読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

timeturner
読んだ本
65
読んだページ
13599ページ
感想・レビュー
65
ナイス
547ナイス

7月に読んだ本
65

7月のトップ感想・レビュー!

timeturner
いつも感じるけどブレイディさんの本には教えられることが山のように詰まっていて圧倒される。単純に今まで知らなかったことだけでなく、よく観察していれば気づけたはずなのにそれを怠ってきたことも教えられる。これはもう生き方のレベルの問題だね。
が「ナイス!」と言っています。

7月のトップつぶやき!

timeturner

2019年6月の読書メーター 読んだ本の数:65冊 読んだページ数:10877ページ ナイス数:617ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/81428/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
65

timeturner
ネタバレ北東のラフプレーの裏話は感じ悪いな。あれじゃあ監督も浮かばれない。京王河原の監督いたのか、めっちゃ影が薄いなあ(出番は3コマだけ)。げっ、臼井さま、髪のセットに1時間もかけるのか?!
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
作者は獣医師だそうで、ペットの飼い方に関する部分は説得力がある。かわいいだけで安易に飼い始めてはいけないというメッセージが伝わってくる。ただ仁菜の登校拒否や母親の「猫嫌い」など、とってつけたようなドラマ仕立てが不自然なのは残念。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
「今はいい、あんたに対するこの感情に名前をつけるのは」って――君下くん、それは心酔というんだよ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
笑える話、SF的な話、妄想がだだ漏れの話、古式ゆかしい昔ながらの怪談――ほんと多種多様で、中には怪奇というより倒錯や綺想と呼びたいものもあって、この世界も奥が深いなあと思った。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
「自己犠牲の完成形」か。でも、本人が目立ちたいと思っていないんだから、何も犠牲にしてないのでは? むしろ、こんなに効果的なら当然の戦略としてどこのチームでもやってそうなものだけど。スポーツ選手ってのはそういうふうには考えないものなのかな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
おねえちゃんになった女の子のいろんな気持ちがぎゅっと詰まった絵本。ママをいたわる気持ちが芽生えたハティにじんわりした。フレヤ・ブラックウッドの絵は線も色合いもほんわりやさしくて内容にぴったり寄り添っている。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
「雨の国で」は東南アジアを旅した人なら思いあたることがネタになっている「熱帯あるある」なんだけど、誰にでもありそうな体験から思いがけない方向へとイマジネーションの網が広がっていくのがにんまり愉快。わたしも映画館で水牛を観たい(いません)。「騒がしい夜」はSFっぽいホラーファンタジーが多い。よくわからないけどかなりまずい状態になってる世界に放り込まれ、作中人物といっしょに怖い思いをさせられる。幸い、それなりに決着して終わるので寝る前に読んでも大丈夫、だと思う。ベッドタイム読書にぴったりの内容と分量。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
生方、意外に面倒見がよくていいやつなんだよね。大柴の家、ほんとに熱帯魚がわんさかいる! そして、アニメで房総の近藤が松葉杖をついていた理由がようやくわかった。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ルイス・キャロルが0~5歳の子供のためにやさしく書きなおした話に、布、刺繍、ビーズ、スパンコールなどを使った清川あさみのアートを添えたきらびやかな人形劇、のはずなんだけど、撮影が悪いのか印刷のせいなのか、ぼんやりと細部がつぶれた絵からは何も感じられない。他の方たちのレビューを見ると「奥行がある」とか「立体的」と書いてあるので、この個体がハズレだったのかな。残念。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ「殴り合いを所望する」中澤監督、ハードボイルドだ! キャラたちの顏もずいぶん固まってきたけど、まだ油断すると「誰これ?」状態になる。風間の母親が別人なのは後からあんなふうに出すつもりがなかったからか。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
知と愛と善が一点の曇りもなく調和した世界を、リルケの言うところの「素晴しきアダージオ」で描いた作品。何ものにも急かされず、一言一句を味わえる時期に読めてよかった。あまり幸せな生涯を送ったようには見えない作者は、薔薇の家の主人に自身を重ねることで慰めを得たのだろうか。ギッシングが『ヘンリ・ライクロフトの私記』を書いたのと同じような心境だったのかな。切ない。
ワッピー
2019/08/07 08:02

説明不足でごめんなさい。昔のことで出典が曖昧ですが、文芸批評家以外に本作を読了したと証明できた読者にはポーランドの王冠を約束してもよい、とヘッベルが書いたそうです。当時でもやや冗長と受け止められていたようですね。マクドナルド「リリス」と同様に贅沢に紙数を使った小説ですが、退屈した記憶はありません。

timeturner
2019/08/07 12:59

へえ、そんな話があったんですか。面白いですね。名作とされているのに大抵の人が読んでいない本みたいなものでしょうか。『失われた時を求めて』とか『フィネガンズ・ウェイク』みたいな。この2作は私も挫折しましたが、『晩夏』は退屈じゃないですよねえ。

が「ナイス!」と言っています。
timeturner
あ、このあたりで画風が今に近くなってきた。スクリーントーンとか使って背景に手がかけてある。売れてきてアシスタントが使えるようになったのかな。それにしても、成神がかわいい顔して死神っぷりがすごい。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
流氷ってすごいなあ。毎年運行されるバスツアーみたい。手島さんが海を描いたのは初めて見たような気がするけど、素晴らしい表現力だ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
うわあ、生方の顏もずいぶん違うなあ。これだと従来の「おんなのこ」像だよね。性格は今と変わらないけど。臼井、君下も違いすぎる。合宿はこれだけだったのか。アニメのほうがもっといろいろあった気が。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
絵がけっこう雑だなあ。水城の容姿が別人状態。連載の初めのうちってこういうものなのかな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
既読の巻については「そうそう!」とか「へえ、そうなのか!」と思いながら楽しく読めたけど未読巻は「ふーん、そうなのか」としか思えなかった。入門書と謳っているけど初心者向けではないな。全巻読んでから再読しようっと。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ青函の監督は好きになれない。というか、あの人でなくちゃならない必然性が全く感じられない。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
聖蹟のメンバーがピッチじゃなくて観客席にいるのって不思議な感じ。たまには緊張せずに試合を見るのもいいもんだ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
スナフキンはかっこいいなあ。人と群れるのを嫌い、孤高を保とうとするけれど、他人が困ったり悲しんだりするのをほうっておけず、救いの手をさしのべてしまう。トーベが昔つきあっていた男(共産主義者・ジャーナリスト)がスナフキンのモデルだという説を読んだが、なるほどと思った。英訳の正確さは私には判断できないけれど、少なくとも日本語版で疑問だった部分はこれを読むことで解消できた。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ「信じたい、俺は聖蹟に必要なんだと」君下くん、いじらしくて愛おしい。それにしても雪が降ってる戸外でノースリーブって……いくら北海道出身とはいえ、犬童じょうぶすぎ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
『戦火の三匹』の姉妹編。地下鉄駅への避難、室内防空壕、犬を使ってのペット救助など、戦時下のロンドンが描かれている。ナルパックの活動はとても興味深いが、軍用犬訓練を奨励している点にはもやもやする。サブキャラ猫のシバが崇高。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
「もうあんたのことを悪く言う奴はいないよ」生方のこういう笑顔は初めて見た。風間妹がサブでつけば、体もらくになるかな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
理想主義的すぎてリアリティがないし、話はぜんぜん先に進まないしで、とにかく古いタイプの小説なのに、これほど心地よく読めるのはなぜ? 急がず下巻へ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ「やはりお前に任せるしかない」この展開ならてっきり水城が決めるのかと思っていたら・・・。この展開はさすがだね。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
《もったいないばあさん》シリーズ。はじめのうち、ペットボトルを再生利用しないのがもったいないのかと思っちゃった。むりやり理屈をくっつけた感じがする。シリーズ物ってえてしてそうなるよね。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
「もう迷わない。前に進むだけだ」つくし、やっとふっきれた。臼井が「アメとムチ」術を鈴木に伝授。でも、これはあの色気がないと効果ないかもなあなあ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
なるほど、だから「行ったり来たり」なのかと途中で気がついた。ボードブックになっているのも納得。いつまででも、何度でも楽しめそう。ケーキ屋さんと和菓子屋さんが渋い顔をしている理由が最後までわからなかった。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ水樹、脳筋野郎って言われてる(^^;)。新渡戸は予想外の大躍進だな! こんな熱血漢だったとは……っていうか、これも3年がいなくなったときのための布石なんだろうな。あと10年は続ける気か?
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ドラゴンたちの暮らしぶりにいろいろなことを考えさせられた。私達も、見て見ぬふりをせず、自分が大切にしているものを犠牲にしてでも救うべきものがあるんじゃないだろうか。ふたりが払った犠牲の大きさに読み終えたとき心がシーンとした。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
「まだやりたい!! この人たちと……!」相手が強ければ強いほど進化していく聖蹟。そしてとうとう、つくしの出番が!
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
1910年のウィーン。ドレスショップのデザイナー兼店主として自立するスザンナとその周辺の人々を、暖かい眼差しで描くロマンチック人情ドラマ。不倫上等・愛人最強の恋愛模様に田辺聖子を思い出した。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ「誰だって恥かしくない自分になりてえんだ。だから必死で努力するんだろ」わあ、来栖、かっこいい~! そして中澤監督、やるな、ヒゲのくせに。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ムーミンの挿絵、大きなサイズで見ると画力の素晴らしさがよくわかる。ムーミン以外の油彩画も好きだ。特に晩年の自画像と「神秘的な風景」。ヘルシンキでの大回顧展、見てくればよかったなあ。美術館に近いホテルだったのに……。
timeturner
2019/07/15 19:34

画風は違うんだけど、ヤンソンのイマジネーションの働き方は、たむらしげるに似ている気がする。

が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ「いつまでもガキじゃねえんだ、俺もあいつも」君下と大柴、仲が悪いようですごく理解しあってるんだよなあ。鈴木の分析力にも敬服。だから臼井は彼にビニールテープを渡したのか。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
びっくりした~。バラエティあふれる秀逸なアイディア、見事な構成力、どれを読んでも120%の満足度。こんなに切れ味のいい中短編も書けるなんて才能のかたまりだなあ。お気に入りは「藍を見つめる藍」「カーラ星第九号事件」「見えないX」。読み終えたときにあれこれ考えさせ、何度も読み返したくなる。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
「最強の矛は最硬の盾に進化した」君下くんだけでなく、3年生が卒業したあとのことも考えて2年生のテコ入れしてるのは賢い。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
きたむらさんには珍しい(?)幼児絵本。帽子から何が出てくるのか推理する楽しみがあるし、動物たちの表情もゆかい。ゾウ以外はジャングルに棲む動物じゃないから生きていけるのか、と心配するのはもっと大きくなってからでいいか。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
「ずっと逃げる機会を失ってきちゃったよ」ここまでがんばったのになぜ?と思うけど、ここまでがんばったからこそなのかな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ数々の手がかりやレッドヘリングなど、謎解き部分がよく考えられており、どれにもきちんとした説明がついているし、キャラの異なる3人の探偵役に競わせる方式も効果的で楽しめた。ただ、殺人の動機が現代人の目には弱いんじゃないか? 『二都物語』にからめたもうひとつの死の解釈もひと時代前のヒロイズムと思える。まあ、ひと時代前の小説だから当時の読者には納得がいったんだろうな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ「今日の采配は最高に痺れました」臼井は殺し文句も絶妙だなあ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
SFじゃなく娯楽小説だから固いことは抜きというのは承知だけど、主人公のスタンスがあまりにお気楽で自分中心なのが気になる。随処に漂う昭和オヤジ風女性観も不快。都合のよすぎる科学捜査もリアリティゼロ。最後のひとひねり以外は楽しめなかった。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ「資質だけで言うなら、あれは天才だ」なんか、どんどん天才が増えていくな、聖蹟。努力型との格差が……。つくしがゾンビ化、水樹が怪獣化。なんの漫画だ?
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
いつも感じるけどブレイディさんの本には教えられることが山のように詰まっていて圧倒される。単純に今まで知らなかったことだけでなく、よく観察していれば気づけたはずなのにそれを怠ってきたことも教えられる。これはもう生き方のレベルの問題だね。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ「お前の実力をそのガキに教えてやれ」中澤監督、やるねえ。どうでもいいことだけど、臼井が今帰仁と新渡戸にデコピンしたあとの絵、今帰仁と新渡戸の位置が逆になってる。いい感じで前半が終わってよかった。でも、これからまたひと波乱あるんだろうなあ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
かわしまはるこさんが描くアマガエルも植物もすごくリアルなので(でも気持ち悪くない)、自分も一緒の世界にいるような気になった。最後の隠し絵はけっこうむずかしい。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
初出以降単行本に未収録の作品を刊行している出版社によるヴィクトリア朝とエドワード朝の怪異幽霊譚23編。他で選ばれなかった作品でしょ、なんて侮っていたら意外な掘り出し物も。まだまだこの世界は深い。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
大柴はやれば出来る子。これで頭と性格がよければ……。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
初めは、やや感情過多で自分の中のドラマに酔っているようで素直に読めなかった。でも、猫たちのことを真剣に考え、凄まじい努力をする姿にうたれて途中から一気読み。どうしてここまでできるのだろう。ペットではなく命と向き合っている覚悟があるからかな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
柄本、舌!(爆笑)
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
怪奇小説集かと思ったら違った。一昔前にはやったオカルト雑誌の記事みたいなものが並んでいる。怪奇小説のネタにはなると思うけど、ネタをそのまま読んでも面白くない。時に齟齬が見られるのは海外雑誌の記事を翻訳しているからかも。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
大柴くん、最初のうちはやな奴だと思ってたけど、巻を追うごとになくてはならないキャラに育ってる。「下校時間」最高!
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
当時は売りだったであろう科学捜査は現代人にはおまじない程度にしか見えないけど、論理的思考の説得力はホームズ以上かも。鈍ちんな助手が事件の関係者と恋に落ちるのも一緒で呆れた。Qみたいなボルトンが好き!
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
先の展開が見えてきたから、もういいかな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
なるほど、こういう構成になっていたのか! しかし、このおっさん、最低だな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
どうなってるんだ?という好奇心に駆られて読まされるけど、今のところはありがちなサバイバル・ゲームって感じ。虫が苦手な人間にはつらいシーンがけっこうある。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
プレゼントという言葉のダブルミーニングをつかった人生の応援歌。いもとさんの絵が好きで素直な心の人は励まされると思う。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
「もう誰にも下は向かせない」水城のゴール、鳥肌が立つ。文化祭はなくてよかったな。特に中澤監督のバンドはキモチ悪い。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ムーミン童話の主要登場人物、語句、フィンランドの自然および文化的事項等について五十音順に並べ、解説した本。ものすごくよく出来てる! 頭から順番に読むとフィンランドとムーミンについての広範な知識が得られ、シリーズをより楽しめる。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
これは童話じゃない。『だれも死なない』『ハリネズミの願い』のトーン・テレヘンが書くタイプの哲学的な寓話の仲間だ。子供にも楽しめるように書いてあるけど、大人になって世の中を見たあとだともっと深く響いてくる。
timeturner
2019/07/03 18:36

それにしてもこの翻訳は本当に苦手だ。日本語が気になってなかなか読み進められなかった。今年から始まったリニューアル、早く全巻終わらせてほしい。https://www.moomin.co.jp/news/media/48958

が「ナイス!」と言っています。
timeturner
黄色と青を混ぜると緑、青と赤を混ぜると紫、というような色の成り立ちを、絵本を触って遊びながら覚える本なんだけど、最初のほうはともかく、実際に色を合わせるところにくると、本物の絵具でやってみないと無理なんじゃないかなあ。印刷で絵具の質感が出ていないのも敗因。先生がこの本を見せる一方で、生徒たちが絵具と紙で作業するというのならなんとかなるかな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
相手チームも勝たせてやりたいと思わせるストーリー作りがこの作者は巧いなあ。強すぎる風間を出し惜しむところも。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
原題はSardinen Wachsen nicht auf Baumen(イワシは木に生えない)。絵本の中のイワシダラケ島はサルデーニャ島のことらしい。ふにゃらーとした猫の絵が愉快だし細かく描きこまれた背景も楽しい。
timeturner
2019/07/02 19:10

文字の創英角ポップ体みたいなフォント(描き文字?)の形・大きさ・配置が画面とぜんぜん合ってなくてぶちこわしになっている。グラフィック・デザイナーの名前が併記されているところを見るとあえてのデザインなんだろうけど、日本語のひらがなとカタカナにはアルファベットのようなデザイン性はないから、もっとよく考えるべきだったのでは? ネットで見たハングル版は文字の性質上ぴったりはまってた。

が「ナイス!」と言っています。
timeturner
よくあるスポ根物みたいにダメダメだった子がすぐチャンピオンになるなんて夢物語じゃないのがよかった。自分のベスト記録を更新していけばいいんだって言葉に励まされる子が多いんじゃないかな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
前半最後の攻撃は凄かった。モブじゃない観客が増えると試合の解説に説得力が出て、聖蹟の選手が褒められた時にいちだんとうれしい。そして、大柴の変身の理由はそういうことだったのか。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
いい話だなあ。鍛冶屋や植木屋といった職人の世界の奥深さ、遣り甲斐が伝わってくるし、樹木にまつわるトリヴィアも興味深い。何事かに真剣に取り組む姿はまわりの人間も変える力があるんだと思った。これからは街路樹を見る目も大きく変わりそう。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/11/17(3205日経過)
記録初日
2005/04/11(5251日経過)
読んだ本
9918冊(1日平均1.89冊)
読んだページ
1336151ページ(1日平均254ページ)
感想・レビュー
9627件(投稿率97.1%)
本棚
39棚
自己紹介

面白そうな本は無節操になんでも読んでみます。文字制限内で書ききれないことはブログに書いています。http://timeturner.exblog.jp/

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう