読書メーターあなたの読書量を記録・管理

1月の読書メーターまとめ

sho_kisaragi
読んだ本
10
読んだページ
1930ページ
感想・レビュー
10
ナイス
76ナイス

1月に読んだ本
10

1月のトップ感想・レビュー!

sho_kisaragi
映画の浜辺美波が忘れられず、そのまま小説へ。話の構成的にはこちらのほうが好き。 もともと持っている前提はとても悲しいことだけれども、とても優しい世界。ホントなんで「えっ」てとこはあるけれども、見なくて良いものを見なくてすんだ気がするので、これで良かった。人生の選択についての人生観が、共感できるポイントで、まったく同じ考えを持っていたことで感情移入しすぎた。 なかなかに悲しい話だけど、ホントに優しい気持ちになれる良い内容でした。恭子ありがとう。
が「ナイス!」と言っています。

1月の感想・レビュー一覧
10

sho_kisaragi
明智恭介存命のころのお話。気軽に明智くんを堪能するのにちょうどいい作品であって、本編とはまったくもって関係ない。
が「ナイス!」と言っています。
sho_kisaragi
ネタバレ屍人荘の続き。怪しげな機関を調べていたら、ここにたどり着いたという話。 気になって仕方ないのは、もうミステリもここまで特殊な設定を持ち込まないと、クローズドサークルネタは話にならないというのかなんというか。話の展開的には、微妙な伏線を回収しないまま最後にやってきて、全部すくい上げるやり方。やられたーと思うか、ちょっとこじつけが過ぎない?と思うか、そうだろうなと思うかで評価が変わりすぎるような最後。 話はちゃんとしてるんだけど、予知夢設定をどこまで受け入れられるか。だな。
sho_kisaragi
BABYMETAL METAL GALAXY 追加公演中に読むと、味わい深すぎてヤバい。
sho_kisaragi
ネタバレやってくれたなってとこ。タイムパラドックスをベースにするSF小説は古くからあって、パラドックスをどう説明し切るか、どう未来を展開させるかが焦点に当たる。 ただこれは、小説で言えば鈴木光司のループに端を発する、人工生命との連結、そして仮想と現実とを以下に結びつけ合うかの物語。はっきり言って、あとに進めば進むほど、そのつながりが現実と人工生命との境をあやふやにし、結局現実が何だったのか、それを最後の最後にひっくり返すことになるような物語だったんだろうと推察したけど、これを正しく理解するのは、とても大変だわ。
sho_kisaragi
「スローリーディング」というキーワードが引っかかったので、多分その原点ぽいこちらを。ものすごく言っていることよく分かる。作者の意図を考えながら、深く、掘り下げるように読んでいくことで理解も深まる。たしかにそうだ。読んだ本が少なくとも、得られる知見も多い。これが本当の本の読み方だと理解する。 小中学生の頃は、同じ本を何度も読み返したことを思い出す。あの頃のスローリーディングのおかげで、今の自分があるだろうともわかる。 問題は技術書。一冊で一年くらいかかってしまうものもありそう。読み方には工夫が必要だろう
sho_kisaragi
映画の浜辺美波が忘れられず、そのまま小説へ。話の構成的にはこちらのほうが好き。 もともと持っている前提はとても悲しいことだけれども、とても優しい世界。ホントなんで「えっ」てとこはあるけれども、見なくて良いものを見なくてすんだ気がするので、これで良かった。人生の選択についての人生観が、共感できるポイントで、まったく同じ考えを持っていたことで感情移入しすぎた。 なかなかに悲しい話だけど、ホントに優しい気持ちになれる良い内容でした。恭子ありがとう。
が「ナイス!」と言っています。
sho_kisaragi
ネタバレ映画を見たら、浜辺美波が可愛すぎて最高なのに、ゾンビとオチがひどすぎたので、原作読んでみた。 映画化は失敗で、原作が良作と判断。 原作だと、一応ゾンビがパンドラの引き出しだったり、オチに向かうまでの剣崎と葉村のやりとりや、殺された彼らの心の闇とか丁寧にちゃんと書かれてる。明智くんの救われなさは変わらないんだけど、最後にちゃんと剣崎が明智と対峙するとこは、流れ的に理解できる。 なぜ、映画はあんな脚本になった…ラストをもうちょっと変えるだけで傑作になったろうに…。
が「ナイス!」と言っています。
sho_kisaragi
今年は基礎やり直しの年。システムの定義と、用語の正確さを鮮明にするために。英語ももちろんだが、今年は数学の必要性も身にしみてわかる。 システムは観測・視点によりその声質と対象と内容が変わる。これらを一般化したシステム理論をベースにして、情報システム・情報ネットワークとは何か、何であるべきか、そしてそれらを論理的正確に表記するための関数は、情報科学の根源的な性質として、正しく理解しようとそう考える。 この本は一般化されたシステム論なので、紹介された他のシステムも参考に、情報システムに活かしていきたい
sho_kisaragi
なんかPrimeでおすすめされてて、Kindleで押したら素直にダウンロードされたので、読んでみた。 いくつか気になる内容もあるし、参考文献も気になるんだけど、なんとなくそうかなーでも、たぶん疲れは取れないわって感じの内容。姿勢、動かし方、脳、ココロと休め方と鍛え方がある。どれも、科学・医学的な見地はよくわからないけれども、なんとなく説得力はある。
sho_kisaragi
おっさんがこんな若い可愛い子にお金払うなんて、申し訳ないと思いつつも、売れ行きは一つのバロメーターなんで、ある程度金を持っている人が投資しないとならないと勝手な思い込みがあるので、最新の写真集一つをチョイス。 賭ケグルイや屍人荘の殺人の撮影の頃の1年間、10代の変わりやすい頃の写真なので、その変化も面白いとこです。日経エンタテインメントの連載も入っていて、浜辺美波素人には、彼女のことを知るにちょうどよい作品でした。 経験値はそれなりだし、CMにもたくさん出ているので、この調子で進んでいってほしい。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/01/10(3691日経過)
記録初日
2010/01/10(3691日経過)
読んだ本
1324冊(1日平均0.36冊)
読んだページ
185750ページ(1日平均50ページ)
感想・レビュー
811件(投稿率61.3%)
本棚
1棚
性別
血液型
O型
職業
IT関係
現住所
東京都
外部サイト
URL/ブログ
http://oshiire.to/
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう