読書メーターあなたの読書量を記録・管理

12月の読書メーターまとめ

しんたろー
読んだ本
13
読んだページ
4424ページ
感想・レビュー
13
ナイス
4127ナイス

12月に読んだ本
13

12月のお気に入り登録
4

  • きー
  • momo
  • 染井為人
  • さくらさくら

12月のお気に入られ登録
5

  • きー
  • dela3
  • momo
  • 染井為人
  • さくらさくら

12月のトップ感想・レビュー!

しんたろー
シリーズ最終巻。レギュラー陣が次々に去ってゆく寂しさ、4巻で宿題になっていた「彼」との嬉しい再会などラストに相応しい展開に泣いたりホッとしたり…特に楓の祖父が語る独白は、娘を持つ身にとっては「反則ー!」と叫ぶほど泣かされた。全巻の詳細を覚えていないのが情けないが、楓の成長物語として素敵な物語だった。涎が出そうな料理の数々も印象的で(本巻は「おいなりさん」がツボ!)、食と人情を絡めた名シリーズだったと断言できる。出来れば数年後の楓たちをいつの日か描いてくれることを熱望!まずはネットで読めるオマケを楽しもう♬
♡ぷらだ♡
2020/12/16 14:47

料理本も大好物です。気になる本です。まずは、シリーズの1巻から。😊

しんたろー
2020/12/16 18:26

ぷらださん、良質な人情&料理ドラマで、連作短篇形式なので読み易いですよ😉

が「ナイス!」と言っています。

12月のトップつぶやき!

しんたろー

いつも多大なナイス&楽しいコメントを有難うございます!皆さんに面白い本の情報と元気を頂いて、長いロケ中にも拘わらず読書量が復活してきました⇈先月のトップ3は『同姓同名』『刑事何森 孤高の相貌』『アンダードッグス』何かとお忙しいでしょうが師走もお付き合いくださいませ(^_-)-☆ 【2020年11月の読書メーター】本の数:15冊 ページ数:4866ページ ナイス数:4782 ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/655439/summary/monthly

いつも多大なナイス&楽しいコメントを有難うございます!皆さんに面白い本の情報と元気を頂いて、長いロケ中にも拘わらず読書量が復活してきました⇈先月のトップ3は『同姓同名』『刑事何森 孤高の相貌』『アンダードッグス』何かとお忙しいでしょうが師走もお付き合いくださいませ(^_-)-☆
【2020年11月の読書メーター】本の数:15冊 ページ数:4866ページ ナイス数:4782 ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/655439/summary/monthly
★Masako★
2020/12/02 12:19

あら、ロケ地に行ってたんですね♪ 「同姓同名」高評価! 来年になるけど読むぞ~(*ˊᵕˋ*)!「アンダードッグズ」も続きます♪ 今月もよろしくお願いしま~す(・∀・)ノ

しんたろー
2020/12/02 15:04

くまみさん、まだ言えませんが、来年から始まる大人向けドラマに衛生管理として帯同しています😅コロナに負けずにロケ&読書を頑張ります!!😉

が「ナイス!」と言っています。

12月の感想・レビュー一覧
13

しんたろー
前巻のラスト、結の「かんにん」から続く波乱の幕開けから始まって、五鈴屋に次から次と苦難が襲い、胸が苦しくなる展開…それにしても、結がどんなに哀しかったにせよ恩を仇で返す仕打ちは好きになれない。大体が音羽屋に身を寄せる神経が信じらず「高田さん、やりすぎでしょ!」と怒りさえ感じた。とは言え、惣次や力造の使い方は巧かったし、久々に大阪の面々を登場させて幸を勇気づける計らいも憎い。(特にお梅どんが絶妙!) 次巻では、木綿の型染めで盛り返し、音羽屋をギャフンと言わせて欲しいと願う。(ついでにお梅どんに春が来る事も)
じゃがー
2020/12/30 13:10

次巻ではあの蛸野郎をぎゃふんと言わせる展開を期待!「やりすぎ」には同感です!(^_^;)

しんたろー
2020/12/30 20:32

じゃがーさん、人は状況で変わるとは言え、結に関しては唐突な感じがしましたねー😅こうなると、蛸野郎と結が路頭に迷うほど落ちぶれるようにして欲しい、意地悪な気持ちになります😝

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
矢樹さん2冊目は家族をテーマにした短編が5つ…イヤミスに分類される話だが、苦手な私でも楽しんで読めるのが著者の巧いところ…誰しもが抱えていそうな心の闇でサスペンスを盛り上げるだけでなく、納得できるオチで希望を持たせてくれるからだろう。『裂けた繭』だけはグロいホラータッチでスッキリしないが(これはこれで面白い)、他4作は伏線の回収&余韻あるラストに満足。単なるイヤミス作家と決めつけてはいけない筆力を感じるので、他作品も読んでみたい。それにしても、本人は覚えてない失敗や失言を「妻は忘れない」よなぁ(;^ω^)
やも
2021/01/06 09:09

余計な一言こそ忘れないってか、忘れられないですよね😎しんたろーさんはチクッと言われてドキッとしたあと、どんな対応してるんですか🤔?こちら、私も気になるからもらっていきます🙋

しんたろー
2021/01/06 10:59

やもさん、覚えていても忘れていても「え、そうだっけ?」と聞き返します(;^ω^) ホントに忘れていることが多いのですが、奥さんは細かいことまで覚えているもので・・・(^▽^;)その才能を他で活かして貰いたいものです(;^ω^)

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
読友さんが数人が「名人芸」と褒めているが、正にその通りの円熟味を感じる15巻…タイトルに春夏秋冬を冠して、心地好い泣き笑いを盛り込んだ4編は夢中で読めた。特に久々の清八郎が登場する『はるこい』の続編『はるざれ』は沁みる人情&恋話になっていて、その結末も清々しくて大満足。『あきなす』の嫁姑話は金太の活躍?もあって、名作落語のようだし、鉄斎の過去が絡んだ『ふゆどり』は見事な展開と余韻のある結びに拍手!巻を追う毎に登場人物と作品が成長していて、自分も長屋仲間になったみたいで、もっと多くの人に知って貰いたくなる。
しんたろー
2020/12/26 10:18

mariyaさん、それは残念なルールですね!😓とても良質な人情噺が揃っているので、日本にいる御家族に取り敢えず5巻までをブックオフなどで購入して貰って、送って頂いても決して損はしないと思いますよ😉

しんたろー
2020/12/26 10:22

ひろさん、お葉ちゃんが幸せになれそうで良かったですよね!😊16巻は3/25頃の発売みたいです。ところで、15巻が2冊とは?間違ってダブってしまいましたか?😅

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
訃報に驚き追悼を込めて久々の小林さん…ゾンビウイルスが蔓延し、全動物が死ぬとゾンビになる設定で、野良ゾンビは徘徊し、ゾンビイーターなるグロい輩もいる独特の世界観。そんな中で密室殺人が起き、探偵・八つ頭瑠璃が事件解決に向けて命を狙われつつも奔走する…まるで漫画のような物語だが、テンポ良い会話と本格ミステリ色さえ感じる反則スレスレの論理に思わずニンマリ。ドギツイ描写もあるがゾンビ映画を笑いながら怖がれる人には楽しめる怪作だと思った。未読の『蜥蜴のビル』シリーズにも手を出してみようかなと考えつつ、合掌!
★Masako★
2020/12/30 18:12

今頃気がついた~(笑)! しんたろーさんも楽しめたみたいで良かった(*ˊᵕˋ*) ラストにきゅうん♡♡ってならなかった? 男性はならないか(笑)

しんたろー
2020/12/30 20:27

Masakoさん、オススメ有難うございました😉少しだけキュンとしましたよ😙

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
監察ファイル第2弾は、特殊詐欺犯の資料が流出、その幹部たちが殺されてゆく…監察官・佐良&相棒・皆口が流出元を探ると、警察内に「互助会」なる組織があり、法で裁けないワルに私刑を施していると知る…展開は面白いし、上司、弁護士、情報屋など周囲のキャラも立っている。特に、主役を喰う魅力が皆口にあり、彼女主役で続編を書いて欲しいとさえ思った。伊兼さんは好きな作品が多いが、残念ながら読み辛い文章回しが、今いちファンが増えない理由だとも感じた。それでも社会派サスペンスを充分に楽しませてくれて、第3弾も是非お願いしたい♬
じゃがー
2020/12/25 07:46

来年こそ『地検のS』読むぞー!!(^_^;)

しんたろー
2020/12/25 08:51

じゃがーさん、鬼が笑ってますぞー😆

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
『悪い夏』は「力ある作家だけど好みのタイプではないなぁ」だったが、読友さん達が推すので本作へ…暴走族上がりの架空請求業者・鉄平、引き籠りのYouTuber・純、二人の対決を軸に、何処にでもいそうな女子高生・萌香が絡んでくる青春群像劇。序盤は男二人が好きになれず乗れなかったが、中盤からサスペンスとコメディのバランスが噛み合って面白味が増す。テンポアップした終盤は漫画チックながら、それまでの人物描写が功を奏して彼らを応援できた。この手のエンタメは木内一裕さんが第一人者だと思っているが後継者になれる腕を感じた。
しんたろー
2020/12/19 14:07

じゃがーさん、社会派も好きな私としては益々楽しみになってきました♫😉

🐕アヴェンタドール🐶🐾
2020/12/19 15:00

僕もこれ未読だったので年末年始参戦します‼

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
シリーズ最終巻。レギュラー陣が次々に去ってゆく寂しさ、4巻で宿題になっていた「彼」との嬉しい再会などラストに相応しい展開に泣いたりホッとしたり…特に楓の祖父が語る独白は、娘を持つ身にとっては「反則ー!」と叫ぶほど泣かされた。全巻の詳細を覚えていないのが情けないが、楓の成長物語として素敵な物語だった。涎が出そうな料理の数々も印象的で(本巻は「おいなりさん」がツボ!)、食と人情を絡めた名シリーズだったと断言できる。出来れば数年後の楓たちをいつの日か描いてくれることを熱望!まずはネットで読めるオマケを楽しもう♬
♡ぷらだ♡
2020/12/16 14:47

料理本も大好物です。気になる本です。まずは、シリーズの1巻から。😊

しんたろー
2020/12/16 18:26

ぷらださん、良質な人情&料理ドラマで、連作短篇形式なので読み易いですよ😉

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
貴島シリーズ第3弾。「死体が生き返った?」というホラーテイストから始まるが1作目ほどのインパクトはなく、密室やアリバイ崩しを絡めて本格志向が強くなった創りで、複雑な人間関係もあって少々翻弄された。とは言え、貴島刑事がコンビを組む女性刑事・飯塚が和ませ役として機能して、気楽に読めるように配慮されているし、最後の切ない真相も悪くない。「その状態で電話には出られないだろう!」とか「なんで、そんな表情で死んだの?」とか、疑問に思わせる部分があるのが残念だが、テレビの2時間ドラマを楽しむ感覚なら充分に合格点の出来。
が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
『サクリファイス』シリーズに名を連ねているが、大学生・岸田正樹を主人公にした番外編…柔道で辛い過去を持つ正樹がロードレースに目覚めて無気力人間から復活する物語は、櫻井という先輩のキャラが際立っていて、二人主役とも思えるし、周囲のキャラも巧くて読み易い。競技用自転車の構造や魅力を今までで一番判り易く描いているので、改めて知ることもできた。シリーズの名脇役・赤城がカメオ出演なのも嬉しかったが、正樹や櫻井がオッジに参加したり、チカと絡む続編を書いてくれると本作がシリーズにある意味が深まると思うので、続編を熱望!
kasumi
2020/12/12 16:22

私も続編希望です!

しんたろー
2020/12/12 20:56

kasumiさん、ですよねー!!近藤さんが新潮社と和解できないなら、他社で書いて欲しいです♫

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
高遠寺静と香月玄太郎のコンビ2作目も5つの連作短編集。医療従事者の安楽殺人、耐震偽装問題、高齢ドライバー事故など社会を賑わせた現実の事件を取り入れた前半3編から、静自身の過去に絡んで事件が繋がってゆく後半2編への構成が職人芸のようで、軽く読めるのに色々と考えさせられた。このシリーズは著者自身の毒舌ぶりが玄太郎に反映されて、その「ぶった切り」が痛快でもあり、些か煩くもある。最後の一文は、他の作品で二人の将来を知っているから寂しくなったので、できれば3作目を描いて貰って今一度だけ活躍させて欲しいと思った。
hushi亜子
2020/12/08 13:22

同じくなんです。できればまた読みたいですよね。先が見えるような表現がちょこちょこあるのが気になって…。何だか苦しい感じもしちゃいました。

しんたろー
2020/12/08 17:15

hushi亜子さん、そうですよね!!二人の先々を知っていると複雑な気持ちになりますよね😅

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
ウェブマガジンのライター・湾沢が、奇怪な現象を取材して謎解きをする7つの連作短篇集。ホラーテイストなミステリで気軽に読めるが、最終話で各編に伏線が張ってあったのが判る仕組みなのは憎い!「もしかして、伊坂さんの雰囲気を狙っている?」と思わせる構成&キャラ設定なのが面白い。地底アイドル・練馬ねりと湾沢の先輩・井出のキャラクターが濃くて好みだが、肝心の主人公に魅力が足りなくて残念。最後のオチがイヤミス風なのは疑問だが、切ない余韻ある『歌うハンバーガー』とオカルトミステリとして上出来な『目覚める死者たち』は好き。
しんたろー
2020/12/07 10:11

じゃがーさん、「アレ」を入れないようにレビューを書くのに苦労しました😅貴兄の真似にならないように😆

🐕アヴェンタドール🐶🐾
2020/12/07 17:48

しんたろーさん、「アレ」って本当何なのかアレコレ考えてしまいますが、きっと読まないと分からないのでしょうねえ😊その時まで楽しみに待ってます‼

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
横溝賞の優秀作と知り、染井さん初読み。生真面目なケースワーカー・佐々木を中心にした生活保護に関わる人々の群像劇…この手の内容には既視感があるが、現実を巧みに捉えていて目が逸らせない何かがあるし、すぐ近くに居そうな人物造形も悪くない。しかし、自堕落で無責任な人が多く登場するので嫌悪感も強く、保護が必要なのに成す術のない母子の末路が哀し過ぎる。「悲劇と喜劇は表裏一体」的なあとがきがあるが、巻き込まれただけの佐々木の悲劇や誰にも救いのない結末では笑えない。読み易い文章ではあるが、好きではないタイプのイヤミス。
しんたろー
2020/12/04 12:44

了解くんです😉

しんたろー
2020/12/04 22:01

どちらかと言うとネガティブな感想を書いたのに、染井さん御本人からお気に入り登録を頂きました!!心の広い作家さんなんですね😉現金な男なので他作品も読もうと思っています😅

が「ナイス!」と言っています。
しんたろー
監察官という身内の不祥事を嗅ぎまわる警察内の嫌われ者を主人公にした警察もの…後輩を目の前で殺された元捜査一課刑事・佐良は人事一課に移動し、後輩の婚約者で女性警察官・皆口の監察を命じられるが、未解決の殺人事件と絡み合う複雑な人間関係が見える…多少の読み難さはあるが「大人の警察ドラマ」の匂いが漂っていて好み。佐良と皆口のキャラが立っていて、脇役たちもイイ味を出しているが、肝心の上司二人が似通っている印象なのが唯一の残念な点。それでも他作品と同様に高品質で、もっと多くの人に知られるべき作家さんだと改めて思った。
★Masako★
2020/12/04 10:04

じゃがーさん…(T-T)

みどり虫
2020/12/04 10:40

じゃがーちゃん、いいひと(人˙꒳​˙ )

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/02/16(1808日経過)
記録初日
2016/01/07(1848日経過)
読んだ本
915冊(1日平均0.50冊)
読んだページ
316994ページ(1日平均171ページ)
感想・レビュー
915件(投稿率100.0%)
本棚
37棚
性別
血液型
A型
職業
クリエイター系
現住所
東京都
自己紹介

感覚派で何となく気になった本を乱読するタイプですが、好きになった作家は追いかける傾向もあります。(現在、エッセイを除いた森沢明夫さん、横山秀夫さん、恒川光太郎さん、今村翔吾さんは制覇しました)ミステリ、サスペンス、ホラー、ファンタジーなどのエンタメを好んで読みますが、心情が伝わってくる人間ドラマが描かれていれば更に嬉しいです。ドラマ制作の仕事柄、映像化できそうな作品もチェックしています。オススメがあったら教えて下さると嬉しいです。

【ナイスについて】
同じ本を読んだ同志への敬意として、ポチッしています。お気に入りさんに関しては、未読の本でも参考にさせて頂く御礼を込めてポチッしています。ただし、ネガティブな感想に終始しているものや、点数だけ or 星印だけで、感想がないものは、良し悪しを判断できないのでポチッしていません。ナイスを頂いた際は、見逃さない限り御礼ナイスを返すようにしています。つぶやきに関しても、同様の基準でポチッしています。自分ルールでお気に召さない方もいらっしゃるでしょうが、ご了承くださいますようお願いいたしますm(_ _)m

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう