薦め***
 「玩具修理者」ホラー。スプラッタや心霊以外で鳥肌が立つ程ゾクゾクした一冊。何でも直すことができる“玩具修理者”の話と、「私をよく知るが私は彼の事を知らない」という“酔歩する男”の二編。好きな本を一冊と言われたら迷わずこれを挙げる。

 平山夢明の小説。著者の都市伝説集めや怪談系を読んで怖がるにはインパクトが足りない。映画や本人の語りだったら多分楽しめる。

 「SINKER」他人の意識に沈み操ることができる男。他人の金品を表立たず奪うことができるが、刑事に能力を捜査に用いるよう要請され、犯人の凶行を追う。親父狩りや荒れる学校といった社会不安の空気があった中、それらをまとめたような1996年の本。物語としてより、犯罪者や心理学者の主張の方が引き込まれる魅力を感じた。


「独白するユニバーサル横メルカトル」短編集。この「ミステリがすごい」1位にはそぐわないと思うけれど、楽しめる話が多かった。
オチというよりやくざ者の出した死体を食べ処理する見世物小屋の大食い男のような、語りの妙でいいなと感じる。
《河童訳あり地蔵》《小円遊。小円遊》など
東南アジアの会話が日本語の狂った文章に聞こえているという表現も面白い。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう