読書メーターあなたの読書量を記録・管理

読書グラフ

もっと見る

最近の感想・レビュー

データの取得中にエラーが発生しました

最近の感想・レビューはありません

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loading
Loading
Loding meterchan

最近のつぶやき

データの取得中にエラーが発生しました

最近のつぶやきはありません

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

Loading
Loading
Loding meterchan

読んだ本
427

読んでる本
29

積読本
1030

読みたい本
301

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2015/04/11(1341日経過)
記録初日
2015/03/01(1382日経過)
読んだ本
427冊(1日平均0.31冊)
読んだページ
125029ページ(1日平均90ページ)
感想・レビュー
332件(投稿率77.8%)
本棚
13棚
性別
URL/ブログ
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009369313257
自己紹介

お気に入り登録はお気軽にどうぞ。ただし、まともな議論ができないと思われる方や、そのような方が支持する、知的誠実さに欠ける”文化人”を肯定的に評価する方については、こちらからは一切関わりませんし、場合によりブロックします。あらかじめご了承ください。
《私の性格診断》
http://xn--16-573d25rtpd1v4e.com/entj.php

(ここを訪ねられた方へ)
あなたが何を読んでいるか、何を知っているかには基本的に興味がありません。あなたが読んだ本を通じていかに己を語るかに興味があります。
「名刺代わりの10冊」という本棚があるので、興味のある方は覗いてください。

(私の考えるところ)
日本会議等の改憲(=壊憲)勢力が最終的に目指すのが大日本帝国憲法の復活である事は、主権の観点から見れば、国民を「権利の主体」から「保護の客体」に還す事を意味する。
かつて私はネット上で「今の時代に『水戸黄門』が放送されているのは納得できない」と発言し、しばらく議論したことがある。要するに、帝政ロシアの農奴が「よきツァーリ」を待望したように、お上に政治を任せておけばよい、国民にできるのはお上によき政治を望むことだとする態度につながると言いたかったわけだが、改憲勢力の描く国家像はこれと大差あるまい。
「保護の客体」を「お上の言いなり」と書き換えてもいい。むしろこの方が適切か。
(以前投稿したつぶやきを一部修正して再掲)

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう