読書メーターあなたの読書量を記録・管理

1月の読書メーターまとめ

鷹のぼせ
読んだ本
4
読んだページ
1267ページ
感想・レビュー
4
ナイス
68ナイス

1月に読んだ本
4

1月のお気に入られ登録
2

  • 当山由美子
  • Mark X Japan

1月のトップ感想・レビュー!

鷹のぼせ
本書は、歴史は逆説的な検証が必要であることを身にしみて感じさせてくれる。「贅沢品は必需品になり、新たな義務を生じさせる」 狩猟民族から農耕民族への転換が、人類の繁栄のターニングポイントの一つかもしれないが、逆に農耕作物に支配される結果を生み出したとも言える。長い人類の歴史を考えると、繁栄から衰退を迎えることは自明の理のような気がする。だとすれば人間の短い一生は楽しんだ者が勝ち、といった刹那的な気分になってしまうのは自分だけだろうか。
が「ナイス!」と言っています。

1月の感想・レビュー一覧
4

鷹のぼせ
江戸時代の「空気」を見事に描いている。医学界においては漢方が主流であり、幕府内の権力も漢方医が掌握していた。幕末の激動が始まる頃、西洋医学を志した松本良順は長崎でオランダの軍医ポンペと出会う。両者初対面の時、互いの発言に戸惑いながらもそれぞれが今後の進むべき方向性を定め、覚悟を決めるシーンが好きだ。これからの展開が楽しみ。
が「ナイス!」と言っています。
鷹のぼせ
言わずと知れたレジェンドの書いた体と心の整え方。ジャンプ系は瞬発系や体幹の力が求められるのだろう。フィジカルトレーニングとして下半身の強化とストレッチの重要性を説いている。自分自身もハムストリング・股関節のトレーニング・ストレッチを行うと、なんとなく体調がよくなる印象があった。目指す体型は細マッチョ、とのこと。しなやかな肉体を作りたいという理想はあるが、なかなか上手くはいかない。後半はメンタルトレーニングについて記述。目新しい内容ではないが、さくさく読める。
が「ナイス!」と言っています。
鷹のぼせ
本書は、歴史は逆説的な検証が必要であることを身にしみて感じさせてくれる。「贅沢品は必需品になり、新たな義務を生じさせる」 狩猟民族から農耕民族への転換が、人類の繁栄のターニングポイントの一つかもしれないが、逆に農耕作物に支配される結果を生み出したとも言える。長い人類の歴史を考えると、繁栄から衰退を迎えることは自明の理のような気がする。だとすれば人間の短い一生は楽しんだ者が勝ち、といった刹那的な気分になってしまうのは自分だけだろうか。
が「ナイス!」と言っています。
鷹のぼせ
狩猟民族から農耕民族へ。長い人類の歴史の中で、生き残るために変容していったDNA。人間の行動の多くは利己的な遺伝子によって説明出来る。親の子どもに対するしつけに意味はなく、子どもの人間関係が人生に決定的な影響をもたらす。やや絶望的な内容であったが、親の役割は、子ども達へ最適な環境(人間関係)を整えることだ、との記述でやや救われた感があった。また男性ホルモンのテストステロン値が高い男性は攻撃的な傾向が強く、負けず嫌いなリーダーになりうる、との記載が興味深かった。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2014/08/19(1286日経過)
記録初日
2014/08/19(1286日経過)
読んだ本
121冊(1日平均0.09冊)
読んだページ
32510ページ(1日平均25ページ)
感想・レビュー
66件(投稿率54.5%)
本棚
17棚
性別
血液型
O型
職業
専門職
URL/ブログ
http://keittaey.hatenablog.com
自己紹介

ご覧のとおりのホークスファンです。ビジネス、教育、ライフハック、歴史物を中心に読んでいますが、もっと幅広く読書したいと思っています。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう